スポンサーリンク

伊勢神宮を英語で説明しよう!最高格式の神社を外国人に紹介

伊勢神宮

天照大御神を祀り、「お伊勢さん」の愛称で知られるのが「伊勢神宮」。全国に数ある神社の中で最も格式の高いこの神社を、外国人にも紹介してあげましょう。

ということで、伊勢神宮を英語で説明する際に役立つ表現、および、語句の意味や言い換え表現などについてまとめました。

それでは順に見ていきましょう!


The official name of Ise Jingu is “Jingu”.
(伊勢神宮の正式名称は「神宮」です。)


official は「公式な、正式な」という意味です。

 

「神宮」と付く神社は全国にたくさんありますので、正式名称である「神宮」だけでは他と区別することができません。ということで、これについて補足説明しておきましょう。

The word “Ise” is added to the name to distinguish from other jingu.
(他の神宮と区別するために、「伊勢」という言葉が名前に付け加えられています。)

add は「~を加える」、distinguish は「~を区別する」という意味です。

 

さらに、

“Ise” is the name of the city where the shrine is located.
(「伊勢」は、この神社がある都市の名前です。)

とすれば完璧です!

 

所在地について都道府県名でも補足しておきましょう。ということで、次の文です。

 

 


Ise Jingu is located in Mie Prefecture.
(伊勢神宮は三重県にあります。)


be located in ~ で「~に位置する、~にある」、prefecture は「県、府」という意味です。

 

 


Ise Jingu is known as the most revered shrine in the country.
(伊勢神宮は、国内で最も崇敬されている神社として、知られています。)


be known as ~ で「~として知られている」、revere は「~を崇敬(崇拝)する」という意味です。

 

 


Ise Jingu is familiarly known as “Oisesan”.
(伊勢神宮は「お伊勢さん」の名で親しまれています。)


be familiarly known as ~ で「~の名で親しまれている」という意味です。

 

次のように言うこともできます。

People affectionately call Ise Jingu “Oisesan”.
(人々は伊勢神宮を、親しみを込めて「お伊勢さん」と呼びます。)

affectionately は「親しみを込めて」という意味です。

call ○ △ で「○を△と呼ぶ」という意味で、

○ → Ise Jingu

△ → Oisesan

にそれぞれ該当します。

 

 


Worshipping at Ise Jingu is called “Oise mairi”.
(伊勢神宮に参拝することを「お伊勢参り」といいます。)


worship は「崇拝(参拝)する」という意味です。

 

 


Ise Jingu has a ritual called “Shikinen Sengu”.
(伊勢神宮には「式年遷宮」と呼ばれる儀式があります。)


ritual は「儀式」という意味です。

 

式年遷宮では具体的に何をするのか、補足しておきましょう。

Shikinen Sengu is a ritual to rebuild the shrine buildings every 20 years.
(式年遷宮は、20年ごとに社殿を造り替える儀式です。)

rebuild は「~をを建て替える」、every は「~ごとに」という意味です。

 

It means that the home of the god is moved.
(神様の住まいを移すことを意味します。)

mean は「~を意味する」という意味です。

 

This ritual has continued for about 1,300 years.
(この儀式は約1,300年続いています。)

continue は「続く」という意味です。

 

スポンサーリンク

 


There are 125 shrines including Naiku and Geku within Ise Jingu.
(伊勢神宮には、内宮と外宮を含め、125の宮社があります。)


within は「~の内部(内側)に」という意味です。

 

次のように表現することもできます。

Ise Jingu consists of 125 shrines including Naiku and Geku.
(伊勢神宮は、内宮と外宮を含め、125の宮社から成ります。)

consist of ~ で「~から成る」という意味です。

 

内宮と外宮について説明しておきましょう。まずは、内宮からです。

 

 


Naiku enshrines Amaterasu Omikami, a god of the imperial ancestors and general guardian spirit of the Japanese people.
(内宮は、皇室の祖先の神であり、日本国民の総氏神とされる、天照大御神を祀っています。)


語句の意味は次のとおり。

enshrine「~を祀る」

imperial「皇室の」

ancestor「先祖、祖先」

general「総~」

guardian spirit「守護神」

 

 


Geku enshrines Toyouke no Omikami, the god who administers meals to Amaterasu Omikami.
(外宮は、天照大御神の食事を司る神である、豊受大御神を祀っています。)


administer は「~を取りしきる、管理する」、meal は「食事」という意味です。

 

 


It is customary to worship beginning from Geku to Naiku.
(外宮から内宮の順に参拝するのが習わしです。)


customary は「習慣の」、begin は「始まる」という意味です。

 

次のように分けて伝えることもできます。

First, you worship at Geku, and then you worship at Naiku.
(まず、外宮に参拝して、次に内宮に参拝します。)

It is customary to follow this order.
(この順番を守るのが習わしです。)

first ~, then ~ で「まず~、次に~」という意味で、順序を伝えるときに使える表現です。

follow「(規則など)に従う」、order は「順番」という意味です。

 

伊勢神宮ではもう一つ決まりがあります。ということで、次の文です。

 

 


Worshippers walk on the left side of Geku and on the right side of Naiku.
(参拝者は、外宮では左側通行、内宮では右側通行です。)


worshipper は「参拝者」という意味です。

 

 


It is customary for the incumbent prime minister to worship at Ise Jingu on January 4 every year.
(毎年1月4日に、現職の内閣総理大臣が、伊勢神宮に参拝するのが、慣例になっています。)


ここでも customary が出てきましたね。(2つ前の英文に出てきました)

incumbent は「現職の」、prime minister は「内閣総理大臣」という意味です。

 

 


They don’t sell fortune-telling papers at Ise Jingu.
(伊勢神宮では、おみくじは販売されていません。)


fortune-telling paper は「おみくじ」ですが、fortune slip とすることもできます。

ここでの They は一般の人を表しており、特定の人を指すわけではありません。

 

理由も説明しておきましょう。

It’s because a once-in-a-lifetime Oise mairi can’t not be excellent luck.
(一生に一度のお伊勢参りが、大吉でないわけがないからです。)

語句の意味は次のとおり。

once-in-a-lifetime「一生に一度の」

can’t not「~でないわけがない」

excellent luck「大吉」

 

can’t not は文法的には間違いですが、ネイティブはこの表現を使うようです。

 

 


Many people buy souvenirs at Okage Yokocho or Oharaimachi on their way to and from Ise Jingu.
(多くの人は、伊勢神宮の行き帰りに、おかげ横丁やおはらい町で、お土産を買います。)


souvenir は「お土産」、on one’s way to and from ~ で「~の行き帰りに」という意味です。

おかげ横丁とおはらい町は内宮のそばにありますので、観光客はここで買い物をします。

 

 


Akafuku-mochi, rice cakes coated with sweetened red bean paste, is known as a specialty of Ise.
(あんこで覆われた餅である赤福餅が、伊勢の名物として知られています。)


語句の意味は次のとおり。

rice cake「餅」

coated with ~「~で覆われている」

sweetened red bean paste「あんこ」

specialty「特産品、名産」

赤福餅は「おかげ横丁」や「おはらい町」でも販売されています。

 

 

以上ですが、いかがでしたでしょうか?

式年遷宮、内宮と外宮、天照大御神など、紹介するポイントはたくさんありますが、これらの知識が整理できていなければ、英語でもうまく説明することができないと思います。

伊勢神宮を英語で説明する際に、今回ご紹介した英文や情報が少しでも参考になれば幸いです!

タイトルとURLをコピーしました