スポンサーリンク

しゃぶしゃぶを英語で説明しよう!独特の食べ方はこう伝える

しゃぶしゃぶ専用鍋と肉

すき焼きと並び、肉を使った料理として人気なのがしゃぶしゃぶ。そんなしゃぶしゃぶを外国人に英語で説明してあげましょう。

英語表現のほか、英文に出てきた語句の意味や言い換え表現などもあわせて載せています。

それでは順に見ていきましょう!


Shabu-shabu is a hot pot dish of thinly sliced meat and vegetables.
(しゃぶしゃぶは、薄く切った肉と野菜を使った鍋料理です。)


hot pot dish で「鍋料理」ですが、 hot pot だけでも同じ意味になります。

thinly は「薄く」という意味です。

しゃぶしゃぶの特徴を伝えるためには、その食べ方を説明する必要があります。一文にすると長くなりますので、分けて説明するほうがよいですね。ということで、食べ方については次の文です。

 

 


You swish the meat in the broth two or three times and eat with ponzu or sesame sauce.
(肉をだし汁の中で2~3回振って、ポン酢やごまだれにつけて食べます。)


swish は「~を振る」、broth は「だし汁、スープ」という意味です。

swish という高度な単語を使わなくても説明することはできますが、ここはぜひこの単語を使いたいですね。なぜなら、「しゃぶしゃぶ」の名称は肉を振る様子から来ているからです。

ということで次の文です。

 

 


The name “shabu-shabu” comes from the swishing action.
(「しゃぶしゃぶ」という名称は、振るような動きから来ています。)


この文は次のように表現することもできます。

Shabu-shabu was named after the swishing action.

be named after ~ で「~にちなんで名付けられる」という意味です。

 

 


Shabu-shabu is normally made with beef, but some types of shabu-shabu use other ingredients such as pork, chicken, and fish.
(しゃぶしゃぶは通常は牛肉を使いますが、豚肉、鶏肉、魚など他の食材を使うタイプのしゃぶしゃぶもあります。)


be made with ~ で「~を使って作られる」という意味になります。

normally は「通常は」、ingredient は「材料」という意味です。

前半は use を使って次のように表現することもできます。

Shabu-shabu normally use beef,

 

 


If beef is used, it’s called “gyu-shabu”, and if pork is used, it’s called “buta-shabu”.
(牛肉が使われれば「牛しゃぶ」といい、豚肉が使われれば「豚しゃぶ」といいます。)


この文は特に難しいところはありませんね。

 

 


Customers cook shabu-shabu by themselves at restaurants.
(レストランではしゃぶしゃぶは客が自分で調理します。)


customer は「顧客」という意味です。

by oneself で「自分だけで」という意味ですが、複数である them の場合は themselves となります。

 

スポンサーリンク

 


You use a special pot when cooking shabu-shabu.
(しゃぶしゃぶを調理するときは専用の鍋を使います。)


when や while、ifなどの接続詞で導かれる副詞節の主語が主節の主語と同じ場合、副詞節の<主語>または<主語+be動詞>は省略することができる、という文法ルールがあります。

この文を省略せずに書くと

You use a special pot when you cook shabu-shabu.

となりますので、主語だけが省略されている形になります。副詞節の動詞が能動態(cook)ですので、接続詞の直後は現在分詞<~ing形>になります。

 

 


A group share the same pot.
(一つのグループが同じ鍋を共有します。)


share は「~を共有する」という意味です。

 

 


Shabu-shabu is similar to sukiyaki.
(しゃぶしゃぶはすき焼きと似ています。)


be similar to ~ で「~と似ている」という意味です。

できれば、この2つの料理の似ている点をあげておくと親切です。

Both use meat.
(両方とも肉を使います。)

And both are hot pod dishes.
(そして両方とも鍋料理です。)

こんな感じです。

すき焼きについてはこちらの記事で詳しく書いていますので、ぜひそちらもご覧ください!

 

 


Along with sukiyaki, shabu-shabu is a high-class dish for ordinary people.
(すき焼きと並んで、しゃぶしゃぶは庶民にとって高級料理です。)


語句の意味は次のとおり。

along with ~「~と並んで」

high-class「高級な」

ordinary people「庶民、一般人」

 

もし、すき焼きの話がすでに出ているのであれば

Both sukiyaki and shabu-shabu are high-class dishes for ordinary people.
(すき焼きもしゃぶしゃぶも庶民にとっては高級料理です。)

としてもよいと思います。

 

 

以上ですが、いかがでしたでしょうか?

しゃぶしゃぶを説明する上でポイントになるのは食べ方です。ご紹介した例文では swish という見慣れない単語を使いましたが、そのまま覚えておくことでよいと思います。

ぜひ参考にしてください!

タイトルとURLをコピーしました