スポンサーリンク

書道を英語で説明しよう!日本の文字の芸術を外国人に紹介

書道

文字を美しく書くという、日本の伝統芸術として知られるのが「書道」。日本人なら誰しも一度は経験したことがある伝統文化の一つですので、外国人にも紹介してあげましょう。

ということで、書道を英語で説明する際に役立つ表現、および、語句の意味や言い換え表現、補足情報などについてまとめました。

それでは順に見ていきましょう!


Shodo is the traditional Japanese art of calligraphy, in which Chinese characters and kana characters are written with brushes and ink.
(書道は、筆と墨を使って、漢字や仮名文字を書く、伝統的な日本のカリグラフィーです。)


語句の意味は次のとおり。

traditional「伝統的な」

art「芸術」

calligraphy「カリグラフィー、書道」

Chinese character「漢字」

kana character「仮名文字」

 

カリグラフィーは、文字を美しく書く西洋の技術で、書道はその日本版ともいえるものです。したがって、次のように説明することもできます。

Shodo is Japanese calligraphy.
(書道は日本式のカリグラフィーです。)

 

 


The tools necessary for shodo are a brush, an ink stone, an ink stick, and paper.
(書道に必要な道具は、筆、硯、墨、そして紙です。)


語句の意味は次のとおり。

tool「道具」

necessary「必要な」

ink stone「硯」

ink stick「墨」

 

「書道に必要な道具」の部分は

The tools needed for shodo

The tools you need for shodo

といった表現も可能です。

 

 


Ink is made by rubbing the ink stick on the surface of the ink stone with water.
(硯の表面で、水を混ぜて墨をこすることで、インクを作ることができます。)


rub は「~をこする」、surface は「表面」という意味です。

 

 


While penmanship is the technique of writing characters correctly, shodo emphasizes the beauty and artistry of the written characters.
(習字が文字を正しく書く技法であるのに対し、書道は書かれた文字の美しさや芸術性を重視します。)


語句の意味は次のとおり。

while「…なのに対し」

penmanship「習字」

technique「技法、手法」

correctly「正しく、正確に」

emphasize「~を強調する、重要視する」

artistry「芸術性」

 

 


You need to focus your spirit when moving the brush.
(筆を動かすときには、精神を集中させる必要があります。)


focus は「~を集中させる」、spirit は「心、精神」という意味です。

 

when moving the brush の部分は

when you move the brush

でもOKです!

 

 


In shodo, calligraphers’ spirits are reflected in the written characters.
(書道では、書道家の心が、書かれた文字に反映します。)


reflect は「~を反映する」という意味です。

 

スポンサーリンク

 


The paper used in shodo is traditional Japanese paper called “washi”.
(書道で使われる紙は、「和紙」と呼ばれる伝統的な日本の紙です。)


traditional は「伝統的な」という意味です。

 

 


Shodo was developed in China.
(書道は中国で発展しました。)


develop は「~を発展させる」という意味です。

 

次のように説明することもできます。

Shodo originally came from China.
(書道はもともとは中国から来ました。)

 

 


With the introduction of Chinese characters, calligraphy was adopted in Japan as well.
(漢字の伝来とともに、カリグラフィーは日本でも取り入れられるようになりました。)


語句の意味は次のとおり。

introduction「導入、採用」

adopt「~を採用する、導入する」

as well「~もまた」

 

 


Shodo was considered to be necessary culture for nobles and samurai.
(書道は、貴族や武士にとって、必要な教養だと考えられていました。)


語句の意味は次のとおり。

be considered to be ~「~であると考えられている」

culture「教養」

noble「貴族」

samurai「武士」

 

be considered to be は

be thought to be

be regarded as

などに置き換えることができます。

 

 


Shodo is also considered to be a way of self-discipline.
(書道は、自己鍛錬の方法とも考えられています。)


self-discipline は「自己鍛錬」という意味です。

 

 


In Japan, handwriting characters are thought to represent the personality of the writers.
(日本では、手書き文字は、書いた人の性格を表すと考えられています。)


語句の意味は次のとおり。

handwriting character「手書き文字」

represent「~を表す」

personality「性格」

 

次のように people を主語にして表現することもできます。

In Japan, people think (that) handwriting characters represent the personality of the writers.

 

 


Just like tea ceremony and flower arrangement, there are many schools in shodo.
(茶道や華道と同様、書道にはたくさんの流派があります。)


語句の意味は次のとおり。

just like ~「~と同様に」

tea ceremony「茶道」

flower arrangement「華道」

school「流派」

 

 


Because the pen and pencil has become common, brushes are rarely used in our daily lives.
(ペンや鉛筆が一般的になっていますので、私たちの日常生活の中で毛筆が使われることはほとんどありません。)


語句の意味は次のとおり。

common「一般的な」

rarely「めったに…しない」

daily life「日常生活」

 

 


There are many people who attend shodo classes or take correspondence courses.
(書道教室に通ったり、通信講座を取る人も、たくさんいます。)


attend は「~に通う」、correspondence course は「通信講座(教育)」という意味です。

「通信講座(教育)」は distance learning ともいいます。

 

 


Japanese people learn shodo at school.
(日本人は学校で書道を習います。)


これは特に問題ないですね。

 

 


Good shodo skills generate a feeling of sophistication.
(書道がうまいと、教養の高さを感じさせます。)


語句の意味は次のとおり。

generate「~を生む」

feeling「感情、気持ち」

sophistication「高度な知識、素養」

 

次のように説明することもできます。

You are thought to be trustworthy if your handwriting characters are good.
(手書き文字がうまいと(達筆だと)、信頼できる人だと思われます。)

trustworthy は「信頼(信用)できる」という意味です。

 

 


You need to use brushes and ink skillfully to write beautiful characters.
(美しい文字を書くには、筆とインクを上手に使う必要があります。)


skillfully は「上手に、巧みに」という意味です。

 

 


The first shodo of the year is called “kakizome”.
(年の初めに行う書道を「書き初め」と言います。)


「書き初め」について簡単に補足説明しておきましょう。

People write auspiciou words to celebrate the New Year.
(新年を祝うために、縁起の良い言葉を書きます。)

auspiciou は「縁起の良い」、celebrate は「~を祝う」という意味です。

auspiciou → lucky に置き換え可能です。

 

 

以上ですが、いかがでしたでしょうか?

書道を英語で説明する上で、キーワードになる語句が出てきましたので、ここでまとめておきます。

 

Japanese calligraphy「日本式のカリグラフィー」

Chinese character「漢字」

kana character「仮名文字」

ink stone「硯」

ink stick「墨」

penmanship「習字」

artistry「芸術性」

culture「教養」

self-discipline「自己鍛錬」

handwriting character「手書き文字」

school「流派」

shodo class「書道教室」

correspondence course「通信講座(教育)」

 

ぜひ参考にしてください!

タイトルとURLをコピーしました