スポンサーリンク

お好み焼きを英語で説明しよう!人気鉄板焼きを外国人に紹介

お好み焼き

焼きそばとともに、鉄板を使った料理として人気なのが「お好み焼き」。この鉄板焼きの代表選手を外国人に紹介してあげましょう。

ということで、お好み焼きを英語で説明する際に使える表現、および、語句の意味や補足情報についてまとめました。

それでは順に見ていきましょう!


Okonomiyaki is a Japanese-style pancake made by mixing the ingredients into a flour-based batter and grilling them on an iron plate.
(お好み焼きは、小麦粉ベースの生地に具材を混ぜ、鉄板の上で焼いて作る、日本式のパンケーキです。)


語句の意味は次のとおり。

ingredient「材料、原料」

flour「小麦粉」

batter「衣用生地」

grill「焼く」

iron plate「鉄板」

 

「お好み焼き」という食べ物のイメージを与えるために、ここでは「日本式のパンケーキ」としました。

 

一つの文で説明するのではなく、2つの文に分けると伝えやすいと思います。

ポイントは

・日本式のパンケーキであること
・小麦粉ベースの生地に具材を混ぜて、鉄板の上で焼くこと

ですので、これらをそれぞれ単独で英文にします。

 

Okonomiyaki is a Japanese-style pancake.
(お好み焼きは、日本式のパンケーキです。)

First, you mix the ingredients into a flour-based batter, and then grilling them on an iron plate.
(まず小麦粉ベースの生地に具材を混ぜて、次に鉄板の上で焼きます。)

first ~, then ~ で「まず~、次に~」という意味で、順序を伝えるときに使える表現です。

 

味について一つ補足しておきましょう。

Unlike other pancakes, okonomiyaki is not sweet.
(他のパンケーキと違い、お好み焼きは甘くありません。)

unlike は「~と違って」という意味です。

 

 


Okonomiyaki can be broadly divided into Kansai and Hiroshima styles.
(お好み焼きは、関西風と広島風に、大きく分けることができます。)


broadly は「大まかに」、divide は「~を分ける」という意味です。

 

 


If you say “okonomiyaki”, it usually refers to “Kansai-style okonomiyaki”.
(「お好み焼き」と言ったら、一般的に「関西風のお好み焼き」を指します。)


refer to ~ で「~を指す」という意味です。

 

広島風のお好み焼きについて、その特徴を簡単に説明しておきましょう。

ということで、次の文です。

 

 


In Hiroshima-style okonomiyaki, Chinese noodles is put on top of the batter.
(広島風のお好み焼きでは、中華麺を生地の上に乗せます。)


Chinese noodles は「中華麺」という意味です。

 

広島風お好み焼き

 

スポンサーリンク

 


Modan-yaki is a kind of okonomiyaki whose main ingredient is Chinese noodles.
(モダン焼きは、中華麺を主な具材としている、お好み焼きの一種です。)


a kind of ~ で「~の一種」、main は「主な」という意味です。

所有格の関係代名詞(whose)を使った文です。

 

 


Modan-yaki is similar to Hiroshima-style okonomiyaki in that Chinese noodles are used.
(中華麺を使うという点で、モダン焼きは広島風お好み焼きと似ています。)


be similar to ~ in that … で「…の点で~と似ている」という意味になります。

 

 


Whether okonomiyaki is cooked by the staff or by the customers themselves depends on the restaurant.
(お好み焼きを、店の人が作るのか客が自分で作るのかは、お店によります。)


語句の意味は次のとおり。

whether 〇 or △「〇か△か」

customer「客」

themselves「彼ら自身」

depend on ~「~次第で」

 

 


Okonomiyaki is served with a special sauce and mayonnaise.
(お好み焼きは、専用のソースとマヨネーズを付けて、提供されます。)


serve は「(食事や飲み物を)出す」という意味です。

 

ソースとマヨネーズ以外にも加えるものがありますね。

It’s also common to add green seaweed flakes or dried bonito flakes.
(青のりやかつお節を加えるのも一般的です。)

語句の意味は次のとおり。

common「一般的な」

add「~を加える」

green seaweed flakes「青のり」

dried bonito flakes「かつお節」

 

 


When you eat okonomiyaki, green seaweed flakes get stuck to your teeth.
(お好み焼きを食べると、青のりが歯にくっつきます。)


get stuck で「(汚れなどが)こびり付く」、teeth は tooth(歯)の複数形です。

 

 


Many okonomiyaki restaurants serve yakisoba as well as okonomiyaki.
(多くのお好み焼き店では、お好み焼きだけでなく、焼きそばも提供しています。)


○ as well as △ で「△だけでなく○も」という意味です。

 

 


Along with takoyaki, okonomiyaki is Osaka’s famous food.
(たこ焼きと並び、お好み焼きは大阪の名物です。)


along with ~ で「~と並んで」という意味です。

famous food は直訳すると「有名な食べ物」ですが、これで「名物」を意味します。

 

「名物」は specialty で表すこともできます。

Along with takoyaki, okonomiyaki is a specialty of Osaka.

こういう使い方をします。

 

 


There is a dish called “monjayaki”, which is similar to okonomiyaki.
(お好み焼きに似ている、「もんじゃ焼」」という料理があります。)


関係代名詞の非制限用法(, which)が使われていますが、これを使わずに伝えることもできます。

There is a dish called “monjayaki” and it’s similar to okonomiyaki.
(「もんじゃ焼」」という料理があって、それはお好み焼きに似ています。)

 

特徴を簡単に補足しておきましょう。

The batter of Monjayaki is runnier than that of okonomiyaki.
(もんじゃ焼きの生地は、お好み焼きの生地より、汁っぽいです。)

runnier は runny「(液体が)流れやすい、粘性が低い」の比較級です。

 

ちなみに、もんじゃ焼きは東京の発祥です。これも説明しておきましょう。

Monjayaki originated from Tokyo, while okonomiyaki originated from Osaka.
(お好み焼きは大阪発祥ですが、もんじゃ焼きは東京発祥です。)

originate from ~ で「~が起源である」、while は「…なのに対し」という意味です。

 

 

以上ですが、いかがでしたでしょうか?

お好み焼きを英語で説明する上で、覚えておきたい語句が出てきましたので、ここでまとめておきます。

 

ingredient「材料、原料」

flour「小麦粉」

batter「衣用生地」

grill「焼く」

iron plate「鉄板」

Chinese noodles「中華麺」

green seaweed flakes「青のり」

dried bonito flakes「かつお節」

 

これらはいずれも、お好み焼き以外の料理を説明する際にも使えます。

ぜひ参考にしてください!

タイトルとURLをコピーしました