スポンサーリンク

英語ペラペラは独学では無理?ネイティブ幻想を捨てればOK

英語がペラペラになることは可能なのか?しかも、海外留学をせず国内での独学で可能なのか?このような疑問を抱いている英語学習者は多いと思います。

期待を持ちながら何年も学習を続けていても、大きな上達が実感できなければ挫折につながります。また、迷いながら学習していても上達していきません。ここでは管理人の考え方をお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ネイティブは目指さない

そもそも「ペラペラ」とは何を意味するのでしょうか?もし、ニュアンスまで伝えることと定義するならば、それはノンネイティブの私たちにはほぼ不可能だと考えてよいでしょう。

英語圏ではない日本にいて、1日数時間の学習、あるいは週に数回の英会話レッスンで、ネイティブと同等の英語力が獲得できるほうが不思議だと思いませんか?独学ならなおさらですよね?

ネイティブは毎日、朝から晩まで英語を使って生活をしていますが、それに比べて私たち日本人が英語を使っている時間はどれくらいでしょうか?たかが知れてますよね。

そもそも環境が決定的に異なりますので、私たちがネイティブ並みの英語力を目指すことはある意味、無謀なことなのです。ここをまずしっかりと認識することです。

ですので、ネイティブ幻想は捨てることです。

ご存知かと思いますが、英語のネイティブスピーカーは英語を使う全人口の数パーセントに過ぎません。つまり、英語を話す人のほとんどはノンネイティブスピーカーということになります。

私たち日本人もノンネイティブスピーカーですので、そもそもネイティブのような標準的で流暢な英語が話せなくても当然なのです。

ただ、こんなことを言ってしまうと「ペラペラ」になることは不可能だと思われてしまうかもしれませんが、まったく不可能というわけではありません。

ネイティブと同等は無理でも、つまりニュアンスまで伝えることはできなくても、言いたいことを不自由なく伝えることであれば、練習しだいで十分可能です。

日本人の中にも英語を使ってバリバリ活躍している人がたくさんいますが、彼らがみんなネイティブと同等の英語力を持っているかというとそうではありません。

彼らにもわからないことがたくさんありますし、間違うこともたくさんあります。彼らは自分たちが必要としている英語を使いこなせるだけのスキルを身につけているに過ぎないのです。

表面的には「ペラペラ」ですが、ネイティブのようにニュアンスまで理解している人はほとんどいないはずです。ただ、練習によってそこまで英語力を伸ばすことは可能だということを彼らは証明してくれています。

私たちが目指すところはそこです。

言いたいことを確実に伝えられるようになること目指すべきなのです。ネイティブのように流暢に話すことができなくても問題ありません。

言語はもともと何らかのメッセージを伝えるためにあるものですから、そのメッセージを正しく伝えることを第一の目的でなくてはならないはずです。

あなたの頭の中にある「ペラペラ」のイメージ、一度リセットしてみてはいかがでしょうか?ネイティブ幻想は捨てることです!

 

スポンサーリンク

 

パターンを構築する

ネイティブ並みでなくても、言いたいことを正しく伝えることができるようになるには、どのような学習をすればよいのでしょうか?

当サイトでは状況を設定して話す練習をすることをおすすめしていますが、これとあわせて是非取り組んでいただきたいのが「パターンを構築すること」です。

基本的な文法を駆使した構文を覚えて、それを反射的に使えるようにするという方法です。

例えば、次のような文があったとします。

It is difficult to arrive at the station on time.
(時間どおりに駅に到着するのは難しい)

ちなみに、この文はいわゆる「It~to構文」と呼ばれるものです。

「○◯するのは△△です」という意味ですが、◯◯に該当する「arrive at the station on time」、△△に該当する「difficult」をそれぞれ他の語句と入れ替えて練習します。

It is easy to find the station.
(駅を見つけるのは簡単です)

という文にすれば道案内での返答で使えますし、

It is necessary to finish the report by noon.
(正午までにレポートを終える必要があります。)

という文にすればオフィスでの会話で使えますね。

こんな感じで、言い換え練習をしていくことで、「○◯するのは△△です」という意味の構文が使えるようになります。

同じ内容でも伝え方はいくらでもありますが、「こんなことを言いたいときはこのように言う」と決めておいたほうが迷わなくて済みますね。

こうした基本構文の練習にぜひ利用していただきたいのが「瞬間英作文」です。ベストセラーになっている良書で、簡単な英文を瞬時に作るトレーニングができる書籍としておすすめです。

「瞬間英作文」は中学レベルの文法事項がひととおり身についた後に行います。ですので、文法があやふやという人はまずは文法の学習からやる必要があります。

(「瞬間英作文」の具体的なやり方につきましては該当ページをご覧ください。)

あとは練習した構文を実践で使っていくことです。書籍による学習だけでなく、実際の会話で使うことで、断然定着しやすくなります。

こうした練習や実践によって使える表現が増えていくと、話せるようになっていくことが実感できるようになります。

もし、今説明したようなパターンを構築するようなやり方だと「ペラペラ」とは言えないという認識であれば、少なくとも独学ではかなり難しいと思います。

なぜなら、前半でもお話しましたように、私たちが生活しているのは英語圏ではないからです。

ネイティブ並みの「ペラペラ」でなくとも、言いたいことを正しく伝えることができる。ここをノンネイティブの私たちは目指すべきではないかと私は思います。

ネイティブ幻想は捨てて、堅実な英会話を目指しませんか?

タイトルとURLをコピーしました