スポンサーリンク

うどんを英語で説明しよう!麺類の代表選手を外国人に紹介

うどん

そばと並び、日本人に人気の麺類といえば「うどん」。そばとあわせて外国人に紹介できるようになっておきたいですね。

ということで、うどんを英語で説明する際に役立つ表現と、語句の意味や補足情報についてまとめました。

それでは順に見ていきましょう!


Along with soba, udon is typical Japansen noodles.
(そばとともに、うどんは日本の代表的な麺類です。)


along with ~ は「~とともに」、typical は「代表的な、典型的な」という意味です。

typical → representative に置き換え可能です。

 

 


Udon is noodles made from wheat flour.
(うどんは、小麦粉から作られる麺です。)


made from ~ は「~で作られている」、wheat flour は「小麦粉」という意味です。

flour だけでも「小麦粉」という意味ですので、wheat flour → flour に置き換え可能です。

 

 


Udon noodles are thicker than soba noodles.
(うどんの麺はそばの麺より太いです。)


thick は「太い」という意味です。

基本的な比較級の文ですね。

 

 


Udon is usually eaten in a hot broth.
(うどんは温かい汁に入れた状態で食べるのが一般的です。)


broth は「だし汁、スープ」という意味です。

もちろん、冷たいうどんもありますが、うどんは温かくして食べることが多いという意味です。

 

 


Just like soba, various ingredients such as tempura, deep-fried tofu, seaweed, or raw eggs are put on top of udon.
(そばと同じように、天ぷら、油揚げ、わかめ、生卵など、様々な食材をうどんの上にのせます。)


語句の意味は次のとおり。

just like ~「~と同様に」

various「様々な」

ingredient「材料、原料」

such as ~「~など」

deep-fried tofu「油揚げ」

seaweed「わかめ」

 

 


Kagawa Prefecture is known for the highest consumption of udon in Japan.
(香川県は、日本で最もうどんの消費量が多いことで知られています。)


prefecture は「県、府」、consumption は「消費、消費量」という意味です。

 

次のように表現してもよいと思います。

The people of Kagawa Prefecture eat udon the most in Japan.
(香川県の人たちは日本で一番たくさんうどんを食べます。)

 

スポンサーリンク

 


Sanuki udon is famous as a specialty dish of Kagawa Prefecture.
(讃岐うどんは、香川県の名物料理として有名です。)


specialty dish は「名物料理」という意味です。

 

「郷土料理」という表現もできますね。

Sanuki udon is also a local cuisine of Kagawa Prefecture.
(讃岐うどんは、香川県の郷土料理でもあります。)

local cuisine は「郷土料理」という意味です。

 

麺の特徴についても、簡単に補足しておきましょう。

The firm texture is a characteristic of sanuki udon.
(コシの強さが讃岐うどんの特徴です。)

firm は「身が締まった」、texture は「食感」という意味です。

 

 


Some people think (that) udon is more fattening than soba.
(うどんはそばより太りやすい、と考える人もいます。)


fattening は「(食物が)人を太らせる」という意味です。

 

 


The thickness and shape of udon noodles differ according to the region.
(うどんの麺の太さや形は、地域によって異なります。)


語句の意味は次のとおり。

thickness「厚さ」

shape「形」

differ「異なる」

according to ~「~に従って」

region「地域」

 

この文では

differ → vary

according to → depending on

にそれぞれ置き換えることができます。

つまり、

vary according to

vary depending on

differ depending on

という表現が可能です。

 

また、他にも

differ(vary) from ○ to ○
(○によって異なる)

という表現の仕方もあります。

今回の英文に当てはめますと

… differ from region to region

となります。

 

 


There are various types of udon including curry udon and yaki udon.
(カレーうどんや焼きうどんなど、様々なタイプのうどんがあります。)


including は「~を含めて、~などの」という意味です。

 

焼きうどんについて簡単に説明しておきましょう。

Yaki udon is a noodle dish made by stir-frying udon noodles with meat and vegetables.
(焼きうどんは、うどんの麺を、肉や野菜と一緒に炒めた、麺料理です。)

It’s similar to yakisoba.
(焼きそばと似ています。)

stir-fry は「強火ですばやく炒いためる」、similar to ~ で「~に似ている」という意味です。

 

 


Udon simmered together with various ingredients in an earthen pot is called “nabeyaki udon”.
(土鍋の中で、様々な食材と一緒に煮込んだうどんを「鍋焼きうどん」といいます。)


語句の意味は次のとおり。

simmer 「~をぐつぐつ煮る」

together with ~「~と一緒に」

earthen pot「土鍋」

 

鍋焼きうどんに使う、具体的な食材について触れておきましょう。

It’s common to put such ingredients as tempura shrimp, boiled fish paste, shiitake mushrooms, and bread-like pieces of dried wheat gluten in a pot.
(エビの天ぷら、かまぼこ、しいたけ、麩などの食材を鍋に入れるのが一般的です。)

語句の意味は次のとおり。

common「一般的な」

such 〇 as △「△のような(といった)〇」

shrimp「エビ」

boiled fish paste「かまぼこ」

shiitake mushroom「しいたけ」

bread-like pieces of dried wheat gluten「麩」

 

よく食べる時期について補足です。

People often eat nabeyaki udon in the cold season.
(鍋焼きうどんは、寒い季節によく食べます。)

cold season で「寒い季節」という意味です。

 

次のように表現することもできます。

Nabeyaki udon are popular in the cold season.
(鍋焼きうどんは寒い季節に人気です。)

 

 

以上ですが、いかがでしたでしょうか?

うどんはそばと共通する部分が多いので、うどんを英語で説明する際には、そばについての表現も利用することができます。こちらの記事ではそばについての英語表現を扱っていますので、あわせてご覧ください!

タイトルとURLをコピーしました