スポンサーリンク

おにぎりを英語で説明しよう!お弁当の代名詞を外国人に紹介

おにぎり

日本で古くから携行食として愛されているのが「おにぎり」。お弁当の代名詞ともいえるこの便利な食べ物を、外国人に紹介してあげましょう。

ということで、おにぎりを英語で説明する際に使える表現、および、語句の意味や補足情報についてまとめました。

それでは順に見ていきましょう!


Onigiri refer to rice balls.
(おにぎりは rice balls のことです。)


refer to ~ で「~を表す、~を意味する」という意味で、物事を説明するときによく使われます。

ここでは onigiri を複数扱いしています。

 

be動詞を使って次のように表現することもできます。

Onigiri are rice balls.

 

あるいは、次のような言い方もできます。

We call rice balls “onigiri” in Japan.
(日本では、rice balls のことを「おにぎり」と言います。)

call ○ △ で「○を△と呼ぶ」という意味です。

 

 


Onigiri are balls of rice with some ingredients placed inside.
(おにぎりは、ボール状のご飯に具材を入れたものです。)


語句の意味は次のとおり。

ingredient「材料」

place「~を置く」

inside「~の内部に」

 

 


Usually, onigiri have round or triangular shapes.
(たいてい、おにぎりは円形か三角形をしています。)


語句の意味は次のとおり。

usually「たいてい」

round「円形の」

triangular「三角の」

shape「形」

 

 


Onigiri are often wrapped with dried seaweed.
(おにぎりは、乾燥海藻で包まれていることが多いです。)


be wrapped with ~ で「~で包まれている」、dried seaweed は「乾燥海藻」という意味です。

 

 


There are also onigiri specialty shops.
(おにぎりの専門店もあります。)


specialty shop は「専門店」という意味です。

 

おにぎり専門店の特徴を簡単に補足しておきましょう。

 

They offer a greater variety of onigiri than convenience stores.
(コンビニより多くの種類のおにぎりを提供しています。)

They also offer take-out service.
(持ち帰りサービスも提供しています。)

You can also eat onigiri on the premises.
(店内でおにぎりを食べることもできます。)

 

語句の意味は次のとおり。

offer「~を提供する」

a great variety of ~「幅広い種類の~」

take-out service「持ち帰りサービス」

on the premises「敷地内(構内・店内)で」

 

スポンサーリンク

 


It’s common to take onigiri for events like cherry blossom viewing and field trips.
(花見や遠足などの行事に、おにぎりを持っていくのは、一般的です。)


語句の意味は次のとおり。

common「一般的な」

cherry blossom viewing「花見」

field trip「遠足、校外学習」

 

 


Onigiri are one of the leading products in convenience stores.
(おにぎりは、コンビニの主力商品の一つです。)


leading product で「主力商品」という意味です。

 

形容詞の部分は

biggest-selling「最も売れている」

most popular「最も人気のある」

などの表現も使えます。

 

 


Every convenience store is active in developing new onigiri.
(どのコンビニも、新しいおにぎりの開発に力を入れています。)


語句の意味は次のとおり。

every「あらゆる、すべても」

be active in ~「~に活動的である」

develop「~を開発する」

 

 


The popular ingredients of onigiri include tuna with mayonnaise, dried bonito flakes, kelp, and pickled plums.
(おにぎりに人気の具材は、ツナマヨ、かつお、昆布、梅干しなどです。)


語句の意味は次のとおり。

include「~を含む」

tuna「まぐろ」

mayonnaise「マヨネーズ」

dried bonito flake「かつお節」

kelp「昆布」

pickled plum「梅干し」

 

おにぎりの具としては、他にも、以下のようなものがあります。

cod roe「たらこ」

spicy cod roe「明太子」

salmon「鮭」

 

 


Grilled rice balls are called “yaki onigiri” and they are also popular as frozen food.
(焼いた rice balls は「焼きおにぎり」と呼ばれており、冷凍食品としても人気です。)


grill は「焼き網で焼く」、frozen food は「冷凍食品」という意味です。

 

焼きおにぎりの特徴を簡単に補足説明しておきましょう。

Yaki onigiri don’t have ingredients inside.
(焼きおにぎりは、中に具が入っていません。)

Yaki onigiri are usually seasoned with soy sauce.
(焼きおにぎりは、たいてい、しょう油で味付けされています。)

season は「~に味を付ける」、soy sauce は「しょう油」という意味です。

 

 


Because onigiri are compact and portable, they are suitable for box lunches.
(おにぎりは、コンパクトで持ち運びに便利なので、お弁当に適しています。)


語句の意味は次のとおり。

compact「コンパクトな」

portable「持ち運びに便利な、携帯用の」

suitable for ~「~に適している」

box lunch「弁当」

 

 


When you buy onigiri at a convenience store, you are asked at the register whether you want them heat up.
(コンビニでおにぎりを買うと、温めるかどうか、レジで聞かれます。)


語句の意味は次のとおり。

register「(店の)レジ」

whether「~かどうか」

heat up ~「~を温める」

 

heat up → warm up に置き換え可能です。

 

 

以上ですが、いかがでしたでしょうか?

おにぎりを英語で説明する際に、覚えておきたい語句を、以下にまとめておきます。

 

ingredient「材料」

round「円形の」

triangular「三角の」

dried seaweed「乾燥海藻」

cherry blossom viewing「花見」

field trip「遠足、校外学習」

tuna「まぐろ」

mayonnaise「マヨネーズ」

dried bonito flake「かつお節」

kelp「昆布」

pickled plum「梅干し」

cod roe「たらこ」

spicy cod roe「明太子」

salmon「鮭」

box lunch「弁当」

heat up ~「~を温める」

warm up ~「~を温める」

 

ぜひ参考にしてください!

タイトルとURLをコピーしました