スポンサーリンク

和紙を英語で説明しよう!独特の特徴&用途を外国人に紹介

和紙

手作りによる日本の伝統的な紙といえば「和紙」。趣のあるこの日本独特の紙を外国人にも紹介してあげましょう。

ということで、和紙を英語で説明する際に役立つ表現、および、語句の意味や言い換え表現などについてまとめました。

それでは順に見ていきましょう!


Washi is traditional Japanese paper.
(和紙は、日本の伝統的な紙です。)


traditional は「伝統的な」という意味です。

 

 


Washi is made using the fibers of plants such as paper bush, paper mulberry, and gampi.
(和紙は、三椏(みつまた)、楮(こうぞ)、雁皮(がんぴ)などの植物の繊維を原料として作られます。)


語句の意味は次のとおり。

fiber「繊維」

plant「植物」

such as ~「~など」

paper bush「《植物》三椏(みつまた)」

paper mulberry「《植物》楮(こうぞ)」

 

具体的な植物名を言わずに説明することもできます。

Washi is made using the fibers of plants.
(和紙は、植物の繊維を原料として作られます。)

 

あるいはもっと簡単に次のようにしてもよいですね。

Washi is made using plants.
(和紙は、植物を原料として作られます。)

 

 


Washi is made through a traditional Japanese manufacturing method.
(和紙は、日本古来の製法によって作られます。)


語句の意味は次のとおり。

through「~によって(~を手段として)」

manufacturing「製造の」

method「方法、手法」

 

もっと簡単に次のように説明してもよいと思います。

Washi is made by hand.
(和紙は、手作りです。)

 

 


Making washi is a time-consuming task.
(和紙を作るのは、手間の掛かる(時間のかかる)仕事です。)


time-consuming は「時間のかかる」、task は「仕事」という意味です。

time-consuming は troublesome(面倒な、骨の折れる)に置き換え可能です。

 

また、次のように表現することもできます。

You need time and energy to make washi.
(和紙を作るには、時間と労力が必要です。)

 

 


Washi is resistant to water and doesn’t tear easily.
(和紙は水に強く、破れにくいです。)


語句の意味は次のとおり。

resistant to ~「~に耐性がある」

tear「破れる、裂ける」

easily「簡単に」

 

他にも特徴があります。ということで、次の文です。

 

スポンサーリンク

 


Washi is thin and light.
(和紙は薄くて軽いです。)


thin は「薄い」、light は「軽い」という意味です。

まだ特徴があります。ということで、次の文です。

 

 


Washi has good keeping, and there are still books that were made with washi more than 1.000 years ago.
(和紙は保存性が良く、1,000年以上前に和紙で作られた書物が残っています。)


have good keeping で「保存性が良い」という意味になります。

 

 


Washi is used for Japanese writing paper and craft products.
(和紙は、半紙や工芸品に使われます。)


Japanese writing paper は「半紙」、craft product は「工芸品」という意味です。

 

日常生活では他にも次のような用途に使われます。

folding fan「扇子」

shoji「障子」

fusuma「襖」

paper balloon「紙風船」

origami「折り紙」

parasol「日傘」

banknote「紙幣」

 

 


Washi is also used to restore cultural assets around the world.
(和紙は、世界中の文化財の修復にも使われます。)


語句の意味は次のとおり。

restore「~を修復する」

cultural asset「文化財」

around the world「世界中の」

 

 


Depending on the intended use, there are many kinds of washi.
(使用目的に応じて、たくさんの種類の和紙があります。)


depending on ~ で「~によって、~に応じて」、intended は「意図された」という意味です。

Depending on → According to に置き換え可能です。

 

 


Sekishu-banshi from Shimane Prefecture, Hon-minoshi from Gifu Prefecture, and Hosokawa-shi from Saitama Prefecture are registered as pieces of UNESCO Intangible Cultural Heritage.
(島根県の石州半紙、岐阜県の本美濃紙、および、埼玉県の細川紙は、ユネスコの無形文化遺産に登録されています。)


語句の意味は次のとおり。

prefecture「県、府」

register 〇 as △「〇を△として登録する」

Intangible Cultural Heritage「無形文化遺産」

 

 


Washi is a popular souvenir among foreigners comimg to Japan.
(和紙は、日本に来る外国人の間で、人気のお土産です。)


語句の意味は次のとおり。

souvenir「土産」

among「~の間で」

foreigner「外国人」

 

 


The paper widely used in our daily lives such as printing paper, writing paper, and newspapers are not washi but Western style paper.
(印刷用紙、筆記用紙、新聞紙など、私たちの日常生活で広く使われている紙は、和紙ではなく西洋紙です。)


語句の意味は次のとおり。

widely「広く」

printing paper「印刷用紙」

writing paper「筆記用紙」

newspaper「新聞紙」

not 〇 but △「〇ではなく△」

Western「西洋の」

 

 

以上ですが、いかがでしたでしょうか?

和紙を英語で説明する上で、キーワードになる語句が出てきましたので、ここでまとめておきます。

traditional Japanese paper「日本の伝統的な紙」

made by hand「手作り」

a time-consuming task「手間の掛かる仕事」

resistant to water「水に強い」

not tear easily「破れにくい」

thin「薄い」

light「軽い」

have good keeping「保存性が良い」

Japanese writing paper「半紙」

craft product「工芸品」

folding fan「扇子」

shoji「障子」

fusuma「襖」

paper balloon「紙風船」

origami「折り紙」

parasol「日傘」

banknote「紙幣」

used to restore cultural assets「文化財の修復に使われる」

souvenir「土産」

Western style paper「西洋紙」

 

ぜひ参考にしてください!

タイトルとURLをコピーしました