スポンサーリンク

英文法は英会話に必要?海外生活の経験がないなら尚更

アルファベットの積木

英会話の学習において多くの人が気になることの一つが「文法(英文法)」ではないでしょうか?英会話の上達に文法は必要なのか不要なのか?

文法をやるかやらないかでその後の上達が大きく変わってきますので、ここではっきりさせておきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

英文法なしでは英会話は上達しない!

英会話をマスターする上で英文法は必要なのか?という疑問を持つ人が多いようですね。

中学や高校で文法を学んだと思いますが、どちらかというともうやりたくないという人のほうが多いように見受けられます。

 

文法をやらなくても英会話が上達するなら、文法が苦手な人にとっては大バンザイなんですけどね・・・。

英会話における文法の必要性については識者の間でも意見が分かれていますので、学習者としては迷うところですよね。

 

先に結論を言いますと、英会話が上達したいなら英文法は必要です。

 

こんなことを言うと文法が苦手な人は絶望してしまうかもしれませんがちょっと待ってください。

あなたが独学で英会話をマスターしたいのであれば、文法は避けて通ることはできません。

 

そもそも、文法の必要性について意見が分かれる理由として、その人の経験が大きく影響していることがあげられます。

端的にいうと、海外経験の有無や長さです。

 

海外経験の長い人は、文法など学習しなくても英語のルールを自然に身につけることができるのかもしれません。

ですので、そういう人が文法不要論を唱えるのはある意味自然なことです。

 

しかし、私を含めて海外経験のない(あるいは短い)人は、英語のルールを「自然に」身につけるところまでには至らないため、文法なくして英文を組み立てるということができないのです。

 

こうした違いがあるため、主に学校や独学だけで英語を学んできた人は、英語のルールである文法を学習によって「意識的に」身につけていくしかない、ということになります。

理想としては、ネイティブのように文法を「自然に」習得することですが、それが難しいわけですね。

 

ではもし、文法を学ばなければどうなるでしょうか?

・単語を並べるだけでブロークンのまま
・表現をたくさん覚えても応用することができない

このようなことになってしまいます。

これではいつまでたっても思ったことを自由に話せるようになりません。

 

ブロークンでもとにかく通じればよいというのであれば、わざわざ苦手な文法をやる必要はないのかもしれません。

しかし、どうせ英会話の学ぶのであれば、正しい英語を話せるようになりたいと思いませんか?

 

近年は文法の重要性が見直されつつあり、英会話スクールでも文法をカリキュラムに組み込んでいるところもあるようです。

文法を学んだほうが結果的には早く上達するという認識が広がっている証拠でもあります。

 

また、文法を身につけておくと、話すことはもちろん、書くときにも役立ちます。

特に書き言葉は正確性が重視されますので、正しい英文を書けるようになるためにも文法はやっておくべきです。

 

少なくとも文法を学んで損をするということはありませんので、早い段階で文法を学んでおいたほうがよいと思います。

 

スポンサーリンク

 

英文法は学校で習いましたが・・・

英会話における文法の重要性については理解していただけたかと思いますが、今度は次のような疑問を持つ人が多いと思われます。

「文法は学校で習ったけど話せるようになりません」

 

ほとんどの人が文法を学校で学んだわけです。

しかも高校になるとかなり高度な文法事項をカバーしたはずです。

中には文法が得意でテストで高得点を取った人もいることでしょう。

 

中学、高校と6年間も文法を勉強してきたにもかかわらず、ほとんど話せないなんて不思議に思われるかもしれませんね。

 

しかし、それだけで話せるようになることのほうがむしろ不思議なくらいなんです。

理由は簡単で、学んだ文法を使って話す練習をしてこなかったからです。

 

文法を学んだ時点では単なる知識でしかありません。

学んだ文法知識を使って話す練習をして初めて(その文法事項が)使えるようになります。

 

ちなみに、TOEICのような資格試験で高得点を取る人というのは、文法の知識はたくさんあっても必ずしも話せるわけではありません。

これは話す練習が不足していることが主な原因です。

 

誤解しないでいただきたいのは、TOEICのような資格試験が悪いと言っているわけではないことです。

TOEICを目指すから英語が話せるようにならない、という意味ではありません。

 

TOEICは「聞く」「読む」という受信能力を測る試験であって、「話す」「書く」という発信能力を測る試験ではありません。(※「TOEIC SW」は「話す」「書く」の能力を測る試験です)

つまり、英会話ができるようになるためには、TOEICのためだけの勉強では不十分だということです。

 

話を戻しますが、英会話のために文法を学ぶのであれば、使えるようになることが前提でなければなりません。

単なる知識としてではなく、話せるようになるための文法を学ぶということです。

 

日常会話程度であれば中学レベルで十分ですので、まずは中学英文法をひととおり身につけておくべきです。

文法は学校で学んだので大丈夫という人も、改めて最初からやり直すことをおすすめします。

 

特に英語嫌いの人にとっては文法学習は退屈かもしれませんが、英会話ができるようになりたいと本気で思っているのであれば、ここは乗り切るしかありません。

文法を避けている限り、英会話は上達しないと思ったほうがよさそうです。

タイトルとURLをコピーしました