スポンサーリンク

刺身を英語で説明しよう!日本独特の料理はこの表現で紹介

刺身の盛り合わせ

日本独特の料理の一つが「刺身」。刺身を英語で説明することで日本の食文化を外国人に紹介してあげましょう。ということで、刺身についての英語表現をまとめました。

では、順に見ていきましょう!


Sashimi is a Japanese dish of raw seafood.
(刺身は生の魚介を使った日本料理です。)


raw は「生の」という意味の形容詞、seafood は「海産物、魚介」という意味の名詞です。

この文で伝えたいことは

・魚介を使っていること
・日本料理であること

の2点ですので、これらを別の文として独立させてもよいと思います。

Sashimi is raw seafood.
(刺身は生の魚介です。)

It’s a Japanese dish.
(日本料理です。)

こんな感じです。

 

 


Sashimi is served in thin slices.
(刺身は薄く切った状態で提供されます。)


thin は「薄い」という意味の形容詞、slice は「薄片、一切れ」という意味の名詞です。

また、ここでの in は「~の状態で」という意味の前置詞です。

この文は次のように表現することもできます。

Sashimi is thinly sliced raw seafood.
(刺身は薄く切った生の魚介です。)

この場合、thinly は「薄く」という意味の副詞になります。そして、slice は動詞の過去分詞形にして形容詞としての働きを持たせます。

thinly「薄く」→ sliced「切られた」→ raw seafood「生の魚介」となります。

必ず<副詞+形容詞+名詞>という語順になります。

 

 


Sashimi is served with garnishes such as shredded Japanese white radish and shiso.
(刺身は細く刻んだ大根やしそなどの付け合わせと一緒に出されます。)


garnish は「(料理の)付け合せ、つま」、such as ~ で「例えば~のような」という意味です。

shredded は「細く刻んだ」という意味の形容詞ですが、これは shred(細かく切る)という動詞が過去分詞形になって形容詞として働いています。直前の文と同じ文法ルールに従っています。

Japanese white radish は「大根」です。

「大根」は英語ではいくつかの表現方法があります。

例えば、

radish

daikon

Japanese radish

white radish

daikon radish

など、これらはすべて「大根」です。この中にもありますが、日本語をそのままアルファベット表記した daikon だけでも通じるようです。

 

この文では such as 以降が「付け合わせ」の具体例になっていますので、ここで別の文に分けてもよいですね。

次のような感じです。

Sashimi is served with garnishes.
(刺身は付け合わせと一緒に出されます。)

Shredded Japanese white radish and shiso are typical garnishes.
(細く刻んだ大根やしそが代表的な付け合わせです。)

typical は「代表的な」という意味です。

 

あるいは、次のようにしてもよいですね。

Sashimi is served with shredded Japanese white radish and shiso.
(刺身は細く刻んだ大根やしそと一緒に出されます。)

They are typical garnishes.
(これらは代表的な付け合わせです。)

 

このあたりは工夫次第で何とでも表現することができます。とにかく長い文は分けることがポイントです!

 

 


The garnishes are used for preventing food poisoning as well as making the dish look beautiful.
(付け合せは、料理を美しく見せる目的のほか、食中毒を防ぐ目的で使われます。)


語句の意味は次のとおり。

prevent「~防ぐ」

food poisoning「食中毒」

○ as well as △ で「△だけでなく○も」

 

また、make ○ △ で「○を△の状態にする」という意味で、

○ → the dish

△ → look beautiful

にそれぞれ該当します。

 

ちょっと複雑な文なので、次のように2つに分けるのも一つの方法です。

The garnishes make the dish look beautiful.
(付け合せは料理を美しく見せます。)

And they prevent food poisoning.
(そして、食中毒を防ぎます。)

受動態を能動態に、そして、ing形を現在形にすることで、かなりスッキリします!

 

スポンサーリンク

 


Sashimi is also called “tsukuri” or “otsukuri”
(刺身は「造り」や「お造り」とも呼ばれます。)


特に難しい文ではありませんが、A is also called B(AはBとも呼ばれます)はいろんなところで使えますね。

 

 


You eat sashimi with soy sauce and wasabi.
(刺身はしょうゆとわさびにつけて食べます。)


with だけだと、単に一緒に食べるというニュアンスですので、もう少し具体的に伝えたいですね。

そこで、次のようにすればどうでしょうか?

You eat sashimi by putting wasabi on top of the seafood and dipping it in soy sauce.
(刺身は、魚介の上にわさびをのせて、それをしょうゆにつけて食べます。)

dip は「~に浸す」という意味です。

 

ちなみに、「わさび」は英語では Japanese horseradish と言いますが、wasabi でも通じます。horseradish は「セイヨウワサビ」です。

 

 


Sashimi is different from sushi.
(刺身は寿司とは異なります。)


A is different from B で「AはBと異なる」という意味です。

A and B are different (from each other) でも同じ意味になります。

 

刺身と寿司は異なると言っているわけですから、その違いを説明しておきたいですね。

例えば、

Sashimi is seafood, while sushi is seafood with rice.
(刺身は魚介、寿司は魚介にご飯が付いています。)

と簡単に伝えるのはどうでしょうか?

ここでの while は「~なのに対し」という意味です。

 

また、

Sashimi is used for sushi ingredients.
(刺身は寿司のネタに使われます。)

と説明することもできます。

ingredient は「材料、原料」という意味です。

寿司についてはこちらの記事で表現をたくさん紹介していますので参考にしてください。

 

 


Other types of sashimi such as “basashi” and “torisashi” are also popular.
(「馬刺し」や「鳥刺し」など、他のタイプの刺身も人気です)


この文は特に難しいところはありませんね。

 

 


A special knife called “sashimi bōchō” is used for slicing raw fish.
(「刺身包丁」と呼ばれる特別な包丁が、生魚を切るために使われます。)


is used for の for は前置詞ですので、そのあとに動詞を置く場合は必ず<ing形>にします。

 

 


Sashimi is one of izakaya’s staple dishes.
(刺身は居酒屋の定番料理の一つです。)


staple は「主要な」という意味の形容詞です。

この staple を popular「人気の」と置き換えても近い意味を出すことができます。

one of のあとの名詞は複数形です。

 

ちなみに、「居酒屋」は izakaya で通じない場合もありますので、次のように補足しておくと親切です。

An izakaya is a Japanese style pub.
(居酒屋は日本式のパブです。)

 

 


Sashimi goes well with sake.
(刺身はお酒とよく合います。)


go well with ~ で「~と合う」という意味です。

sake は「日本酒」のことです。

 

 

 

以上ですが、いかがでしたでしょうか?

英文自体はそれほど難しくないと思いますが、他の料理を説明する際にも使える語句がいくつか出てきました。

例えば、

in thin slices
(薄く切った状態で)

garnish
(付け合せ)

food poisoning
(食中毒)

a staple dish
(定番料理)

go well with
(~と合う)

などはそのまま覚えておくと便利です。

ぜひ参考にしてください!

タイトルとURLをコピーしました