スポンサーリンク

英会話が上達しない理由はコレ!挫折する前に原因を探そう

一生懸命学習しているのに英会話が上達しない・・・。それにはもちろん、理由があります。ここでは考えられる原因についてお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

文法を疎かにしていませんか?

英会話の基礎は文法です。文法の学習なくして英会話は上達しません。ということで、英会話学習の最初に文法をひととおり学習し直すことをおすすめしています。

文法と言いましても、大学受験で問われるような難しいものではなく、中学レベルで十分です。中学や高校で英語が得意だった人ももう一度復習しておいたほうが無難です。

英会話学習では表現もたくさん覚えていきますが、その中で覚えた表現を言い換えたり、一部の語句を入れ替えたりする練習をします。その際に文法の知識がないとどうしてもミスが発生しやすくなります。

当サイトでは、身につけた文法を駆使して英文を瞬時に作るトレーニングができる『瞬間英作文』という教材をおすすめしています。

この教材でトレーニングするにも、文法の知識がないとトレーニングになりません。なぜなら、正しい英文を組み立てることができないからです。もちろん、実際の英会話でも正しい英文を話すことはできません。

実際にネイティブと会話をしている時にはミスをいちいち気にする必要はありませんが、学習においてミスを放置してしまうと上達していきません。

文法は英文を組み立てる際の道具になるものですので、英会話の学習に欠かすことはできないのです。

すでに英会話の学習を長く続けている場合であっても、文法があやふやだったり不安に感じているのであれば、もう一度ひととおり学習しておくことです。

 

スポンサーリンク

 

能動的に学習できていますか?

NHKの英語講座を毎日聞いていたり、英会話スクールに通っていると、そのうち自然にできるようになると思っていませんか?もしそうだとしたら、今すぐ認識を改めたほうがよいです。

なぜなら、それらを能動的に活用できていなければ、ほとんど効果がないからです。

英会話学習者の多くは何らかの教材や講座を利用していると思いますが、受動的な姿勢だと頭にほとんど残らないため、時間をかけている割には学習効果は低いです。

例えば、次のような表現を学んだとしますね。

How long does it take to walk to Tokyo Station?
(東京駅まで歩いてどのくらいかかりますか?)

この表現を何度か音読しただけでは使えるようにはなりません。

完全にマスターしたと言えるためには、言い換えができるようになったり、類似表現を覚えたり、あるいは、返答の仕方をあわせて学習する必要があります。

上記の文で「歩いて」→「車で」に言い換えると

How long does it take to drive to Tokyo Station?

となります。

※表現の仕方は一つではなく、何通りもあります。

また、返答についても

It takes about five minutes on foot.
(歩いて5分くらいかかります)

が一つの返答表現になりますが、これとあわせて

「on foot」を「by bus」や「by train」と入れ替えることでそれぞれ「バスで」や「電車で」になりますので、こうした表現がスムーズに出てくるようになるまで練習します。

これは一例であって、どんな内容であっても自分が今後使うことを想定して練習する必要があります。学んだ内容は必ず自分のものにするという意識が大事です。

一言で言いますと「復習する」ということになりますが、ただ学んだことだけをなぞっていても使えるようにならないんですね。だからこそ、自分で能動的に練習していかないといけないのです。

NHKの英語講座を聞き続けていればいつかはできるようになる、英会話スクールに通っていればいつかは話せるようになる、と思っていても、受動的な姿勢ではその「いつか」はやってこないのです。

 

目標が漠然としていませんか?

英会話学習の目標が漠然としたものになっていませんか?ここで言う漠然というのは「何でもいいから話せるようになりたい」といったものです。

ほぼネイティブのように思ったことを自由自在に話せるようになることを思い描いているのであれば、すぐに到達できるレベルではないと言わざるを得ません。

もちろん、最終的には目指すところではありますが、これから英会話を学んでいこうとする初級~中級レベルの人にとっては「言いたいことを何でも話せるようになる」というのはハードルが高すぎます。

ですので、まずは自分が必要とする英語が話せるようになることを目指すことです。海外旅行での会話、ビジネスでの会話、道案内での会話など、状況を絞って学習するとその目標が早く達成できます。

ある状況でよく使われる表現や語彙に数多く接することになりますので、効率的覚えることができて学習効果がアップします。

こうした小さな目標が達成できれば学習のモチベーションにつながりますし、そこからさらに英会話の学習を続けていくことで、英語で話せる範囲がどんどん広がっていきます。

もし、特に必要とする状況がないというのであれば、何か一つ定めてみるとよいと思います。

「英語応対能力検定」という試験があるのですが、この試験では「販売」「宿泊」「飲食」「鉄道」「タクシー」「一般」の各業種が設定されていますので、このどれかにあわせて学習するのも一つの方法です。

例えば「販売」の試験を受けることになれば、販売で使われる英語表現をたくさん覚えることになりますし、「鉄道」であれば鉄道で使われる表現をたくさん覚えることになります。

何か一つに焦点を絞ることで非常に濃い学習ができますので、上達をより早く実感することができます。そして、そこからまた別の業種に挑戦するといった形で広げていけば英会話力が全体的に伸びていきます。

ちなみに「英語応対能力検定」は、日本に来る外国人に対して基本的な英語で応対する能力を測る試験で、実用に近い英語が試されるようになっています。

この試験のための公認教材も発売されていますので対策も立てやすく、英会話学習のペースメーカーとしてもおすすめです。

いずれにしましても、目標が漠然としていてはいつまでたっても上達が実感できないため挫折につながります。「◯◯で使われる英語をマスターしてみよう!」まずはここを定めてみてください。

タイトルとURLをコピーしました