スポンサーリンク

おでんを英語で説明しよう!冬の定番料理はこの表現で紹介

私たち日本人にとって冬に欠かせない鍋料理の一つがおでん。そんなおでんを外国人に英語で紹介してあげましょう。

ということで、おでんを英語で説明する上で役立つ表現と、語句の意味および言い換え表現などをまとめました。

それでは順に見ていきましょう!


Oden is a hot pot dish of a variety of ingredients simmered in a soy-flavored broth.
(おでんは、様々な具材を醤油味のだし汁で煮込んだ鍋料理です。)


語句の意味は次のとおり。

pot「深鍋」 ※hot pot dish で「鍋料理」です。

a variety of ~「様々な~」

ingredient「(料理の)材料」

simmer「~をぐつぐつ煮る」

soy-flavored「しょうゆ味の」

broth「だし汁、スープ」

これらの語句は、いずれも鍋料理を説明する際によく使われますので、覚えておくと便利です。

 

もちろん、次のように2つに分けてもよいですね。

Oden is a hot pot dish.
(おでんは鍋料理です。)

A variety of ingredients are simmered in a soy-flavored broth.
(様々な具材を醤油味のだし汁で煮込みます。)

どんな具材を煮込むのか?ですが、それが次の文です。

 

 


Popular ingredients include daikon, chikuwa, konnyaku, boiled eggs, and deep-fried tofu.
(人気の具には、大根、ちくわ、こんにゃく、ゆで卵、厚揚げ、などがあります。)


include は「~を含む」という意味です。

おでんの具の多くは英語での決まった表現がないため、原材料などを説明する形になります。ですので、表現の仕方はいくらでもあります。

以下にいくつかあげておきます。

ちくわ
tube-shaped fish cake

ちくわぶ
tube-shaped cake of flour paste

がんもどき
deep-fried mashed tofu mixed with vegetables

はんぺん
solidified paste made with minced fish

つみれ
fish dumplings

ロールキャベツ
stuffed cabbage

 

 


Oden is considered a winter dish.
(おでんは冬の料理と見なされています。)


consider ○ △ で「○を△と見なす」という意味になります。

ここでは

○ → oden
△ → a winter dish

に該当します。

 

人を主語にした

People consider oden a winter dish.
(人々はおでんを冬の料理と見なしています。)

という文の中の oden を主語にしたため、動詞の consider が受動態になっています。

 

ちなみに、

consider ○ to be △ という形でも同じ意味になるため、

People consider oden to be a winter dish.

そして、これを受動態にした

Oden is considered to be a winter dish.

という形をとることも可能です。

 

また、consider を使わず

People usually eat oden in winter.
(たいてい人々はおでんを冬に食べます。)

People eat oden more often in winter than in summer.
(人々は夏より冬におでんをよく食べます。)

と伝えてもよいですね。

いずれも中学英文法に忠実な英文です。

 

スポンサーリンク

 


You eat oden with mustard.
(おでんはからしを付けて食べます。)


mustard は「からし」です。

Mustard goes well with oden.
(からしはおでんによく合います。)

なんていう文を付け加えておくとよいですね。go well with ~ で「~とよく合う」という意味です。

 

 


The name “oden” comes from a dish called “dengaku”.
(「おでん」という名称は「田楽」という料理から来ています。)


おでんのルーツは、

田楽 → お田楽 → おでん

です。

 

 


Oden stalls are popular with businessmen who are on their way home from work.
(おでん屋台は会社帰りのビジネスマンに人気です。)


語句の意味は次のとおり。

stall「屋台」

be popular with ~「~に人気」

on one’s way home from work「会社帰りに」

 

この文では関係代名詞(who)が使われています。

関係代名詞を使わず「ビジネスマン」を主語にして、次のようにしてもよいですね。

Businessmen often stop by at oden stalls on their way home from work.
(ビジネスマンは会社帰りによくおでん屋台に立ち寄ります。)

stop by at ~ で「~に立ち寄る」という意味です。

 

 


Oden is popular home cooking for children.
(おでんは子どもたちにとって人気の家庭料理です。)


home cooking で「家庭料理」という意味です。

 

 


In winter oden is sold at most convenience stores.
(冬にはほとんどのコンビニでおでんを販売しています。)


もちろん、「コンビニ」を主語にして

Most convenience stores sell oden in winter.
(ほとんどのコンビニが冬におでんを販売しています。)

あるいは、一般的な「人」を表す you を主語にして

In winter you can buy oden at most convenience stores.
(冬にはほとんどのコンビニでおでんを買うことができます。)

でもOKです!

 

 


Ingredients and seasoning vary according to region.
(具材や味付けは地域によって異なります。)


語句の意味は次のとおり。

seasoning「味付け」

vary according to ~「~によって異なる」

region「地域」

 

「地域によって異なる」には他にも次のような表現があります。

vary from region to region

differ from region to region

 

ということで、「○によって異なる」は次のように覚えておくとよいと思います。よく使われる便利な表現です。

vary[differ] according to ○

vary[differ] from ○ to ○

 

 


There is a difference of opinion as to whether oden goes with rice.
(おでんがご飯に合うかどうかについては意見が分かれています。)


語句の意味は次のとおり。

difference「相違」

opinion「意見」

as to ~「~について」

whether「~かどうか」

go with ~「~に合う」

 

次のように表現してもいいですね。

Some people insist that oden goes with rice, others insist that oden doesn’t go with rice.
(おでんはご飯に合うという人もいれば、おでんはご飯に合わないという人もいます。)

Some …, others … で「・・・するものもあれば・・・するものもある」という意味になります。

insist は「(~であると)主張する」という意味です。

 

 

以上ですが、いかがでしたでしょうか?

今回も料理独特の表現や語句がたくさん出てきました。

例えば、以下は他の料理を説明する際にも使えます。

hot pot dish「鍋料理」

ingredient「(料理の)材料」

simmer「~をぐつぐつ煮る」

soy-flavored「しょうゆ味の」

broth「だし汁、スープ」

stall「屋台」

home cooking「家庭料理」

seasoning「味付け」

go (well) with ~「~に(よく)合う」

 

ぜひ参考にしてください!

タイトルとURLをコピーしました