スポンサーリンク

寿司を英語で説明しよう!日本の国民食を外国人に紹介

皿に盛った握り寿司

国民食として子供から大人まで広く親しまれているのが「寿司」。外国人にも人気の高い食べ物として知られていますが、そんな「寿司」をきちんと英語で説明することができますか?

ここでは寿司を外国人に紹介する上で役立つ英語表現をまとめました。独特の言い回しも出てきますので、是非この際に覚えておきたいですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

寿司の基本情報を伝える英語表現

寿司について基本的なことを伝えるための英語表現をまとめました。寿司を説明する上で欠かせない表現ばかりです。

Sushi is a Japanese dish of vinegared rice.
(寿司は酢飯を使った日本料理です。)

Vinegared rice is used for sushi.
(寿司には酢飯が使われます。)

A bit of wasabi is put between the raw fish and the vinegared rice.
(生魚と酢飯の間に少量のわさびを入れます。)

You eat sushi by dipping it in soy sauce.
(寿司はしょうゆにつけて食べます。)

Edomae-zushi refers to nigiri-zushi.
(江戸前寿司とは握り寿司のことを指します。)

Nigiri-zushi is hand-formed sushi.
(握り寿司は手で握った寿司です。)

Nigiri-zushi is a dish of oval-shaped balls of vinegared rice topped with raw fish.
(握り寿司は楕円形に握った酢飯に生魚をのせた料理です。)

Chirashi-zushi is a dish of vinegared rice covered in a variety of seafood, vegetables, seaweed, or eggs.
(ちらし寿司は様々な種類の魚介類や野菜、海苔、卵などを酢飯の上にのせた料理です。)

People eat chirashi-zushi on special occasions such as Hinamatsuri, or Girls’ Day.
(ちらし寿司はひな祭りなどの特別な行事で食べます。)

Temaki-zushi is hand-rolled sushi.
(手巻き寿司は手で巻く寿司です。)

You eat temaki-zushi after rolling up the vinegared rice and seafood in the seaweed.
(手巻き寿司は酢飯と魚介類を海苔で巻いて食べます。)

Oshi-zushi is pressed sushi, and wooden boxes called “oshizushihako” are used to mold sushi into certain shapes.
(押し寿司はプレスした寿司で、「押し寿司箱」と呼ばれる木製の箱を使って寿司を適切な形に仕上げます。)

Battera, or pressed mackerel sushi, ia the most famous oshi-zushi.
(バッテラ、つまりプレスした鯖の寿司が、最も有名な押し寿司です。)

Battera is widely sold at souvenir shops in the Kansai region.
(バッテラは関西地方の土産物屋で広く売られています。)

Eho-maki is a kind of makizushi, or rolled sushi.
(恵方巻は巻き寿司の一種です。)

Originally, eating eho-maki on setsubun was a custom in the Kansai region.
(もともと、節分に恵方巻を食べるのは関西地方の習慣でした。)

Eho-maki is composed of seven ingredients symbolizing the Seven Lucky Gods.
(恵方巻は七福神を象徴する7種類の具材で構成されています。)

You eat eho-maki while facing in the lucky direction of the year.
(その年の縁起の良い方向を向いて恵方巻を食べます。)

You eat eho-maki without cutting it into several pieces.
(恵方巻はいくつかに切らずに(そのまま)食べます。)

Kaiten-zushi is a form of sushi restaurant where customers can choose the types of sushi they want.
(回転寿司は、客が食べたい寿司を選ぶことができる、寿司店の一形態です。)

At kaiten-zushi restaurants, the plates with different kinds of sushi go around on conveyor belts.
(回転寿司店では、様々な寿司をのせた皿がベルトの上にのって廻っています。)

At kaiten-zushi restaurants, you can find the price by the color of the plate.
(回転寿司店では、お皿の色によって値段がわかります。)

Inari-zushi is a ball of vinegared rice wrapped with deep-fried tofu.
(稲荷寿司はボール状にした酢飯を油揚げで包んだものです。)

Tekka-maki is a kind of makizushi, or rolled sushi, filled with tuna.
(鉄火巻は巻き寿司の一種で、マグロを詰めてあります。)

Kappa-maki is a kind of makizushi, or rolled sushi, filled with cucumber.
(かっぱ巻は巻き寿司の一種で、キュウリを詰めてあります。)

Gari is pickled ginger served with sushi.
(ガリは寿司と一緒に提供される生姜の漬物です。)

 

寿司を紹介するために覚えておきたい英語表現

寿司についてより幅広く伝えるための英語表現をまとめました。寿司が大好きな外国人でもよく知らないようなことを説明してあげましょう。

Edomae-zushi was originally made using fresh seafood caught in Tokyo Bay.
(江戸前寿司はもともと東京湾でとれた新鮮な魚介類を使って作られていました。)

You can eat sushi with chopsticks or with your fingers.
(寿司は箸で食べてもよいですし、手で食べてもかまいません。)

There are many kinds of sushi in Japan.
(日本には様々な種類の寿司があります。)

The most common type of sushi is nigiri-zushi.
(最も一般的な寿司が握り寿司です。)

People used to eat sushi at food stands.
(かつて人々は寿司を屋台で食べていました。)

Kaiten-zushi is popular among ordinary people because you can enjoy sushi at reasonable prices.
(お手頃な価格で寿司を味わうことができるため、回転寿司は庶民に人気です。)

Some plates have fruits and desserts as well as sushi at kaiten-zushi restaurants.
(回転寿司店では、寿司のほかフルーツやデザートがのっている皿もあります。)

If you cannot find your desired sushi on the conveyor belt, you can order.
(ベルトの上に好みの寿司が見つからない場合、注文することができます。)

Some kaiten-zushi restaurants have touch screen displays for placing an order.
(注文用のタッチパネルを導入している回転寿司店もあります。)

Nigiri-zushi was invented by Hanaya Yohei, a chef in the Edo period.
(握り寿司は江戸時代の料理職人である華屋与兵衛によって考案されました。)

Sushi is popular with both Japanese and foreigners.
(寿司は日本人にも外国人にも人気です。)

Sushi is popular with men and women of all ages.
(寿司は老若男女を問わず人気です。)

Sushi is the most popular food in Japan.
(寿司は日本で最も人気のある食べ物です。)

Many people consider sushi to be expensive food.
(寿司は高価な食べ物という認識を持つ人は多い。)

Some people prefer the vinegared rice to the ingredients in sushi.
(寿司のネタよりも酢飯のほうが好きだという人もいます。)

Some people eat sushi after removing wasabi.
(わさびを抜いてから寿司を食べる人もいます。)

 

<補足>
「わさび」は英語では Japanese horseradish と言いますが、日本語をそのままローマ字表記した wasabi で通じます。
ちなみに、horseradish は「セイヨウワサビ」です。

 

スポンサーリンク

 

寿司を英語で伝えるためのコツ

ここでは、寿司についてよりやさしい英語で説明するためのコツをご紹介します。すでに出てきた英文の中からいくつか取り上げます。

まず、

Edomae-zushi refers to nigiri-zushi.
(江戸前寿司とは握り寿司のことを指します。)

という文。

refer to ~ で「~を表す、~を意味する」という意味で、物事を説明するときによく使われます。

この表現を使わないとすれば、be動詞を使って

Edomae-zushi is nigiri-zushi.
(江戸前寿司は握り寿司です。)

とストレートに表現してもよいでしょう。

 

次に、

Nigiri-zushi is a dish of oval-shaped balls of vinegared rice topped with raw fish.
(握り寿司は楕円形に握った酢飯に生魚をのせた料理です。)

という文。

修飾語句がいくつか含まれていて長いので分けます。

この文のポイントは次の3つ。

・酢飯を使った料理
・楕円形
・酢飯の上に生魚

ですので、これらをそれぞれ単独で表現します。

Nigiri-zushi is a dish of vinegared rice.
(握り寿司は酢飯を使った料理です。)

It’s oval-shaped.
(それは楕円形です。)

Raw fish is put on top of the vinegared rice.
(酢飯の上に生魚をのせてあります。)

このように3つの文で説明する形になります。

すでにこの前で寿司についての説明がある場合は最初の文は不要になります。寿司についての一般的な説明だからです。

 

次に、

Chirashi-zushi is a dish of vinegared rice covered in a variety of seafood, vegetables, seaweed, or eggs.
(ちらし寿司は様々な種類の魚介類や野菜、海苔、卵などを酢飯の上にのせた料理です。)

という文。

この文も修飾語句が長いので分けます。

この文のポイントは次の2つ。

・酢飯を使った料理
・様々な具材が酢飯の上にのせてある

最初のポイントは先ほどと同様

Chirashi-zushi is a dish of vinegared rice.
(ちらし寿司は酢飯を使った料理です。)

とすればOkです。

2つ目のポイントですが、次のようにすればどうでしょうか。

Various ingredients are put on top of the vinegared rice.
(様々な具材が酢飯の上にのせてあります。)

The ingredients include …(ここに具材名を並べます)
(具材には・・・などが含まれます。)

今回のように具材が多い場合、具材名を文頭に並べると頭でっかちの文になりますので、このような形にしました。

 

次に、

Battera, or pressed mackerel sushi, ia the most famous oshi-zushi.
(バッテラ、つまりプレスした鯖の寿司が、最も有名な押し寿司です。)

という文。

この文は同格が使われていますので、この部分を独立させます。

次のように2つの文に分けます。

Battera ia the most famous oshi-zushi.
(バッテラは最も有名な押し寿司です。)

It’s pressed mackerel sushi.
(それはプレスした鯖の寿司です。)

2つ目の文は先ほど出てきた refer to を使って

It refers to pressed mackerel sushi.

としてもOkです。

 

次に、

Eho-maki is composed of seven ingredients symbolizing the Seven Lucky Gods.
(恵方巻は七福神を象徴する7種類の具材で構成されています。)

という文。

後半に修飾語句がありますので、そこで分けます。

前半はそのまま

Eho-maki is composed of seven ingredients.
(恵方巻は7種類の具材で構成されています。)

としてもよいですし、include を使って

Eho-maki includes seven ingredients.

とすることもできます。

後半は

Seven ingredients symbolize the Seven Lucky Gods.
(7種類の具材は七福神を象徴しています。)

でOKです。

 

次に、

Kaiten-zushi is a form of sushi restaurant where customers can choose the types of sushi they want.
(回転寿司は、客が食べたい寿司を選ぶことができる、寿司店の一形態です。)

という文。

この文では関係副詞が使われていますので、それを使わずに表現してみます。

次のようにすればどうでしょうか。

Kaiten-zushi is a form of sushi restaurant.
(回転寿司は寿司店の一形態です。)

In Kaiten-zushi restaurants, customers can choose the types of sushi they want.
(回転寿司店では、客は食べたい寿司を選ぶことができます。)

このケースでも、分けられるところで分けるという基本は変わりません。

 

次に、

Tekka-maki is a kind of makizushi, or rolled sushi, filled with tuna.
(鉄火巻は巻き寿司の一種で、マグロを詰めてあります。)

という文。

makizushi は日本語のローマ字表記ですので、直後に同格として英語で説明する形になっています。

ですので、この部分は

Tekka-maki is a kind of rolled sushi.

とすることもできます。

そして、後半の修飾部分は

It’s filled with tuna.

としてもよいですし、

The ingredient is tuna.
(具材はマグロです。)

としてもOKです。

 

次に、

Gari is pickled ginger served with sushi.
(ガリは寿司と一緒に提供される生姜の漬物です。)

という文。

ポイントは次の2つ。

・生姜の漬物
・寿司と一緒に提供される

ですので、

Gari is pickled ginger.
(ガリは生姜の漬物です。)

It’s served with sushi.
(寿司と一緒に提供されます。)

これでOKです。

これは難しくないですね。

 

次に、

Many people consider sushi to be expensive food.
(寿司は高価な食べ物という認識を持つ人は多い。)

という文。

consider ○ to be △ という形で「○を△とみなす」という意味になります。文全体としては第5文型になります。

文法的に高度ですので、consider を使わず think を使って

Many people think (that) sushi is expensive food.
(寿司は高価な食べ物だと思っている人は多い。)

とすることもできます。

 

そして、

Some people prefer the vinegared rice to the ingredients in sushi.
(寿司のネタよりも酢飯のほうが好きだという人もいます。)

という文。

prefer ○ to △ という形で「△より○を好む」という意味になります。

これを prefer を使わず like を比較級とともに使って

Some people like the vinegared rice better than the ingredients in sushi.

とすることもできます。

これは中学校で習う比較級の基本です。わからなければ復習ですね!

 

以上ですが、いかがでしたでしょうか?

ここまで見てきておわかりのとおり、いかに短い文にするか、いかに簡単な表現を使うか、がコツになります。必ずしも一つの事柄を一つの文で説明する必要はないということです。

関係代名詞や分詞などの修飾語句がついている場合、そこで別の文として独立させることです。そうすることで、一文を短くすることができるだけでなく、よりやさしい表現を使うことができるようになります。

このあたりは慣れですので、今回取り上げなかった他の英文についてもご自身でいろいろ考えてみてください。もちろん、中学レベルの英文法はマスターしていることが前提です。

 

寿司ネタの英語表現

主な寿司ネタの英語での表現をまとめました。

<定番>
sea bream(鯛)
tuna(マグロ)
fatty tuna(トロ)
medium-fatty tuna(中トロ)
salmon(サーモン)
salmon roe(イクラ)
omelet(玉子)
octopus(タコ)
squid(イカ)
sea urchin(ウニ)
shrimp(エビ)
sweet shrimp(甘エビ)
sea eel(穴子)

 

<青魚>
sardine(イワシ)
horse mackerel(アジ)
mackerel(サバ)
yellowtail(ブリ)
young yellowtail(ハマチ)
greater amberjack(カンパチ)
bonito(カツオ)
pacific saury(サンマ)
herring(ニシン)
sea bass(スズキ)
Japanese Spanish mackerel(サワラ)

 

<貝類>
red clam(赤貝)
whelk(つぶ貝)
surf clam(ホッキ貝)
scallop(ホタテ貝)
horned turban(サザエ)
abalone(アワビ)

 

<巻物>
cucumber roll(かっぱ巻)
tuna roll(鉄火巻)
fermented soybeans roll(納豆巻)

 

<その他>
crab(カニ)
herring roe(数の子)
cod/codfish(タラ)
largehead hairtail(タチウオ)
mantis shrimp(シャコ)
Daggertooth pike conger(ハモ)
olive flounder(ヒラメ)
righteye flounder(カレイ)
eel(ウナギ)

タイトルとURLをコピーしました