スポンサーリンク

梅干しを英語で説明しよう!酸っぱい健康食品を外国人に紹介

梅干し

見ているだけで唾液が出てくるほど酸っぱい食べ物といえば「梅干し」。古くから健康食品として知られるこの食品を、外国人にも紹介してあげましょう。

ということで、梅干しを英語で説明する際に覚えておきたい表現、および、語句の意味や補足情報などについてまとめました。

それでは順に見ていきましょう!


Umeboshi are a type of pickle.
(梅干しは、一種の漬物です。)


ここでは梅干しを複数扱いしていますので、be動詞は is ではなく are になっています。

type of ~ で「一種の~」、pickle は「漬物」という意味です。

 

次のように説明することもできます。

Umeboshi are pickled plums.
(梅干しは、ピクルスにした西洋スモモです。)

plum は「西洋スモモ」という意味です。

pickled はここでは「ピクルスにした、酢漬けの」という意味の形容詞として使われています。

梅干しは pickled plum という表現をよく使います。

 

梅干しの作り方についても英語で説明しておきましょう。

Umeboshi are made as follows.
(梅干しは、以下のようにして作ります。)

First, salt ume fruits.
(まず、梅の実を塩漬けにします。)

Then, soak them in ume vinegar.
(次に、梅酢に漬け込みます。)

Lastly, dry them in the sun.
(最後に、天日干しにします。)

 

語句の意味は次のとおり。

as follows「次のとおりで」

salt「~を塩漬けにする」

soak「~を浸す」

vinegar「酢」

dry ~ in the sun「~を天日干しにする」

 

first「最初に」、then「次に」、lastly「最後に」は物事の順番を伝える際に使える便利な表現です。

 

 


Umeboshi are characterized by the strong acid taste.
(梅干しは、強い酸味が特徴です。)


characterized by ~ で「~を特徴とする」、acid taste で「酸味、酸っぱい味」という意味です。

 

 


Umeboshi can be the ingredients of onigiri and ochazuke.
(梅干しは、おにぎりやお茶漬けの具になります。)


ingredient は「材料」という意味です。

 

 


Umeboshi have some health benefits.
(梅干しには、いくつかの健康効果があります。)


benefit は「利益」という意味です。

 

以下のような少し抽象的な表現も使えます。

Umeboshi are healthy food.
(梅干しは、健康に良い食べ物です。)

Umeboshi are good for the health.
(梅干しは、健康に良いです。)

 

梅干しの健康効果をいくつか説明しておきましょう。ということで、次の文です。

 

スポンサーリンク

 


Umeboshi help you recover from your fatigue.
(梅干しは、疲労回復に効果があります。)


語句の意味は次のとおり。

help+人+動詞の原形「人が…するのを手伝う」

recover「回復する」

fatigue「疲労」

 

梅干しの疲労回復効果はクエン酸の働きによるものですので、これを説明に入れてもよいと思います。

Umeboshi contain citric acid, which helps you recover from your fatigue.
(梅干しにはクエン酸が含まれていて、これが疲労回復に効きます。)

contain は「~を含む」、citric acid は「クエン酸」という意味です。

<, which>の部分は「関係代名詞の非制限用法」と呼ばれるもので、直前の名詞(ここでは citric acid)を受けて、それを主語にして文を続けることができる文法になります。

 

また、梅干しの強烈な酸味はこのクエン酸によるものです。これも英語で説明しておきましょう。

Umeboshi are extremely sour because of high citric acid content.
(梅干しが非常に酸っぱいのは、クエン酸が多量に含まれているからです。)

語句の意味は次のとおり。

extremely「極めて」

sour「酸っぱい」

content「含有量」

 

梅干しには他にも効果があります。ということで、次の文です。

 

 


Umeboshi are also good for a hangover and bad breath prevention.
(梅干しは、二日酔いや口臭予防にも効果があります。)


語句の意味は次のとおり。

hangover「二日酔い」

breath「息、呼吸」

prevention「防止、予防」

 

 


Umeboshi have an antibacterial effect, so rice balls and bento boxes often have umeboshi in them.
(梅干しには抗菌作用があるため、おにぎりや弁当に入っていることが多いです。)


語句の意味は次のとおり。

antibacterial「抗菌(性)の」

effect「効果、作用」

bento box「弁当」

 

ちなみに、「弁当」には他にも

boxed meal

box lunch

lunch box

packed lunch

など、様々な表現方法があります。

 

 


Umeboshi can be stored for quite a while.
(梅干しは、長期保存ができます。)


store は「~を保存する」、for quite a while は「かなり長い間」という意味です。

次のように表現することもできます。

Umeboshi are a preserved food.
(梅干しは保存食品です。)

preserve は「~を保存する」という意味です。

 

 


Wakayama Prefecture is famous as an umeboshi-growing region.
(和歌山県は、梅干しの産地として有名です。)


語句の意味は次のとおり。

prefecture「県、府」

be famous as ~「~として有名である」

grow「~を育てる」

region「地方」

 

特に有名なのが「南高梅」ですので、これも英語で説明しておきましょう。

Nanko ume is known as one of the best quality varieties.
(南高梅は、最高級品種として知られています。)

語句の意味は次のとおり。

known as ~ 「~として知られている」

quality「品質」

variety「品種」

 

 


Homemade umeboshi are also popular.
(自家製の梅干しも人気です。)


homemade は「自家製の」という意味です。

 

 


Umeboshi sweetened with honey also exist.
(ハチミツで甘くした梅干しも存在します。)


語句の意味は次のとおり。

sweeten「~を甘くする」

honey「ハチミツ」

exist「存在する」

 

 


My mouth waters just looking at or imagining umeboshi.
(私は、梅干しを見たり想像しただけで、唾液が出てきます。)


water はここでは「(よだれや涙など)を出す」という意味です。

 

 


You usually don’t eat the pit in umeboshi.
(普通は、梅干しの中の種は食べません。)


pit は「(果実の)種」という意味です。

pit は梅干しのほか、桃やさくらんぼのような比較的大きな種をいいます。ひまわりやぶどうなどの比較的小さな種は seed といいます。

 

 


Various ume-flavored foods such as ume gum and ume chips are available.
(梅味のガムや梅味のポテトチップスなど、様々な梅味の食べ物が販売されています。)


語句の意味は次のとおり。

various「様々な」

flavored「~風味の」

such as ~「~など」

available「入手できる、市販されている」

 

 


Along with natto, umeboshi is one of the love-it-or-hate-it foods.
(納豆とともに、梅干しは好き嫌いがはっきり分かれる食べ物の一つです。)


along with ~ で「~とともに」、love-it-or-hate-it は「好き嫌いがはっきり分かれる」という意味です。

 

 


Umeboshi have also come in handy as medicine from a long time ago.
(梅干しは、古くから、薬用としても重宝されてきました。)


語句の意味は次のとおり。

come in handy「役に立つ、重宝する」

medicine「薬」

from a long time ago「古くから、ずっと前から」

 

 

以上ですが、いかがでしたでしょうか?

梅干しを英語で説明する上で、覚えておきたい表現が出てきましたので、ここでまとめておきます。

 

pickle「漬物」

pickled plum「ピクルスにした西洋スモモ」

strong acid taste「強い酸味」

the ingredients of onigiri and ochazuke「おにぎりやお茶漬けの具」

health benefit「健康効果」

recover from one’s fatigue「疲労が回復する」

citric acid「クエン酸」

sour「酸っぱい」

hangover「二日酔い」

bad breath prevention「口臭予防」

antibacterial effect「抗菌作用」

preserved food「保存食品」

homemade「自家製の」

pit「(果実の)種」

love-it-or-hate-it「好き嫌いがはっきり分かれる」

 

ぜひ参考にしてください!

タイトルとURLをコピーしました