スポンサーリンク

英語を話す時に文法を考える?不可能ではないが学習が大変

机の上のアルファベット

英語を話せるようになりたいなら文法を学習する必要があると当サイトではお伝えしています。英語を外国語としてマスターしようとする私たちには、文法を学ばずして話せるようになるのは難しいからです。

では、英語の上級者たちは話す時に文法を考えているのか?こういう疑問を持つ人が多いと思いますので、これについてお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

文法を考えながら話してOK!

英語ができる人は文法を考えながら話しているのか?これは人それぞれだと思います。

海外経験が豊富な人であれば文法など考えないでしょうし、国内組の人であれば文法を考えながら話している可能性が高いです。

 

では、初級者~中級者までの学習段階にある人はどうすればよいのか?

結論から言いますと、英語を話す時には文法を考えてもかまいません。

というより、中級以下の英語学習者が文法を考えずに正しい英語を話すことは極めて難しいと思います。

 

理想としては、ネイティブのように感覚的に英語を話すことですが、少なくとも英語を外国語として学ぶ私たちにとってはすぐにはなせる技ではありません。

もし、文法を考えずに話すとなると、かなり無茶苦茶な英語になってしまうと思いますし、これでは英語を学習している意味がほとんどありません。

 

英会話の学習では表現をたくさん覚えていきますが、実際の英会話の場面ではそのまま使える表現以外は多少なりとも文法を考えて話すことになります。

学習によって自分が使える表現が増えてくると、ちょっとアレンジするだけで使い回せることも多くなりますので、文法を考えながら話すと言いましても、それほど負担ではなくなってきます。

 

文法など考えなくてもどんどん話すことで相手はわかってくれると主張する人もいますが、これではいつまでたっても英会話は上達していきません。

その場しのぎの一回きりのシチュエーションであれば話は別ですが、英会話における基本的な姿勢としての文法なしの考え方には私は賛成できません。

 

学習が浅い段階では一つの文を話すにも時間がかかりますが、学習が進んで文法が使えるようになってくると、スムーズに話せるようになってきます。

逆に言いますと、話すまでに時間がかかるということは、まだ学習が足らないということになります。

文法が身についていなかったり、話す練習が足らなかったりといったことが原因です。

 

普段の英語学習においては、情報を正確に伝えることを心がけて、正しい文で話す練習をしておくべきです。

正しい文で話すことで相手の誤解もなくなります。

 

当サイトでは、日本にやって来る外国人に対して最低限のおもてなしができるようになることを目指していますので、流暢さはそれほど重視していません。

また、外国人もそれは期待していないはずです。

 

日本人が英語をペラペラ話しているのを見ると学習者としては羨ましくなりますが、大事なのは見かけではなく中身です。

これはビジネスの世界でも同じです。

 

自分の言いたいことを相手に正しく伝えることがコミュニケーションの基本ですので、そのための手段として文法を意識するのは大事なことだと思います。

 

スポンサーリンク

 

文法を考えないで英語を話せるようになりたい!

とはいえ、英語を学習している人なら誰しも、文法のことはいっさい考えないで英語を話せるようになりたいと思うものです。

そうなれば100%内容に集中して会話ができますからね。

 

では、どうすればよいのでしょうか?

海外に留学したりせず、あくまで国内の学習だけでそのレベルまで持っていくことは可能なのでしょうか?

いろんな人の話を聞いていると、不可能ではなさそうです。

 

好きな人の音楽や言葉というのは何度も聞いたり口に出したりしますよね?

そうした音や言葉というのはいつの間にか頭の中に入っていて、考えなくても口から出てきませんか?

あの状態を英語学習において意図的に作り出すことが一つの方法になります。

 

ただ、必然的に学習はかなりハードなものになります。

学習方法の例をあげますと、意味のわかる表現を何度も口に出して体に染み込ませるなどです。

勝手に口が動いて話せるようになるまで繰り返すわけですね。

 

表現を暗記しようとするのではなく、何度も繰り返した結果として自然に頭に残っている状態にします。

回数は10回や20回ではなく、100回や200回、いやそれ以上です。

 

ここまでくると文法など考える余地はありませんので、その表現については自然に口から出てくるようになります。

もちろん、聞いても理解できるようになっているはずです。

 

こういった練習をたくさん積むことで英語脳が出来てきますので、文法を意識しないことはもちろん日本語で考えることもなくなります。

 

今お話したことは方法の一つに過ぎません。

要は、文法など考えなくても英文が出てくる状態を作ればよいわけですが、そのレベルに到達するまでには相当な練習が必要になってくるということです。

 

ここまでやるのが作業として大変であることと、時間がかかることから、英語学習の初期の人たちには向いていないと思います。

文法を考えながらでも英語を話せるようになることを目指したほうが現実的だからです。

 

当サイトでは、文法を考えながらでも最低限のおもてなしができることを目指していますので、多少ぎこちなくても話せるようになることをまずは考えればよいのではないでしょうか。

そして、英語が上達してきて、さらなる高みを目指すときに改めて考えばよいことだと思います。

タイトルとURLをコピーしました