スポンサーリンク

初詣を英語で説明しよう!日本最大のイベントを外国人に紹介

初詣

初詣は一年の中で最初に行われる行事で、日本国民のほとんどが経験したことのある一大イベントでもあります。そんな初詣を英語で説明するために役立つ表現と、よりやさしく伝えるためのコツをご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

初詣の基本情報を伝える英語表現

初詣の基本的なことを説明するために役立つ英語表現をまとめました。

Hatsumode is a Japanese custom of visiting shrines and temples at the beginning of the new year.
(初詣は新しい年の始まりに神社や寺に参拝する日本の習慣です。)

People give thanks to God or Buddha, and pray for peace and quiet of the new year.
(神や仏に感謝し、新年の平穏無事を祈ります。)

Many people make New Year’s resolutions.
(多くの人が新年の決意をします。)

More than 3 million people visit Meiji Jingu on the first three days of the year.
(明治神宮には三が日で300万人以上が訪れます。)

Hatsumode is the biggest event in Japan that people of all ages and gender participate in.
(初詣は老若男女が参加する日本最大のイベントです。)

 

初詣を紹介するために覚えておきたい英語表現

初詣の基本的な情報とともに覚えておきたい表現をまとめました。

People buy fortune-telling papers called “omikuji” and good luck charms called “omamori” at shrines and temples.
(神社や寺で「おみくじ」と呼ばれる運勢を占う紙や、「お守り」と呼ばれる幸運を呼ぶ札を買います。)

Shrines and temples are crowded with visitors during the New Year.
(お正月は神社や寺は参拝者で混み合います。)

Public transportation is also crowded with hatsumode worshippers during the first three days of the year.
(三が日は公共交通機関も初詣の参拝者で混雑します。)

You can see a lot of food stalls on the grounds of shrines and temples.
(神社や寺の境内にはたくさんの屋台が出店しています。)

Some people visit a shrine or temple at midnight on New Year’s Eve.
(大みそかの深夜に神社や寺に行く人もいます。)

 

スポンサーリンク

 

初詣を英語で伝えるためのコツ

ここでは、初詣をより簡単な英語で伝えるためのコツをご紹介します。すでに出てきた英文の中からいくつか取り上げます。

 

まず、

Hatsumode is a Japanese custom of visiting shrines and temples at the beginning of the new year.
(初詣は新しい年の始まりに神社や寺に参拝する日本の習慣です。)

という文。

この文で伝えたいことは次の2点です。

・日本の習慣であること
・新年の初めに神社や寺に参拝すること

これらを次のように別の文として独立させます。

Hatsumode is a Japanese custom.
(初詣は日本の習慣です。)

People visit shrines and temples at the beginning of the new year.
(新年の初めに神社や寺に参拝します。)

2つ目の文の at the beginning of the new year(新年の初めに)は during the New Year(正月に)に置き換えてもOKです。

 

次に、

Hatsumode is the biggest event in Japan that people of all ages and gender participate in.
(初詣は老若男女が参加する日本最大のイベントです。)

という文。

この文は関係代名詞が使われていて長いので2つに分けます。

Hatsumode is the biggest event in Japan.
(初詣は日本最大のイベントです。)

People of all ages and gender participate.
(老若男女が参加します。)

基本的に、関係代名詞は2つの文をくっつける働きをしますので、ここで分ければよいだけのことです。

 

そして、

People buy fortune-telling papers called “omikuji” and good luck charms called “omamori” at shrines and temples.
(神社や寺で「おみくじ」と呼ばれる運勢を占う紙や、「お守り」と呼ばれる幸運を呼ぶ札を買います。)

という文。

「おみくじ」や「お守り」という日本独特のアイテムを一つの文の中で説明する形を取っています。これを次のように説明を後から付け加える形にします。

People buy omikuji and omamori at shrines and temples.
(神社や寺でおみくじやお守りを買います。)

Omikuji is fortune-telling papers.
(「おみくじ」とは運勢を占う紙のことです。)

Omamori is good luck charms.
(お守りとは幸運を呼ぶ札のことです。)

 

以上ですが、とにかく長い文や複雑な文はいくつかの文に分けることです。一つの事柄を複数の文で伝えるようにすれば、各文がシンプルになって間違いも少なくなります。

今回ご紹介した他の文についてもご自身なりに工夫されてみてください!

タイトルとURLをコピーしました