スポンサーリンク

大阪を英語で説明しよう!独特の文化はこの表現で紹介

大阪の道頓堀にあるグリコの看板

東の東京に対し、独特の文化を築いているのが、西日本最大の街である「大阪」。魅力満載のこの街を、たくさんの外国人に知ってもらいたいですね。

ということで、大阪を英語で説明する際に役立つ表現のほか、表現の中に出てきた語句の意味や、補足情報などについてまとめました。

それでは順に見ていきましょう!


Osaka is Japan’s second largest city after Tokyo.
(大阪は、東京に次ぐ、日本第2の都市です。)


after はここでは「~に次ぐ」という意味です。

 

 


Osaka is located about 400 kilometers west of Tokyo.
(大阪は、東京から400kmほど、西に位置しています。)


be located は「位置している」、west は「西」という意味です。

 

 


The downtown area of Osaka is divided into “Kita” and “Minami”.
(大阪の繁華街は、「キタ」と「ミナミ」に分かれます。)


downtown area は「繁華街」、be divided into ~ で「~に分けられる」という意味です。

 

「キタ」や「ミナミ」は日本語ですので、英語での説明が必要になります。

“Kita” means the north area and “Minami” the south area.
(「キタ」は北部を、「ミナミ」は南部を、意味します。)

この文では、動詞の means が繰り返しになるため、後半では省略されています。

 

 


“Kita” is centered around Umeda and “Minami” around Namba and Shinsaibashi.
(「キタ」は梅田を、「ミナミ」は難波や心斎橋を、中心とする地域です。)


be centered around ~ で「~を中心とする」という意味です。

直前の文でもそうでしたが、動詞部分の is centered が繰り返しになるため、後半では省略されています。

 

 


Because Umeda is a business center, many high-rise buildings stand in “Kita”.
(梅田はビジネスの中心ですので、「キタ」にはたくさんの高層ビルが立ち並びます。)


high-rise building は「高層ビル」という意味です。

 

 


Because Namba is an entertainment center, many commercial facilities stand in “Minami”.
(難波は娯楽の中心ですので、「ミナミ」にはたくさんの商業施設が立ち並びます。)


entertainment は「娯楽」、commercial facility は「商業施設」という意味です。

 

 


Osaka is called “Kuidaore” town.
(大阪は「くいだおれ」の街と言われます。)


「くいだおれ」の説明をしておきましょう。

“Kuidaore” means that you easily spend all your money on food and drinks.
(「くいだおれ」とは、飲食に簡単に全財産を費やしてしまうことを意味します。)

 

 


There is a famous doll called “Kuidaore Taro” in Dotonbori.
(道頓堀には、「くいだおれ太郎」という、有名な人形があります。)


doll は「人形」という意味です。

 

くいだおれ太郎

 

目的を簡単に説明しておきましょう。

The doll is placed to promote the restaurant.
(その人形は、飲食店を宣伝するために設置されています。)

place は「~を設置する」、promote は「~を販売促進する、宣伝する」という意味です。

 

 


When the Hanshin Tigers won, a lot of people dived into the Dotonbori River.
(阪神タイガースが優勝したとき、たくさんの人が道頓堀川に飛び込みました。)


win は「勝つ、優勝する」、dived into ~ は「~に飛び込む」という意味です。

 

飛び込む理由を補足しておきましょう。

They just want to attract people’s attention.
(彼らは目立ちたいだけです。)

attract は「~を引き付ける」、attention は「注意、注目」という意味です。

 

 


Glico Sign is a billboard symbolizing “Minami”.
(グリコの看板は、「ミナミ」を象徴する看板です。)


billboard は「看板、広告板」、symbolize は「~を象徴する」という意味です。

 

グリコの看板

 

看板の大きさも補足しておきましょう。

It has a height of 20 meters and a width of 10 meters.
(高さは20m、幅は10m、です。)

height は「高さ」、width は「幅」です。

 

次に、看板が設置されている場所についての補足説明です。

The huge billboard is placed at the edge of Ebisubashi, which is a famous bridge over the Dotonbori River.
(その巨大な看板は、道頓堀川にかかる有名な橋である、戎橋のたもとに設置されています。)

huge は「巨大な」、edge は「端、へり」という意味です。

 

この文は、関係代名詞の非制限用法(, which)が使われていますが、この部分で次のように2つに分けてもよいと思います。

The huge billboard is placed at the edge of Ebisubashi.
(その巨大な看板は、戎橋のたもとに設置されています。)

Ebisubashi is a famous bridge over the Dotonbori River.
(戎橋は、道頓堀川にかかる有名な橋です。)

 

その戎橋についても触れておきましょう。ということで、次の文です。

 

 


Ebisubashi is always bustling and an average of 200,000 people cross the bridge per day.
(戎橋はいつも人出で賑わっていて、1日平均20万人がこの橋を渡ります。)


語句の意味は次のとおり。

bustling「騒がしい、賑やかな」

average「平均」

cross「~を渡る、横断する」

per「~につき」

 

次のように、よりやさしい表現を使い、さらに、文を2つに分けることで、伝えやすくなると思います。

Ebisubashi is always crowded with people.
(戎橋はいつも人で賑わっています。)

About 200,000 people cross the bridge each day.
(毎日、約20万人がこの橋を渡ります。)

be crowded with ~ で「~でにぎわう、~で混雑する」、each day は「毎日」という意味です。

 

戎橋は「ひっかけ橋」としても知られています。ということで、次の文です。

 

 


Ebisubashi is also famous as a pickup spot.
(戎橋は、ナンパスポットとしても有名です。)


pickup は「ナンパ」です。

 

スポンサーリンク

 


The billboard for a crab specialty restaurant called “Kani Doraku” is also famous.
(「かに道楽」という、かに料理専門店の看板も、有名です。)


crab は「かに」、specialty は「専門」という意味です。

 

かに道楽の看板

 

特徴を簡単に補足説明しておきましょう。

It is placed above the main entrance, and you can see the huge crab’s legs moving.
(正面玄関の上に設置されていて、巨大なかにの脚が動いているのがわかります。)

leg は「脚」、move は「動く」という意味です。

 

 


The huge pufferfish lantern is also famous.
(巨大なフグの提灯も有名です。)


pufferfish は「フグ」、lantern は「提灯」という意味です。

 

づぼらやのフグ提灯

 

これも補足説明しておきましょう。

It’s hanging out in the store front of a pufferfish restaurant called “Zubora-ya”.
(「づぼらや」という、フグ料理店の店頭に、吊り下がっています。)

ちなみに、「フグ」は blowfish とも言えます。

 

 


Osaka Castle is one of the symbols of Osaka.
(大阪城は、大阪のシンボルの一つです。)


これは問題ありませんね。

 

大阪城

 

 

The castle was built by Toyotomi Hideyoshi, a famous warlord in the Sengoku period.
(その城は、戦国時代の有名な武将である、豊臣秀吉によって築かれました。)

warlord は辞書的には「地方で権力を持った指揮官」といった意味ですが、豊臣秀吉は戦国時代~安土桃山時代の人物ですので「武将」が適切だと思います。

 

「安土桃山時代の…」としたいのであれば

in the Sengoku period → in the Azuchi-Momoyama period

とすればOKです!

 

 


There is a famous movie theme park called “Universal Studios Japan”, where you can enjoy the world of Hollywood movies.
(「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」という有名な映画テーマパークがあり、そこではハリウッド映画の世界を楽しむことができます。)


関係副詞の非制限用法(, where)の部分は

… “Universal Studios Japan” and you can enjoy …

という感じで、and でつないでもよいと思います。

 

 


Tsutenkaku is a famous observation tower and is also a landmark of Osaka.
(通天閣は有名な展望塔で、大阪のランドマークでもあります。)


observation tower は「展望塔」、landmark は「(旅行者などにとっての)目印、ランドマーク」という意味です。

landmark → symbol に置き換え可能です。

 

通天閣

 

次のような紹介の仕方もあります。

Tsutenkaku is a tourist attraction representing Osaka.
(通天閣は大阪を代表する観光名所です。)

tourist attraction は「観光名所」、represent は「~を表す、象徴する」という意味です。

 

塔ですので、高さについて補足しておきましょう。

The total height is 108 meters.
(高さは108mです。)

この文で total(全体の)を使っているのは、塔自体の高さ(100m)と避雷針の高さ(8m)が合算されているからです。そこまで厳密に考えないのであれば、total を入れる必要はありません。

 

 


In Osaka, there is “Abeno Harukas”, which is the tallest building in Japan.
(大阪には、日本で最も高いビルである、「あべのハルカス」があります。)


関係代名詞の非制限用法(, which)の部分は

… “Abeno Harukas” and it is the tallest …

という感じで、and でつないでもよいと思います。

 

あべのハルカス

 

これも高さについて補足しておきましょう。

It’s 300 meters high and has 60 floors.
(高さ300m、地上60階、です。)

 

ただ、このビルの高さを超える超高層ビルが、東京に建設される予定のようですので、完成すればあべのハルカスについて「日本一高いビル」という説明はできなくなります。

 

 


Takoyaki and Okonomiyaki are Osaka’s famous food.
(たこ焼きとお好み焼きが、大阪の名物です。)


famous food は直訳すると「有名な食べ物」ですが、これで「名物」を意味します。

「名物」は specialty で表すこともできます。 複数形ですと specialties となります。

Takoyaki and Okonomiyaki are specialties of Osaka.

こういう使い方をします。

 

たこ焼きとお好み焼きが何なのか、簡単に説明しておきましょう。

<たこ焼き>

Takoyaki is ball-shaped food made of wheat-flour dough.
(たこ焼きは、小麦粉生地で作った、ボール状の食べ物です。)

It has diced octopus inside.
(角切りのタコが中に入っています。)

語句の意味は次のとおり。

wheat-flour dough「小麦粉生地」

diced「角切りの」

octopus「タコ」

inside「中に」

 

<お好み焼き>

Okonomiyaki is a kind of pancake.
(お好み焼は、パンケーキの一種です。)

It has a variety of ingredients such as shredded cabbage, meat and squid inside.
(刻みキャベツ、肉、イカなど、様々な具材が中に入っています。)

語句の意味は次のとおり。

a kind of ~「~の一種」

a variety of ~「様々な~」

ingredient「材料、原料」

such as ~「~など」

shredded cabbage「刻みキャベツ」

squid「イカ」

 

 


The area including Osaka and the surrounding prefectures is called “Kansai”.
(大阪とその周辺の県を含めた地域を「関西」と言います。)


語句の意味は次のとおり。

area「地域」

include「~を含む」

surrounding「周囲の、周辺の」

prefecture「県、府」

 

 


The people of Osaka speak their own dialect called “Osaka-ben” or “Kansai-ben”.
(大阪の人たちは、「大阪弁」または「関西弁」と呼ばれる、独特の方言を話します。)


dialect は「方言」という意味です。

 

関西弁の特徴の一つを補足しておきましょう。

Osakans stand out outside of Kansai region because of their Kansai accent.
(関西なまりのため、大阪人は関西の外では、目立ちます。)

語句の意味は次のとおり。

Osakan「大阪人」

stand out「目立つ」

outside of ~「~の外で」

region「地方」

accent「なまり」

 

 


Not all Osakans are fans of the Hanshin Tigers.
(すべての大阪人が阪神ファンというわけではありません。)


not all は部分否定です。つまり、「阪神ファンでない人もいる」ということです。

 

全体否定との違いを確認しておきましょう。

All Osakans are not fans of the Hanshin Tigers.
(すべての大阪人が阪神ファンではありません。)

ポイントは not を all の「前」に置くか「後」に置くかです。

 

 


Osaka sees Tokyo as a rival.
(大阪は東京にライバル意識を持っています。)


see ~ as a rival で「~にライバル意識を持つ」という意味です。

 

大阪人の性格について、簡単に補足説明しておきましょう。

Osakans have a strong civic identity.
(大阪人は強い地元意識を持っています。)

civic は「市民の」、identity は「同一性」という意味です。

 

 


Osakans’ sense of humor is rooted in their culture of comedy.
(大阪人のユーモアのセンスは、彼らのお笑いの文化に根差しています。)


sense of humor は「ユーモアのセンス」、be rooted in ~ は「~に根差している、~に起源を持つ」という意味です。

 

 


Osakans are generally talkative.
(大阪人は概して、よくしゃべります。)


generally は「概して」、talkative は「口数の多い、話し好きな」という意味です。

 

 


It takes about two and a half hours from Osaka to Tokyo by Shinkansen.
(大阪から東京まで、新幹線で、2時間半くらいかかります。)


「新幹線」は bullet train でもOKです!

 

 

以上ですが、いかがでしたでしょうか?

大阪は観光名所が多く、独特の文化を持っている、特徴的な街ですので、外国人に紹介するべきポイントもたくさんありますね。

大阪を英語で説明する機会がありましたら、今回ご紹介した英文が少しでも参考になれば幸いです!

タイトルとURLをコピーしました