スポンサーリンク

清水寺を英語で説明しよう!京都の超人気観光名所をガイド

清水寺のライトアップ

清水寺は日本を代表する寺院で、京都で最も人気のある観光スポットでもあります。外国人観光客がたくさん訪れる日本屈指の名所を、簡単な英語で案内するための表現をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

清水寺を英語で説明する上で役立つ表現

清水寺にはその周辺地域を含めて見どころがたくさんありますので、特に観光客に人気の高いスポットを取り上げ、それぞれについて英語表現をご紹介します。

清水寺

清水寺の概要を伝える英語表現です。どれも清水寺を紹介する際の基本的な情報になります。

Kiyomizu-dera was originally built in 798 and rebuilt in 1633.
(清水寺はもとは798年に建てられ、1633年に再建されました。)

 

Kiyomizu-dera is listed as one of the 17 World Cultural Heritage sites in Kyoto.
(清水寺は京都に17件ある世界文化遺産の一つとして登録されています。)

 

Kiyomizu-dera is also famous for its cherry blossoms.
(清水寺は桜の名所としても有名です。)

 

Kiyomizu-dera is also famous for its beautiful autumn leaves.
(清水寺は紅葉の名所としても有名です。)

 

Kiyomizu-dera is illuminated at night several times a year.
(清水寺は年に数回、夜間にライトアップされます。)

 

Kiyomizu-dera is the most popular tourist attraction in Kyoto.
(清水寺は京都で最も人気のある観光名所です。)

 

A lot of tourists visit the temple in all seasons.
(季節を問わずたくさんの観光客が訪れます。)

 

Kiyomizu-dera is the popular destination of school trips.
(清水寺は修学旅行先として人気の場所です。)

 

Nio mon gate is the main entrance of Kiyomizu-dera.
(仁王門が清水寺の正門です。)

 

The three-story pagoda is a symbol of Kiyomizu-dera.
(三重塔が清水寺のシンボルです。)

 

Kiyomizu-dera is built on the side of a mountain.
(清水寺は山の中腹に建っています。)

 

清水の舞台

清水寺を紹介する上で欠かせないのが「清水の舞台」です。独特の表現も出てきますので、ぜひこの際に覚えておきたいですね!

Kiyomizu-dera is famous for its main hall called “Kyomizu no butai”.
(清水寺は「清水の舞台」と呼ばれる本堂で有名です。)

 

The main hall has a large veranda jutting out over the hillside.
(本堂には山の斜面にせり出した大きな舞台があります。)

 

The stage is about 13 meters high and it’s almost the same height of four-story buildings.
(舞台の高さは約13mで、4階建てのビルに相当します。)

 

Jumping off the stage is a famous Japanese phrase, and it means taking the plunge.
(「清水の舞台から飛び降りるつもりで」は日本の有名な言葉ですが、これは「思い切って」という意味です。)

 

It was said that your desires would be granted by jumping off the stage.
(舞台から飛び降りれば願いが叶うと言われていました。)

 

Some people jumped off the stage in the past, and about 85% of them were survived.
(過去には舞台から飛び降りた人もいて、そのうち約85%の人たちが助かっています。)

 

The practice is now prohibited.
(その習慣は今は禁止されています。)

 

You can enjoy the breathtaking view of Kyoto from the veranda.
(舞台から京都の絶景を楽しむことができます。)

 

The pictures of the veranda are famous, and they appear in many tourist guidebooks.
(舞台の写真は有名で、多くの観光ガイドブックに登場します。)

 

The stage is supported by 139 wooden pillars but nails are not used at all.
(舞台は139本の木製の柱で支えられていますが、釘はまったく使われていません。)

 

The stage doesn’t easily collapse even if earthquakes hit, because it is strongly structured by wooden pillars.
(舞台は木製の柱による強い構造になっていますので、たとえ地震が起こっても簡単には崩れません。)

 

音羽の滝

清水寺を訪れたならぜひ足を運んでおきたいのが「音羽の滝」です。清水寺の名前の由来になった滝です。

Otowa waterfall is the origin of the name of Kiyomizu-dera.
(音羽の滝は清水寺の名前の由来になっています。)

 

Otowa waterfall has three streamls of water, and they are believed to bring longevity, love fulfillment, and academic achievement.
(音羽の滝には3筋の水があり、長寿,恋愛成就,学業成就にご利益があると信じられています。)

 

Kiyomizu means “holy water”, and it is said that the spirit will be purified and your desires will be granted by drinking the water.
(清水は「聖なる水」という意味で、その水を飲むことで心が清められて願いが叶うと言われています。)

 

You are supposed to drink only one stream of water.
(1つだけ飲むことになっています。)

 

If you drink two or three streams of water, your desires will not be granted.
(2つや3つ飲むと、願いは叶いません。)

 

観音菩薩

清水寺は「観音菩薩」でも有名です。その観音菩薩、英語では何と表現するのでしょうか?

Kiyomizu-dera is also famous for its Kannon Bodhisattva, or the Goddness of Mercy.
(清水寺は観音菩薩でも有名です。)

 

The main image at Kiyomizu-dera is an eleven-headed, thousand-armed Kannon Bodhisattva.
(清水寺の本尊は十一面千手観音立像です。)

 

Kannon Bodhisattva is placed inside the main hall.
(観音菩薩は本堂の中に安置されています。)

 

Kannon Bodhisattva is a secret statue and open to the public only once every 33 years.
(観音菩薩は秘仏で、33年に1回しか公開されません。)

 

Normally, you can see a replica of the statue called “Omaedachi”.
(普段は「お前立ち」と呼ばれるレプリカの像を見ることができます。)

 

Kannon Bodhisattva has 1,000 arms and is said to help people in trouble.
(観音菩薩は1000本の手を持っていて、困っている人を助けてくれると言われています。)

 

地主神社

恋愛の神様を祀っていることで有名なのが「地主神社」。この神社を紹介する上で「恋占いの石」についての説明は必須です!

There is a Shinto shrine called “Jishu-jinja” near the main hall.
(本堂の近くに「地主神社」という神社があります。)

 

Jishu-jinja is dedicated to the god of love and a lot of couples and young women come to pray.
(地主神社は恋愛の神様を祀っていて、たくさんのカップルや若い女性が参拝に訪れます。)

 

In Jishu-jinja, there are two stones placed about 10 meters apart, and it is said that your wish for love will come true if you can walk from one stone to the other with your eyes closed.
(地主神社では、2つの石が10mほど離して置かれてあり、片方の石からもう一方の石まで目を閉じて歩き着くことができれば、恋の願いが叶うと言われています。)

 

その他

清水寺の周辺にも観光客がたくさん訪れます。二年坂や産寧坂などの観光スポットのほか、清水焼や八ツ橋などの京都名物についても取り上げました。

The streets of Ninen-zaka and Sannei-zaka are always crowded with tourists because they are the approach to Kiyomizu-dera.
(二年坂や産寧坂の通りは、清水寺の参道になっているため、いつも観光客で混雑しています。)

 

There ara many gift shops along the streets of Ninen-zaka and Sannei-zaka.
(二年坂や産寧坂の通りに沿ってたくさんの土産物店があります。)

 

Kiyomizu-yaki, or Kiyomizu ware, is one of the traditional crafts representing Kyoto, you can buy one at a pottery shop on Sannei-zaka.
(清水焼は京都を代表する伝統工芸品の一つで、産寧坂にある陶器店で買うことができます。)

 

The area around Kiyomizu-dera is famous for the production of Kiyomizu-yaki.
(清水寺の周辺地域は清水焼の生産で有名です。)

 

Yatsuhashi is a Japanese confectionery representing Kyoto, and sold at souvenir shops around Kiyomizu-dera.
(八ツ橋は京都を代表する和菓子で、清水寺周辺のお土産物店で販売されています。)

 

Baked Yatsuhashi is like a rice cracker, and unbaked Yatsuhashi is like a rice cake.
(焼き上げた八ツ橋は煎餅のようで、焼き上げない八つ橋は餅のようです。)

 

スポンサーリンク

 

清水寺をよりやさしい英語で説明するためのコツ

清水寺を説明するための英語表現を紹介してきましたが、ここではより簡単に伝えるための工夫をしてみましょう。いくつか取り上げてみます。

まず、

Kiyomizu-dera was originally built in 798 and rebuilt in 1633.
(清水寺はもとは798年に建てられ、1633年に再建されました。)

という文。

もし、細かい数字を伝える必要がないなら

Kiyomizu-dera was built in the 8th century.
(清水寺は8世紀に建てられました。)

または

Kiyomizu-dera is more than 1,200 years old.
(清水寺の建立は1200年以上前です。)

としてもよいでしょう。

ちなみに、清水寺は798年に坂上田村麻呂によって建立され、1633年に徳川家光によって再建されましたので、この情報を入れてもよいですね。

ただし、その場合は「坂上田村麻呂」や「徳川家光」がどういう人物なのか、簡単に説明できるようにしておきましょう。名前だけ言われても外国人はわかりませんから・・・。

ちょっと考えてみてください!

 

次に、

Kiyomizu-dera is the popular destination of school trips.
(清水寺は修学旅行先として人気の場所です。)

という文。

「人気の場所」ということは「多くの人が集まる」という意味ですので、次のように言い換えることができます。

A lot of students visit Kiyomizu-dera for school trips.
(多くの学生が修学旅行で清水寺を訪れます。)

ここで、students(学生)を

elementary school students(小学生)
junior high school students(中学生)
high school students(高校生)

などに入れ替えてみてもよいでしょう。

また、「修学旅行」は school trip や school excursion ですが、

「~へ修学旅行に行く」という意味を表す

go on a school trip[excursion] to

という表現も使うことができます。

 

次に、

The main hall has a large veranda jutting out over the hillside.
(本堂には山の斜面にせり出した大きな舞台があります。)

という文。

この文の jut は「突き出る」という意味ですが、これが後ろから veranda を修飾する形になっていて、ちょっと難度が高いですね。

そこで他の言い回しを考えてみます。

例えば、「まるで崖みたいです」としてはいかがでしょうか。

崖は cliff ですので

The main hall looks like a cliff.
(本堂は崖みたいになっています。)

looks like ~で「~のように見える」という意味です。

かなりざっくりとした説明で、「清水の舞台」を忠実に伝えることはできませんが、イメージは伝わると思います。

ただ、「清水の舞台」は清水寺の代名詞的な存在ですので、できれば最初の例文をそのまま覚えておきたいですね。

 

次に、

The stage doesn’t easily collapse even if earthquakes hit, because it is strongly structured by wooden pillars.
(舞台は木製の柱による強い構造になっていますので、たとえ地震が起こっても簡単には崩れません。)

という文。

この文で伝えたいことは

・じょうぶ
・地震でも壊れない

です。

ということで、次のように2つの文に分けてシンプルに表現することもできます。

The stage is strong.
(舞台はじょうぶです。)

It does’t easily collapse if earthquakes hit.
(地震が起こっても簡単には崩れません。)

とすることで、最低限の情報を伝えることができます。

修飾語句を付けることでより多くの情報を伝えることができますが、その分だけ複雑な文構造になってしまいます。ですので、修飾語句を別の文として独立させるか、今回のように省略してしまうのも一つの方法です。

 

次に、

Otowa waterfall is the origin of the name of Kiyomizu-dera.
(音羽の滝は清水寺の名前の由来になっています。)

という文。

音羽の滝の説明をしているのであれば、この文で問題ありませんが、清水寺の説明をしている場合(まだ音羽の滝が話題に登っていない段階)であれば、清水寺を主語にするのが自然です。

そこで、「名前の由来」という部分を「~にちなんで」として

Kiyomizu-dera was named after Otowa waterfall.
(清水寺は音羽の滝にちなんで名付けられました。)

とするとよいでしょう。

あるいは、もっと簡単に

The name of Kiyomizu-dera comes from Otowa waterfall.
(清水寺の名前は音羽の滝から来ています。)

とすることもできます。

 

そして、

Otowa waterfall has three streamls of water, and they are believed to bring longevity, love fulfillment, and academic achievement.
(音羽の滝には3筋の水があり、長寿,恋愛成就,学業成就にご利益があると信じられています。)

という文。

この文で伝えたいことは次の2つ。

・3筋の水がある
・長寿、恋愛、学業にご利益がある

前半はそのまま

Otowa waterfall has three streamls of water.

でよいですね。

後半ですが、3つ以上の物事を説明する際には、次の表現が便利です。

最初の物事には one

2つ目から最後の一つ前までの物事はすべて another

最後の物事には the other

つまり、

one, another, another, … the other

という形です。

ちなみに、最後の項目には必ず the を付けます。other ではなく the other です。最後は必然的に一つに定まるからです。

この文法ルールを当てはめますと。

One can bring longevity.
(1つは長寿をもたらしてくれます。)

Another can bring love fulfillment.
(もう1つは恋愛成就をもたらしてくれます。)

The other can bring academic achievement.
(最後の1つは学業成就をもたらしてくれます。)

とすればOKです。

 

以上ですが、いかがでしたでしょうか?

清水寺については他にもいろいろ紹介できるところがあると思いますので、以上のような感じでより簡単に説明するための工夫をしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました