スポンサーリンク

名前を英語で伝えよう!自己紹介で使える表現をマスター

 

名前を英語で伝える

自己紹介などで自分の名前を名乗る機会があると思います。ここでは、名前にまつわる英語での表現をまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

名前(フルネーム)を伝える

自分の名前を言うとき

My name is …

と表現する人が多いようですね。

 

例えば、「山田太郎」という名前であれば、次のようになります。

My name is Yamada Taro.
(私の名前は山田太郎です。)

 

しかし、もっと簡単に

I’m …

を使って次のように表現することもできます。

I’m Yamada Taro.
(私は山田太郎です。)

 

どちらも名前を伝える際に使いますが、この2つの表現はまったく同じように使われるわけではありません。ニュアンスが異なりますので、状況によって使い分けるのがベターです。

 

My name is … のほうは、公の場で名乗る場合に使います。例えば、スピーチでの挨拶や名刺交換が伴うようなシチュエーションでの自己紹介などがそうです。かしこまった感じですね。

一方、I’m … のほうは、カジュアルな場面で使います。例えば、初対面での自己紹介などがそうです。

 

ただ、この使い分けについては、それほど神経質になる必要はないと思います。

フォーマル → My name is …

カジュアル → I’m …

という使い分けがある、ということを頭に入れておく程度で十分だと思います。

 

そもそもこちらはノンネイティブですので、使い方が間違ったからといって、悪い印象を持たれることはほとんどないでしょう。

もし、迷った場合は、より丁寧な表現である

My name is …

を使えば問題ないと思います。

 

ちなみに、スピーチなどの挨拶で自己紹介するときは、いきなり名前を言うのではなく、前置きすることもあります。次のような表現を、決まりきった表現として、覚えておくと便利です。

Let me introduce myself.
(自己紹介させていただきます。)

introduce は「~を紹介する」という意味です。

 

そして、その後に名前を言うときには、スピーチですので、

My name is …

ですね。

 

ちなみに、名前を言うときは、日本語のように「姓」→「名」の順でOKです!一昔前までは逆でしたが、近年はこちらの順で言うのが一般的になっています。

 

スポンサーリンク

 

希望する呼ばれ方を伝えるとき

カジュアルな場面で、自分の名前に対して「このように呼んでほしい」という希望があれば、それを伝えましょう。

「苗字」または「下の名前」のどちらかで呼んでほしいのであれば、次のような表現をします。

Please call me by my family[last] name.
(苗字で呼んでください。)

Please call me by my first name.
(下の名前で呼んでください。)

 

名前が「山田太郎」であれば、

family name または last name → 山田

first name → 太郎

となります。

 

日本人によくある名前であれば、どちらが苗字で、どちらが下の名前か、ネイティブでもわかると思いますが、一応説明しておくと親切です。

Yamada is my family[last] name.
(山田が苗字です。)

Taro is my first name.
(太郎が下の名前です。)

 

また、日本語と英語では「姓」と「名」の順番が逆になりますので、そのことを補足してもよいですね。

The family name comes first in Japanese.
(日本語では、姓を先に言います。)

 

ニックネームなど、具体的な希望があれば、それを伝えるのもよいでしょう。

Please call me “Hiro”.
(「ヒロ」と呼んでください。)

call A(人)B(呼び方)で「AをBと呼ぶ」という意味です。

 

You can just call me “Hiro”.
(ただ「ヒロ」と呼んでください。)

という表現も使えます。

 

 

名前の由来を伝えるとき

まず、誰が自分の名前を付けたのか説明するのであれば、name を動詞として使って次のように表現します。

My father named me.
(父が私の名前を付けました。)

name は「~に名前をつける」という意味です。

 

自分の名前が、何か(誰か)にちなんで付けられたのであれば、次のように表現します。

I was named after a famous athlete.
(有名なスポーツ選手にちなんで名付けられました。)

be named after ~ で「~にちなんで名付けられる」という意味で、after の直後に由来になったものを置きます。

 

次のような使い方もできます。

I was named Hanako after my grandmother.
(私は、祖母にちなんで花子と名付けられました。)

name には「~に〇〇と命名する」という使い方もあります。目的語を2つ取る使い方ですね。

この文は受動態で、目的語の一つである「私」が文頭に出て、もう一つの目的語である「Hanako」が動詞の後に残っている形です。

 

できれば、その後に、簡単な理由を付け加えたいですね。

例えば、

My father was a big fan of 〇〇.
(私の父が〇〇の大ファンでした。)

The name of my grandmother also has the word “〇〇”.
(私の祖母の名前にも「〇〇」という文字が使われています。)

といった一言を添えるといいですね。

 

 

〇〇と同じ名前であることを伝えたいとき

有名人など他の人と同じ名前であれば、それを伝えましょう。

the same A as B「Bと同じA」という表現が使えます。

I have the same first and last names as that famous singer.
(あの有名な歌手と同姓同名です。)

I have the same family name as that famous actor, but the spellings are different.
(私はあの有名な俳優と同じ苗字ですが、綴りが異なります。)

 

また、ポピュラーな名前ですと、集団の中に同じ名前の人が複数いる場合があります。そんな時は希望する呼び方を伝えるとよいと思います。

Since there are several people with the same family name as mine, please call me by my first name.
(同じ苗字の人が何人かいますので、下の名前で呼んでください。)

文の後半部分は先ほど出てきましたね。

several は「いくつかの」という意味です。

 

 

以上です。ぜひ参考にしてください!

タイトルとURLをコピーしました