スポンサーリンク

学校英語は役に立たない?英会話の上達を助けてくれますよ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

学校英語は役に立つ!

学校英語は「役に立つ」という人もいれば「役に立たない」という人もいて意見が分かれていますね。管理人である私は「役に立つ」と考えています。ということで、学校英語肯定派として話を進めていきますね。

ほとんどの人が中学そして高校で英語の授業を受けてきたと思いますが、何年も勉強してきたにもかかわらずほとんど話すことができないため、学校英語について否定的な意見が多いのだと思います。

では、学校英語は無駄なのかというとそうではありません。ここで考えないといけないのは学校英語の中身です。

 

英語には四技能(「読む(文法を含む)」「聞く」「書く」「話す」)がありますが、日本ではどの学校も「読む」ことに多くの時間を費やす一方、「聞く」「書く」「話す」は後回しにされる傾向にあります。

「読む」「聞く」は受信能力、「書く」「話す」は発信能力になりますが、これまでの学校英語では発信能力よりも受信能力を伸ばすような内容だったわけです。

発信能力を鍛える練習が少ないため英語を話せるようにならない人が多いわけですが、受信能力というのは発信能力の基盤になっていることを忘れてはいけません。

つまり、学校では「英語を話せるようになる」ための基盤づくりをしてきたことになります。ですので、学校英語を身につけた人であれば、話すために必要な知識は備わっていることになります。

 

英会話をマスターする場合、学校英語を身につけた人のほうがそうでない人より上達が早いですし、いろいろ応用も効きますので、学校英語が無駄になるということはありません。

大事なのは「学校で学んだ英語の知識をどのように活用していくか」です。

学校では文法ばかりを学ばされて退屈だったという人も、それまで身につけてきた文法の知識を活かしてトレーニングしていけば、間違いなく英語は話せるようになるはずです。

また、学校英語をしっかり学んでこなかった人は、今から学び直しても決して遅くはありません。当サイトでも、現在の英語力にかかわらず中学英語を復習することをおすすめしています。

 

これから海外で長く生活する予定がある人は別ですが、それ以外のほとんどの人は学校英語を無駄にしない学習をすることこそが英会話をマスターする上での近道になると思います。

学校英語についてはいろいろネガティブな点が指摘されていて、迷う部分もあるかもしれませんが、私としては学校英語肯定派として英会話のノウハウを提供していきたいと思っています。

 

スポンサーリンク

 

学校英語は非実用的だという意見

学校英語は役に立たないと考える人が口を揃えて言うのが「学校英語は実用的でない」ということ。つまり、ネイティブが日常会話で使わないような表現は学んでも意味がないということのようです。

しかし、本当に意味がないのでしょうか?

英語に限らずどの言語にも「文法」というものがあります。そして、言葉は文法に基づいて成り立っていますので、まずは文法を忠実に学ぶのはある意味当然ではないでしょうか?

 

例えば、中学の英語の教科書には次のような英文が載っています。

This is a pen.(これはペンです)

 

そして、上の英文を疑問形にしたのが次の英文です。

Is this a pen?(これはペンですか?)

 

こういう英文はほとんどの人が学んだと思います。

ただ、これらの表現を日常生活の中で使うかというと、おそらく使わないと思います。だからといってこれらの英文を学ぶ意味がないかというと、そうではありません。

確かに日常生活の中では使わないかもしれまんせんが、英文がどのようなルールで成り立っているのかを知ることができます。そして、そのルールは他の様々な英文に適用することができます。

先ほどの英文を学ぶことで、

「これは◯◯です」と言いたい場合は「This is a ◯◯.」という形で表現する、

これを疑問形にしたいのであれば「Is this a ◯◯?」という形で表現する、

といった感じで。

 

こうしたルールを学ぶことなく英文を作る(話す/書く)ことができるかというと、おそらくできないと思います。少なくとも日本で生活している中では不可能だと思います。

海外生活が長くて、それこそ英語漬けの生活環境があるのであれば、わざわざこうしたルールを学ぶということをしなくても自然に身につくかもしれません。

しかし、そういう環境に身を置いていない人には不可能なことなので、「文法」という英語のルールを身につけるステップが必要になるのです。

 

「This is a pen.」という英文は日常会話では使わないけれど、英語の基本的なルールを知るためには有益だということ。つまり、学校で習う英語は非実用的であっても学ぶ意味があるのです。

学校英語が役に立たないと判断してしまって、文法を学ばず感覚的に英語を身につけようとしている人は、学校英語肯定派の私からすれば黄信号と言わざるを得ません。

「文法は少々間違っていても伝わればよい」という考え方もありますが、これではいつまでたっても正しい表現が身につかない可能性が高いです。

 

これから英会話を学んでいこうとするのであれば、学校英語を基本とした正しい英文をたくさん覚えていくことをおすすめしたいです。

学校英語の是非についてはいろいろ意見がありますが、少なくともこのサイトをご覧になっているあなたには、学校英語を学ぶことで英会話をマスターしていただきたいと思っています。

タイトルとURLをコピーしました