スポンサーリンク

紀伊山地の霊場と参詣道を英語で説明!神仏習合の思想を紹介

紀伊山地の霊場と参詣道

奈良県、和歌山県、三重県の3県にまたがる世界遺産として知られるのが「紀伊山地の霊場と参詣道」。寺社と自然が一体となったこの文化的景観を外国人にも紹介したいですね。

ということで、紀伊山地の霊場と参詣道を英語で説明する際に役立つ表現、および、語句の意味や補足情報についてまとめました。

 

まず、「紀伊山地の霊場と参詣道」は、英語では以下のように表現することを抑えておきましょう。

Sacred Sites and Pilgrimage Routes in the Kii Mountain Range

 

それでは順に見ていきましょう!


The Kii Mountain Range has long been seen as a sacred place.
(紀伊山地は、古くから、聖なる地と考えられてきました。)


be seen as ~ で「~として見られる」、sacred は「神聖な」という意味です。

 

 


Three sacred sites spanning Nara, Wakayama, and Mie Prefectures and the pilgrimage routes leading to them are listed as World Cultural Heritage sites.
(奈良県、和歌山県、三重県にまたがる3つの霊場と、そこに至る参詣道が、世界遺産に登録されています。)


語句の意味は次のとおり。

sacred site「霊場」

span「(橋が川などに)架かる」

prefecture「県、府」

pilgrimage route「参詣道」

lead to ~「~に通じる」

list「(一覧表などに)~を載せる」

World Heritage Site「世界遺産」

では、その3つの霊場とは何なのか、説明が必要ですね。ということで、次の文です。

 

 


The three sacred sites are Yoshino and Omine, Kumano Sanzan, and Koyasan.
(その3つの霊場とは、吉野・大峰、熊野三山、そして、高野山です。)


語句は大丈夫ですね。

 

各霊場について簡単に説明しておきましょう。

Yoshino/Omine is the ground where the Shugendo religion is practiced.
(吉野・大峰は、修験道の修行の場です。)

practice は「~を実践する」、religion は「宗教」という意味です。

 

Kumano Sanzan is the sacred place of the Kumano faith.
(熊野三山は、熊野信仰の聖地です。)

faith は「信仰」という意味です。

 

Koyasan is the place of origin for Shingon Buddhism.
(高野山は、真言密教の根本道場です。)

origin は「起源、発端」、Buddhism は「仏教」という意味です。

 

 


What is special about these heritage sites is the fusion of Shinto and Buddhism.
(この遺産が特別なのは、神道と仏教の融合です。)


語句の意味は次のとおり。

what is special about ~「~について特別なこと」

fusion「融合、統合」

Shinto religion「神道」

Buddhism「仏教」

 

神道と仏教について簡単に補足しておきましょう。

Shinto is a religion unique to Japan.
(神道は日本特有の宗教です。)

Buddhism was introduced from Chine.
(仏教は中国から伝来しました。)

unique to ~ で「~に特有の」、introduce は「~をもたらす、伝える」という意味です。

 

融合しているのは宗教だけではありません。ということで、次の文です。

 

 


They are highly valued as the cultural landscape that unites the temples and shrines with nature.
(寺社と自然が一体となった文化的景観として、高く評価されています。)


語句の意味は次のとおり。

be highly valued「高く評価されている」

cultural landscape「文化的景観」

unite 〇 with △「〇を△と結合させる」

temples and shrines「寺社」

nature「自然」

 

スポンサーリンク

 


The pilgrimage routes leading to Kumano Sanzan are collectively called “the Kumano Kodo”.
(熊野三山に通じる参詣道は、まとめて「熊野古道」といいます。)


collectively は「集合的に、ひとまとめにして」という意味です。

 

 


The Kumano Kodo is also popular as trekking routes.
(熊野古道は、トレッキングルートとしても、人気です。)


popular as ~ で「~として人気」という意味です。

 

毎年恒例のレースも行われているようです。ということで、次の文です。

 

 


The trail running race is held every year.
(トレイルランニングレースが、毎年行われています。)


hold は「~を開催する」という意味です。

 

ちなみに、正式名称は『熊野古道トレイルランニングレース』です。

 

 


Koyasan is the name of a town, not a mountain.
(高野山は、山の名前ではなく、町の名前です。)


これは特に難しいところはありませんね。

 

 


In Koyasan, there are 117 temples including Kongobuji, which is the head temple of Koyasan Shingon Buddhism.
(高野山には、高野山真言宗の総本山である金剛峯寺を含む、117の寺があります。)


語句の意味は次のとおり。

temple「寺」

including ~「~を含めて、~などの」

head temple「総本山」

 

関係代名詞の非制限用法(, which)のところで、次のように分けてもよいと思います。

In Koyasan, there are 117 temples including Kongobuji.
(高野山には、金剛峯寺を含む、117の寺があります。)

Kongobuji is the head temple of Koyasan Shingon Buddhism.
(金剛峯寺は、高野山真言宗の総本山です。)

 

補足説明が必要な語句が含まれる場合は、その部分を別の文として独立させるのが、一つの方法です。

 

 


Kimpusen-ji is a symbolic structure in Yoshino.
(金峯山寺は、吉野の象徴的な建造物です。)


symbolic は「象徴的な」、structure は「建造物」という意味です。

 

大きさも有名ですので、触れておきましょう。

Its main building is the second largest wooden structure in Japan after the Great Buddha Hall at Todai-ji.
(本堂は、日本では、東大寺大仏殿に次ぐ、2番目に大きな木造建築物です。)

wooden は「木でできた、木製の」、after はここでは「~に次ぐ」という意味です。

 

 


Yoshino is also known for its beautiful cherry blossoms.
(吉野は、桜の名所としても、知られています。)


be known for ~ で「~で知られている」、cherry blossom は「桜の花」という意味です。

せっかくですので、和歌山県の名産についても触れておきましょう。ということで、次の文です。

 

 


Wakayama Prefecture is the largest producer of mandarin oranges in Japan.
(和歌山県はミカンの生産量が日本一です。)


producer は「生産者」、mandarin orange は「ミカン」という意味です。

「ミカン」は mandarins だけでもOKです。oranges だけにすると、「ミカン」ではなく「オレンジ」になってしまいます。厳密には、この2つは違う果物ですので、区別するようにします。

また、和歌山県は「梅」の生産量も日本一ですので、同じ文を使って説明することができます。「梅」は plum です。この文の中では複数形である plums にします。

 

 

以上ですが、いかがでしたでしょうか?

宗教関連の表現も出てきましたので、難しく感じられたと思います。馴染みのない事柄については、一から英文を作るのではなく、そのまま覚えておくとよいと思いますよ。

今回ご紹介した英文が少しでも参考になれば幸いです!

タイトルとURLをコピーしました