スポンサーリンク

カレーライスを英語で説明しよう!日本一愛される料理を紹介

家庭的なカレーライス

日本の国民食ともいえるのがみんな大好きカレーライス。世代を問わず広く愛されるこの人気料理を外国人に紹介してあげましょう。

ということで、カレーライスを英語で説明する際に役立つ表現と、その表現の中に出てきた語句の意味や補足情報についてまとめました。

まず、「カレーライス」は英語ではいくつかの表現方法があります。以下がその主なものですが、この記事でご紹介する英文の中では curry で統一しています。

curry
curry rice
curry and rice
curry with rice

 

それでは順に見ていきましょう!


Curry is originally Indian cuisine, but Japanese curry is different from Indian curry.
(カレーはもともとインド料理ですが、日本のカレーはインドのカレーとは異なります。)


語句の意味は次のとおり。

originally「もともと」

cuisine「料理」

different from ~「~と異なる」

 

一番の違いは「とろみ」ですね。ということで次の文です。

 

 


Japanese curry is thicker than Indian curry.
(日本のカレーはインドのカレーよりドロッとしています。)


thick はここでは「(液体が)どろどろした」という意味で使われています。

 

逆に次のように言うこともできます。

Indian curry is thinner than Japanese curry.
(インドのカレーは日本のカレーよりサラッとしています。)

thin は「(液体が)サラッとしている」という意味です。

 

 


Onions, carrots, and potatoes are standard ingredients for Japanese curry.
(タマネギ、ニンジン、ジャガイモが日本のカレーの定番の具材です。)


standard は「標準の、ありふれた」、ingredient は「材料、原料」という意味です。

 

 


As a garnish, fukujinzuke or rakkyo comes with curry.
(付け合せとして、福神漬け、または、らっきょうが、カレーに付いてきます。)


garnish は「付け合せ」、come with ~ は「~が付いてくる」という意味です。

garnish → relish(薬味)に置き換えてもよいですね。

 

次のように表現することもできます。意味は同じです。

Curry is served with fukujinzuke or rakkyo on the side.

on the side で「付け合せとして」という意味です。

 

「福神漬け」と「らっきょう」を英語で説明しておきましょう。

Fukujinzuke are sweet and salty finely sliced pickles.
(福神漬けは、薄くスライスした甘辛い漬物です。)

Rakkyo are pickled scallions.
(らっきょうは酢漬けにした scallion です。)

語句の意味は次のとおり。

sweet and salty「甘辛い」

finely「細かく、薄く」

pickle「漬物、酢漬け、~を酢漬けにする」

scallion「春タマネギ」

 

 


Curry is one of the most popular dishes in Japan.
(カレーは日本で最も人気のある料理の一つです。)


dish は「料理」という意味です。

 

次のような表現も覚えておきたいですね。

Curry is popular with men and women of all ages.
(カレーは老若男女を問わず人気です。)

 

いずれも主語をラーメン(Ramen)に置き換えて使うことができると思います。

また、次のような表現も可能ですね。

Curry and ramen are two of the most popular dishes.
(カレーとラーメンは最も人気のある料理の2つです。)

 

 


Along with ramen, curry is a national dish.
(ラーメンと並び、カレーは国民食です。)


along with ~ で「~と並んで」という意味です。

 

 


Curry was considered a high-class dish in the Meiji period.
(明治時代はカレーは高級料理と考えられていました。)


語句の意味は次のとおり。

consider「~と考える、みなす」

high-class「高級な」

period「時代」

 

かつての高級料理も、今ではどこの家庭でも食べられる料理ということで、次の文です。

 

 


Curry roux went on sale in the Taisho period and people began to make curry at home.
(カレーのルウが大正時代に発売され、人々は家庭でカレーを作るようになりました。)


roux は「(カレーなどの)ルウ」、go on sale は「発売される」という意味です。

 

 


Curry is now popular home cooking.
(カレーは今では人気の家庭料理です。)


home cooking で「家庭料理」という意味です。

 

スポンサーリンク

 


Japanese curry has many variations based on the ingredients or toppings.
(日本のカレーは具材やトッピングによって様々な種類があります。)


variation は「変化、変動」、based on ~ は「~に基づいて」という意味です。

 

 


Beef curry and pork cutlet curry are popular among Japanese people.
(ビーフカレーとカツカレーが日本人に人気です。)


カツカレーは他にも

curry with deep-fried pork cutlets

と表現することもできます。

 

 


Curry specialty restaurants are also popular.
(カレー専門店も人気です。)


specialty は「専門」という意味です。

 

この文は、関係代名詞(that)を使って、次のように表現することもできます。

Restaurants that specialize in curry are also popular.

 

 


I’ve never heard of poeple who don’t like curry.
(カレーが嫌いだという人を聞いたことがありません。)


have never heard of ~ で「~を聞いたことがない」という意味です。

基本的な関係代名詞(who)を使った文です。

 

 


The crew members of the Imperial Japanese Navy were supposed to eat curry on every Saturday.
(旧日本海軍の乗組員たちは、毎週土曜日にカレーを食べることになっていました。)


語句の意味は次のとおり。

crew「乗組員」

Imperial Japanese Navy「旧日本海軍」

be supposed to …「・・・することになっている」

 

この文は be supposed to … を使わずに

The crew members of the Imperial Japanese Navy ate curry on every Saturday.
(旧日本海軍の乗組員たちは、毎週土曜日にカレーを食べていました。)

としてもOKです!

少しニュアンスが異なるだけで、「毎週土曜日にカレーを食べていた」という事実を伝えるだけであれば、これでもかまいません。

 

毎週土曜日にカレーを食べる理由を補足説明しておきましょう。

They needed to restore their senses of the days of the week during the long voyages.
(長い航海中に曜日感覚を取り戻す必要がありました。)

restore は「~を元の状態に戻す」、voyage は「航海、船旅」という意味です。

この習慣ですが、週休2日制になってからは、海上自衛隊では金曜日にカレーを食べるようになっています。

 

 


There are a variety of local curries across the country.
(全国には様々なご当地カレーがあります。)


a variety of ~ で「様々な~」、local は「地元の」という意味です。

across the country で「全国に」という意味で、throughout the country でも同じ意味を表すことができます。

 

有名なご当地カレーを一つ紹介しておきましょう。

A famous one is “Yokosuka navy curry”.
(有名なのは「よこすか海軍カレー」です。)

この文中の one は curry を指しています。

 

 


A wide variety of vacuum-sealed curry sauces are sold.
(実に様々なレトルトカレーが販売されています。)


a variety of に wide を付け加えて強調しています。

vacuum-sealed は「真空包装の」という意味です。

 

「レトルト」のことを retort としてもネイティブには通じないことが多いようです。特に決まりきった表現がないようですので、このようにしました。ですので、ここでは意訳になります。

 

一応補足です。

You can eat curry by just heating it up.
(温めるだけでカレーを食べることができます。)

heat up ~ で「~を温める」という意味ですが、目的語が代名詞(it)ですので、動詞(heat)と前置詞(up)の間に入れる形になります。

 

 


Curry-related foods such as curry udon and curry bread are very popular.
(カレーうどんやカレーパンなどのカレー関連の食品はとても人気があります。)


-related で「~関連の」、such as ~ で「~などの」という意味です。

 

 


In general, children prefer mild curry.
(一般的に、子供は甘いカレーが好きです。)


in general は「一般に、概して」という意味です。

prefer は「~を(他よりも)好む」という意味です。like ではなく prefer を使うことで、「辛いカレーよりも」というニュアンスを出すことができます。

 

カレーの辛さは

mild(甘口)
medium(中辛)
spicy(辛口)

で表されます。

 

辛口の場合、hot も使われます。

I like hot curry.
(私は辛いカレーが好きです。)

 

 


The smell of curry stimulates your appetite.
(カレーの匂いは食欲をそそります。)


smell は「匂い」、stimulate one’s appetite は「食欲をそそる」という意味です。

 

 


People often put some secret ingredients in the curry.
(しばしばカレーに隠し味を使うこともあります。)


secret ingredient で「隠し味」という意味です。

 

例えば、ハチミツを使う場合、

I use honey as a secret ingredient.
(私は隠し味にハチミツを使います。)

という表現ができます。

 

 


Soup curry is popular in Hokkaido.
(スープカレーは北海道で人気です。)


特に難しいところはありませんね。

 

補足説明です。

Sapporo is the birthplace of soup curry.
(札幌がスープカレーの発祥地です。)

birthplace は「発祥地、出生地」という意味です。

 

同じ意味で、次のような表現も可能です。

Soup curry originated from Sapporo.

originate from ~ で「~が起源である」という意味です。

 

 

以上ですが、いかがでしたでしょうか?

カレーライスはもちろん、広く料理で使える表現がたくさん出てきましたので、以下にまとめておきます。

thick「(液体が)どろどろした」

thin「(液体が)サラッとしている」

ingredient「材料、原料」

garnish「付け合せ」

relish「薬味」

on the side「付け合せとして」

sweet and salty「甘辛い」

pickle「漬物、酢漬け、~を酢漬けにする」

home cooking「家庭料理」

stimulate one’s appetite「食欲をそそる」

secret ingredient「隠し味」

 

覚えておくと便利だと思います。ぜひ参考にしてください!

タイトルとURLをコピーしました