スポンサーリンク

焼き鳥を英語で説明しよう!身近な日本料理を外国人に紹介

焼き鳥

焼き鳥は日本料理としてはもちろん、居酒屋のメニューとしても人気の高い料理です。そんな焼き鳥を英語で説明するための表現と、よりやさしく伝えるためのコツをまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

焼き鳥の基本情報を伝える英語表現

Yakitori is chicken meat grilled on skewers in bite-sized pieces.
(焼き鳥は一口大に切った鶏肉を串に刺して焼いたものです。)

Yakitori is a kind of skewered food.
(焼き鳥は串料理の一種です。)

You eat yakitori with some salt or tare sauce.
(焼き鳥は塩またはタレに付けて食べます。)

You can eat yakitori at izakaya or yakitori restaurants.
(焼き鳥は居酒屋や焼き鳥屋さんで食べることができます。)

Many parts of chicken are used to make yakitori.
(焼き鳥には鶏の様々な部位が使われます。)

Chicken meatballs, chicken wing, liver, and thigh meat are popular forms of yakitori.
(つくね、手羽先、レバー、もも肉などが焼き鳥の人気の形です。)

 

焼き鳥を紹介するために覚えておきたい英語表現

Some prefer salt, others prefer tare sauce for yakitori seasonings.
(焼き鳥の味付けは塩を好む人もいればタレを好む人もいる。)

In Japan, yakitori restaurants are thought to be the places for middle-aged men.
(日本では焼き鳥屋さんは中年男性向けのお店と思われています。)

Business people enjoy a few drinks over some yakitori after work.
(ビジネスマンたちは仕事が終わったあとに、焼き鳥を食べながら一杯やるのが好きです。)

Many women don’t like yakitori restaurants filled with smoke.
(煙だらけの焼き鳥屋さんが好きではない女性は多い。)

Many people prefer yakitori grilled over a charcoal fire.
(炭火焼きの焼き鳥を好む人は多い。)

Yakitori can be side dishes for boxed lunch.
(焼き鳥は弁当のおかずになります。)

 

スポンサーリンク

 

焼き鳥を英語で伝えるためのコツ

ここでは「焼き鳥」についてより簡単な英語で説明するためのコツをご紹介します。上記で取り上げた英文の中からいくつか取り上げます。

まず、

Yakitori is chicken meat grilled on skewers in bite-sized pieces.
(焼き鳥は一口大に切った鶏肉を串に刺して焼いたものです。)

という文。

この文では、

・鶏肉であること
・串に刺していること
・一口大であること

の3つの内容が含まれています。

ですので、次のようにそれぞれを独立させるとシンプルになります。

Yakitori is chicken meat.
(焼き鳥は鶏肉です。)

It’s grilled on skewers.
(串に刺して焼いています。)

It’s bite-sized.
(一口大です。)

元の文は構文的に少し複雑な形になっていますので、実際に外国人に説明するときは、伝えたい内容を分けることで、話す際の負担を小さくすることができます。

 

次に、

In Japan, yakitori restaurants are thought to be the places for middle-aged men.
(日本では焼き鳥屋さんは中年男性向けのお店と思われています。)

という文。

これはもっと単純に次のようにしてみてはどうでしょうか?

In Japan, yakitori restaurants are popular with middle-aged men.
(日本では焼き鳥屋さんは中年男性に人気です。)

もし、middle-aged men が出てこなければ men だけでもよいと思います。

元の文からは若干ニュアンスは変わってきますが、「男性が入るお店」というイメージを伝えることはできますね。

この文は be popular with ~という、完全に中学レベルの構文です。

 

そして、

Business people enjoy a few drinks over some yakitori after work.
(ビジネスマンたちは仕事が終わったあとに、焼き鳥を食べながら一杯やるのが好きです。)

という文。

この文も次のように分けることができます。

Business people often go to yakitori restaurants after work.
(ビジネスマンたちは仕事が終わると、よく焼き鳥屋さんに行きます。)

They drink sake and eat yakitori there.
(そこでお酒を飲み、焼き鳥を食べます。)

文の長さとしてはそれほど変わりませんが、構文的にはこちらのほうがシンプルです。ちなみに、「酒」は sake で通じます。

 

以上ですが、伝えたい内容(要素)がいくつかあるときは、文を分けるのが一つのコツになります。文の構造がシンプルになることで、内容を確実に伝えることができるというメリットがあります。

是非、ご自身でもいろいろ工夫されてみてください!

タイトルとURLをコピーしました