おもてなしの英語は中学レベルで十分!シンプルに話すこと

あなたの英語の悩みを私は経験しています

はじめまして、管理人のドムと申します。
このサイトに来て頂きありがとうございます!

今、あなたはひょっとしたら
英語のこういう部分で悩んでいませんか?

・学校で英語を学んだのに話せない
・英検やTOEICの資格を持っているのに話せない
・英文は読めるのに話せない
・文法を知っているのに話せない
・単語はそこそこ知っているのに話せない
・教材をたくさん持っているのに話せない
・NHK講座を続けているのに話せない
・言いたいことを言うまでに時間がかかる
・海外経験がないと英語は話せないと思っている
・英会話は自分には無理だと思っている

どれも日本人英語学習者の典型的な悩みですが、実はこれらすべて、かつての私の悩みなんです。

 

これまで膨大な時間を英語学習に費やしてきたにもかかわらず、簡単なことも口からパッと出てこないので、いったい自分は今まで何をやって来たんだろう?と落ち込むことは何度もありました。

 

英語は苦手だから避けてきたとか、必要性がないからやってこなかったとか、英語をほとんど勉強してこなくて話せないのは当然ですが、私の場合は長く続けてきたのに話せなかったので、やっぱり自分には英会話は無理なのかなとずっと思っていたんですね。

 

ただ、私はもともとあきらめが悪い性格なので、何か良い方法はないのかなと思いながら、書店に行っては英会話の書籍をチェックしていました。

すると、あることに気づいたんです。

 

いろんな書籍を見ていると、タイトルやサブタイトルに「中学英語」という言葉を使っている書籍が多いのです。

「英会話は中学英語でできる!」みたいな書籍がたくさんあるわけですね。

そういった書籍を見ていて、これなら自分にもできるのではないか?と淡い期待を抱くようになりました。

 

そして、ちょうどその頃に「英語応対能力検定」という新しい試験が始まることを知ったのですが、公認教材を見てもやさしそうに見えたので、興味を持った私は早速この試験を受けてみようと思ったんですね。

 

公認教材は、STEP1~STEP3の3つのレベルに分かれていて、どのレベルの英語でもそれなりの応答ができるように工夫されていました。

STEP1は中学1年生レベル、STEP3でも中学2年生~中学3年生レベルです。

英語が苦手な人や初心者であればSTEP1を、ある程度できる人であればSTEP3を、それぞれマスターすれば、外国人と最低限の英会話ができるようになっています。

 

ちなみに、「英語応対能力検定」は、外国人をおもてなしするための英語力を測る試験で、2017年3月から始まりました。

私も実際に受けてみましたが、この試験のための勉強がそのまま英会話力アップにつながると思いました。(この試験の詳細については別の記事でご紹介します)

 

このように中学英語のような簡単な英語の有用性が広く謳われていることを考えますと、難しい英語を勉強しなくても英会話はできるんだと思うようになりました。

無理に難しいことを話そうとせず、自分のレベルに合った英語を話せばよいのだと思うようになったんです。

 

それ以来、私はとにかくシンプルな英語をマスターしようと、初心に戻って中学英語をもう一度学び始めました。

その中で感じたことは、中学英語でもかなり高度なことまで表現できるということです。

日常会話においてはそれ以上難しいことはやらなくてよいと思いました。

 

かつての私とは違い、現在の私は言いたいことはほぼ言えるようになって英会話を楽しめるようになりました。

自分の拙い英語でも通じることがわかっていますので、外国人に話しかけられることも怖くなくなりました。

私がこうして英語のサイトを立ち上げることになったのは、他の多くの英語学習者の悩みを自分が経験してきて、少しでもそうした人たちのお役に立てると思ったからです。

 

英語が苦手な人は中学英語ですら敬遠したくなるかもしれませんが、これもやり方次第で何とかなります。

とりあえず中学英語をひととおり学ぶことをおすすめしますが、中学英語の中でも極力シンプルな表現を使うようにすれば英会話は難しくありませんのでご安心を。

 

あなたが英語で挫折したことがあったとしても問題ありません。

当サイトの運営者である私がやさしく解説していきますので、ぜひ一緒に学んでみませんか?

あなたにもおもてなしの英語は必ずマスターできます!

 

もう一度ゼロからトライ!

英会話ができるようになるために、もう一度中学英語を学びましょうというお話をしました。

中学レベルの簡単な英語でも日常会話はできるということでしたね。

 

ほとんどの人が中学で英語を学んでこられたと思いますが、ちゃんと使いこなせていますか?

自信を持って「はい」と言えないなら、もう一度やり直したほうがよいと思います。

 

特に、TOEICでハイスコアを持っていたり、英検の上位級を持っている人は、今さら中学英語を学ぶことを躊躇するかもしれませんが、ここはプライドを捨てて復習することをおすすめします。

 

私自身もTOEICや英検を受けてきましたが、試験ための勉強と英会話の勉強は同じではないことを実感しています。

実際、英語の資格を持っていても英語を話せない人が多いですし、かつての私もそうでした。(ただし、先ほど紹介した「英語応対能力検定」は例外です。)

 

いずれにしましても、このページの冒頭のような悩みを持っているのなら、これまでの勉強を一度リセットしてみることです。

 

これまで一生懸命英語を勉強してきたのにほとんど話せない人は、勉強法が間違っているか、間違っていなくてもかなり非効率なやり方をしている可能性が高いです。

ですので、もう一度ゼロからやり直しましょう。

また、中学英語がまったく頭に残っていないという人であれば、それこそゼロから学んでいけばよいことです。

 

このサイトの名前になっている「ゼロトライ」は、もう一度ゼロからトライしよう!という思いから付けました。

現時点での英語力に関係なく、これから学んでいけば必ず話せるようになるという思いを込めています。

 

世の中には英会話のノウハウを教える教材はたくさんありますが、そういったものを参考にして実践してみたことがあるでしょうか?

実践してみたなら効果はいかがだったでしょうか?

 

私も英会話学習者の一人として参考にさせてもらうのですが、そもそも実践するのが難しいものが多いように感じます。

教材の著者の経歴は素晴らしく、ノウハウも立派だと思いますが、それを見た人たちが同じように実践できるかどうかはまた別の話です。

 

勉強法がどんなに優れていたとしても、実践できなければ、そして、効果が出なければ意味がありません。

英会話教材を買っても途中であきらめてしまう人が多いのは、こういうところに原因があるように思います。

 

当サイトで紹介する勉強法はシンプルで、目指す英語もシンプルです。

これまでに挫折したことがある人でも英会話ができるようになることを目指しています。

 

学び方としては基本的に「独学」です。

 

海外留学や英会話スクールはもちろん有力な選択肢にはなりますが、英語を話せるようになるための正しいプロセスを経ることができれば、ゼロからの独学であっても英会話をマスターすることは十分可能です。

 

私自身も海外留学の経験はありませんし、英会話スクールに通ったこともありません。

オンライン英会話の経験はありますが、それ以外はすべて独学でやってきました。

大事なのはどのような勉強(練習)をするかです。

 

当サイトでは中学英語の文法をひととおり学ぶことをおすすめしていますがこれは一人でできますし、覚えた文法を使って話す練習も一人でできます。

英会話学習のほとんどの部分は独学で可能なのです。

 

最後に、日本に来る外国人に自分のおもてなしで喜んでもらえたらこんな嬉しいことはありませんよね?

日本をもっと好きになってもらうためにも、ぜひ中学英語をマスターしておかれるとよいと思います。

 

あたなも初心に戻って、もう一度ゼロからトライしてみませんか?

タイトルとURLをコピーしました