スポンサーリンク

瞬間英作文の効果を紹介!瞬発力だけではありません

瞬間英作文の効果を紹介!

瞬間英作文は日本語を英語に素早く変換するトレーニングですが、これを続けることで副次的な効果も期待できます。ここでは瞬間英作文で期待できる効果と期待できない効果について解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

瞬間英作文で期待できる効果

瞬間英作文を続けることで得られる効果は主に次のようなものです。

・瞬発力がアップする
・正しい英文を作ることができるようになる
・話せる内容が広がる
・ライティング力がアップする
・リスニング力&リーディング力がアップする

では、順に解説していきます。

 

<瞬発力がアップする>

瞬間英作文は、日本語→英語の変換を瞬時に行うトレーニングですので、これを続けることで英文を素早く作ることができるようになります。これが瞬間英作文の一番大きな効果です。

英文を素早く作ることができるようになると、相手からの問いかけに対して発言までの時間を大幅に短くすることができますので、英会話において相手とスムーズにやり取りができるようになります。

時間をかければ正しい英文を作ることができるという人は、基本的な文法の知識はあるようですので、瞬間英作文でトレーニングすることによって大きく改善していきます。

 

<正しい英文を作ることができるようになる>

瞬間英作文で作る英文というのは、それらしい単語を適当に並べるだけのブロークンな英文ではなく、あくまで正しい文法を使った英文です。

英文を素早く作ることができても、その英文に文法的な間違いが多いと伝えたいことが正しく伝わりません。場合によっては誤解につながる可能性もあります。

瞬間英作文では中学英文法を網羅する形でトレーニングしていきますので、ひととおりどの文法事項も正しく使いこなせるようになります。

 

スポンサーリンク

 

<話せる内容が広がる>

使える文法事項が増えてくると、それらを組み合わせることによって、表現の幅が広がっていきます。表現の幅が広がるということは話せる内容が広がることを意味します。

英語で何か言いたいときに、どのような文法を使えばよいのかわかりますので、意識を英文を作ることから話す内容に移すことができるようになります。

瞬間英作文でのトレーニングが進んでくると、話す内容に意識が取られて間違った英文を話してしまう、ということも少なくなっていきます。

 

<ライティング力がアップする>

瞬間英作文は基本的にはスピーキングのトレーニングですが、ライティング力のアップにもつながります。なぜなら、スピーキングとライティングは、英文を作るという点では同じだからです。

当然、ライティングにおいても文法を正しく使う必要がありますが、瞬間英作文によって文法の運用力が上がると、正しい英文を書けるようになります。

また、普段から正しい英文を書いていると、スピーキングでも正しい英語を話せるようになっていきますので、スピーキングの学習にライティングを取り入れるのも一つの方法です。

 

<リスニング力&リーディング力がアップする>

瞬間英作文はリスニングとリーディングにも効果があります。ともに文法の知識が必要という点でスピーキングやライティングと同じだからです。

リスニングもリーディングも情報を受信する作業ですが、瞬間英作文で文法知識のアウトプットを繰り返すことによって知識がより定着しますので、こうした相乗効果が期待できます。

また、リスニング力やリーディング力がアップすることで、よりスムーズに英語が聞けたり読めたりしますので、英語的感覚が磨かれてスピーキング力も向上するという好循環が生まれます。

 

瞬間英作文で期待できない効果

瞬間英作文のトレーニングによって、言いたいことはだいたい言えるようになります。多少不自然ではあっても、文法的に正しい英語を話せるようになります。

 

しかし、実際の英会話では、話す内容をいつも一から組み立てているわけではありません。なぜなら、決まりきった言い回しを使うことがかなり多くあるからです。

 

定型表現と言われるものですが、英会話をスムーズに進めるための大きな要素の一つになります。

 

例えば、次のようなことを言いたいとします。

「お願いしたいことがあるのですが。」

 

これを英語にしようと

「お願い」は ask を使って、「ある」は there か have を使って・・・

などと考えながら英文を組み立てることもできます。

そして、何とか通じるかもしれません。

 

しかし、そんなことをしなくても、この内容であれば次の表現が使えます。

Could you do me a favor?

 

おそらく、favor なんていう単語は、多くの英語学習者はパッと出てこないと思います。

こういうものはいちいち文法を考えて英文を組み立てるのではなく、知っていれば済む話です。

便利ですよね。

 

 

他にも、次のような表現があります。

How may I help you ?

 

「どのようなご用件ですか?」という意味ですが、電話対応などでほぼ機械的に使われます。

この英文をいちいち文法を使って一から組み立てたりしていませんよ。

こうした定型表現をたくさん覚えていきたいところですが、瞬間英作文ではカバーされていません。これが含まれていないことが瞬間英作文のデメリットとは思いませんが、別のところで学習していく必要があります。

 

定型表現はとにかく覚えていれば済む話ですので、とにかくたくさん覚えましょう。自分が使える定型表現がたくさんあるほど英会話は楽になります。

タイトルとURLをコピーしました