スポンサーリンク

英会話では書くことも効果的!話す練習と併せて行いましょう

英会話の学習では「話す」練習が欠かせませんが、「書く」練習も是非取り入れたいところです。両者は技能的に密接に関わっていますので、余裕があれば両方の練習を普段の学習に組み込むことをおすすめします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「話す」ことと「書く」ことは基本的に同じ

英会話の学習に「書く」練習は効果的です。なぜなら、英文を組み立てるという点において「書く」ことは「話す」ことと基本的に同じだからです。英文を口頭で話すか紙に書くかの違いだけです。

ですので、話す力を伸ばしたいのであれば、書く練習をすることが一つの有効な方法になります。

「書く」という行為は「話す」という行為に比べて、考える時間を長く取ることができる分、正確性が要求されます。つまり「書く」練習は正しい英語を身につけるにはもってこいなのです。

「書く」と言いましても、考えていることを闇雲に書くのではなく、文法的に間違いのない正しい英文を書くことが前提になります。なぜなら、間違った英文をどれだけたくさん書いても、上達しないからです。

私の個人的な経験ですが、話す力を伸ばすために英文をひたすら書いていた時期があります。最初はまったくと言っていいほどできず、中学レベルの英文もスムーズに書けない状態でした。

しかし、続けていくうちにできるようになり、だいたいどんなことでも自分が言いたいことは言えるようになりました。そのときに行っていた「書く」練習が現在の英会話力につながっています。

「書く」練習をするといっても、書くだけで終わってしまっては話す力の向上に高い効果は期待できません。話す力を伸ばすことが目的であれば、書いた文章を口に出す練習が必要になります。

何度も音読したり暗誦したりして、最終的には書いた文章を口頭でスラスラ言えるようにならないといけません。面倒ですが欠かせない作業になります。

非常に地道な練習になりますが、英文を組み立てる良い訓練になりますので、続けていくことで話す力は確実にアップしていきます。「話す」練習と併せて行うとよいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

日記から始めてみよう!

では、どんなことを書けばよいのかというと、基本的には何でもかまいません。仕事や趣味など、自分が長く関わっている事柄であれば書くネタに困らないはずですのでよいと思います。

もし、どうしても見つからないというのであれば日記でもよいと思います。朝から晩までの一日の出来事を綴っていくことならできますよね?

ほとんどの人はだいたい毎日、同じような行動をしますので、書く内容も同じような感じになります。しかし、同じ内容を書くということは、表現を覚えることにつながります。ここが日記の良いところです。

どんな内容であっても、気を付けるべきことは、文法的に正しい英文を作ることを心がけることです。先ほども述べましたが、間違った英文を書いていても上達はせず、正しい英語を話せるようにならないからです。

ですので、「書く」練習をする場合、文法がひととおり身についていることが前提になります。できれば瞬間英作文もある程度進んでいることが望ましいと言えます。

たとえ日記のような軽い内容であっても、正しい英文を書けないとあまり効果はありませんので、文法を意識して書かないといけません。

書いていく上で、どのように表現すればよいのかわからないところが出てくると思います。その際は面倒でも書籍を見るなどして自分で調べる癖をつけましょう。

余裕のある人は、ネイティブの添削を受けてもよいと思いますが、初級者の人は添削された英文を理解・吸収するだけの力がないと思いますので、中級以上の人でないとあまり効果がないと思います。

いずれにしましても、まずは興味のあることから書き始めてみてはいかがでしょうか。

 

シンプルに書くこと!

英語を書く場合、難しい文法事項や構文は使わず、極力シンプルな英文を書くようにしましょう。当サイトで繰り返しお伝えしているとおり、中学レベルで十分です。

英語を書き続けていると、ついカッコいい言い回しや高度な表現をしたくなりがちですが、自分の英語力が追いついていない段階で無理をしても、たいてい間違いが含まれたり不自然な英語になってしまいます。

仮に、考えに考えた結果、文法的に正しくて立派な英文が出来上がったとしても、話す際に使えないと思われますので、あまり効果的なトレーニングとは言えません。

とにかく言いたいことをシンプルに正しく伝えようとすることです。シンプルな英文のほうが間違いが少ないですし、相手にも伝わりやすくなります。

また、英文はシンプルなほうがアウトプットもしやすくなります。実際に話す場面では、難しくて複雑な英文はとっさに出てきません。ですので、話すことを考えて書く練習をすることも大事です。

簡単な英語ばかり書いていると上達しないと思われるかもしれませんが、決してそんなことはありません。「書く英語」が「話せる英語」になれば、それは英会話が上達したことを意味するからです。

少なくとも英会話の上達が目的であれば、常にシンプルな英語を書くことを心がけましょう。最初はできなくても、継続すれば必ず上達します!

タイトルとURLをコピーしました