スポンサーリンク

花火を英語で説明しよう!日本の夏の風物詩を外国人に紹介

花火大会

夏の風物詩として、日本で古くから楽しまれている娯楽の一つが「花火」。日本の夏の夜を楽しみたい外国人にも紹介してあげましょう。

ということで、花火を英語で説明する際に使える表現、および、語句の意味や補足情報についてまとめました。

それでは順に見ていきましょう!


Fireworks are a summer feature in Japan.
(花火は日本の夏の風物詩です。)


firework は「花火」という意味ですが、基本的には複数形である fireworks という形で使います。

summer feature で「夏の風物詩」という意味です。

 

次のように言うこともできますね。

Fireworks are a great event of the summer in Japan.
(花火は日本の夏の一大イベントです。)

great はここでは「(規模などが)大きい」という意味です。

 

 


Fireworks displays are held throughout the country during the summer.
(夏の間、全国各地で、花火大会が行われます。)


語句の意味は次のとおり。

fireworks display「花火大会」

hold「(会や式などを)行う」

throughout the country「全国に」

during「~の間じゅう」

 

花火大会は7月か8月に開催されることが多いので

during the summer → mainly in July or August(主に7月か8月に)

とすることもできます。

mainly は「主に」という意味です。

 

 


Some fireworks displays are held for a fee.
(有料で開催される花火大会もあります。)


for a fee で「有料で」という意味です。

 

有料の花火大会には、観覧席の予約が必要なところもあります。ということで、これも説明しておきましょう。

You need to reserve your seats at some fireworks displays.
(観覧席の予約が必要な花火大会もあります。)

語句の意味は次のとおり。

need to …「・・・する必要がある」

reserve「~を予約する」

seat「座席」

 

 


People sometimes yell “Tamaya!” or “Kagiya!” as the fireworks rise up into the air.
(花火が上がると、人々はときどき「たまやー」や「かぎやー」と叫びます。)


語句の意味は次のとおり。

sometimes「ときどき」

yell「~と大声で呼ぶ」

rise up into the air「空中に上る」

 

「たまやー」や「かぎやー」のかけ声の由来を説明しておきましょう。

Tamaya and Kagiya were two main manufacturers of fireworks in the Edo period.
(玉屋と鍵屋は、江戸時代の2大花火屋でした。)

manufacturer は「製造業者」という意味です。

 

 


Home improvement stores and supermarkets sell fireworks for family use.
(ホームセンターやスーパーでは、家庭用の花火を販売しています。)


home improvement store で「ホームセンター」、for family use で「家庭用の」という意味です。

花火はコンビニ(convenience stores)でも販売していますね。

 

 


Families enjoy handheld fireworks in their neighborhood.
(家族は、近所で、手持ち花火を楽しみます。)


handheld は「手で持って操作できる」、in one’s neighborhood で「近所で」という意味です。

 

スポンサーリンク

 


Senko hanabi is probably the most popular handheld firework.
(線香花火は、おそらく、最も人気のある手持ち花火でしょう。)


probably は「たぶん、おそらく」という意味です。

 

senko hanabi は日本語ですので、英語での表現を補足しておきましょう。

Senko hanabi refers to a sparkler.
(線香花火とは sparkler のことです。)

refer to ~ で「~を表す、~を意味する」、sparkler は「線香花火」という意味です。

 

線香花火はどの時代でも人気ですよね。これも補足しておきましょう。

Senko hanabi has been popular for a long time.
(線香花火は、昔から人気です。)

for a long time で「長い間」という意味です。

 

 


Skyrockets are dangerous, so you should be careful in enjoying them.
(ロケット花火は危険なので、楽しむ際には気を付けないといけません。)


語句の意味は次のとおり。

skyrocket「ロケット花火」

dangerous「危険な」

be careful in …「…する際に注意する」

 

 


Some people wear yukata, a casual kimono, to fireworks displays.
(カジュアルな着物である浴衣を着て、花火大会に行く人もいます。)


wear 〇 to △ で「〇を着て△に行く」という意味です。

yukata と a casual kimono が同格になっています。

 

 


After guns and gunpowder were introduced into Japan in the 16th century, people began to produce fireworks in earnest.
(16世紀に鉄砲と火薬が日本に伝来してから、人々は本格的に花火を作り始めました。)


語句の意味は次のとおり。

introduce「~をもたらす」

produce「~を製造する」

in earnest「真剣に、本格的に」

 

 


Fireworks can be a noise problem around the area.
(花火は、地域の騒音問題になることがあります。)


noise は「騒音」という意味です。

騒音について、もう少し具体的に説明しておきましょう。ということで、次の文です。

 

 


It’s annoying that neighborhood children set off fireworks late at night.
(深夜に、近所の子供たちが花火を打ち上げるのは、困ったものです。)


語句の意味は次のとおり。

annoying「迷惑な、イライラさせる」

set off「(花火やロケットを)打ち上げる」

late at night「深夜に」

 

 


Fireworks can lead to fire when used incorrectly.
(花火は、間違った使い方をすると、火事につながる可能性があります。)


語句の意味は次のとおり。

lead to ~「~につながる」

fire「火事」

incorrectly「間違って」

 

この文では、when の後に they are が省略されています。they は主節の主語である Fireworks を指しています。

when ~ の中の主語が主節の主語と同じ場合、when ~ の中の<主語+be動詞>は省略することができる、という文法上のルールがあります。

 

 


The Sumidagawa Fireworks Festival is famous and nearly a million people enjoy it every year.
(隅田川花火大会は有名で、毎年100万人近い人が楽しみます。)


nearly は「ほとんど、だいたい」、million は「100万」という意味です。

 

 

以上ですが、いかがでしたでしょうか?

花火を英語で説明する上で、覚えておきたい語句が出てきましたので、ここでまとめておきます。

summer feature「夏の風物詩」

fireworks display「花火大会」

fireworks rise up into the air「花火が空中に上る」

handheld fireworks「手持ち花火」

sparkler「線香花火」

skyrocket「ロケット花火」

set off fireworks「花火を打ち上げる」

 

花火を外国人に紹介してあげる際の参考にしていただけたら幸いです!

タイトルとURLをコピーしました