スポンサーリンク

英会話に大学受験は役に立つ?難しい単語や文法を覚えたけど

英会話を学習されている人の中には大学受験を経験されている人も多いと思います。その中には、大学受験のための勉強が英会話に役立つのか、疑問に思う人も多いのではないでしょうか?

結論から言いますと、英会話の習得に大学受験での勉強は無駄にはなりません。ただ、英会話ができるようになるためには、英会話のための学習が欠かせません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大学受験は無駄にはならない

大学受験で必要になる英語は非常にレベルが高く、日常英会話では使わないような難しい単語や文法事項をカバーします。5,000語前後もの単語を覚え、仮定法や関係代名詞などの高度な文法を学びます。

堅い内容の英文を時には辞書を引きながらやっと読めるようなレベルですから、英語の上級者でも読むのに骨が折れます。それくらい大学受験では大変なことをやらされます。

英会話に必要な英語は中学レベルで十分であることを考えると、大学受験を経験している人は知識としては十分すぎるくらいです。にもかかわらず、英語を話せない人が多いのはどうしてなのでしょうか?

大学受験で試されるのは主に「読む力」です。「話す力」は試されません。ですので、大学受験のための勉強によって英語を「読む」ことはできるようになっても「話す」ことができるようになるわけではないのです。

難しい英文を読むことができるからといって、それより簡単な英語が話せるわけではありません。難関大学に合格できる人であっても中学レベルの英語が話せないのは何も不思議なことではないのです。

だからといって、大学受験は英会話には役立たないと判断してしまうのは短絡的です。なぜなら、英語を話すためには文法などの基本的な知識が必要で、この部分が受験勉強によって養われるからです。

大学受験のための勉強によって「話す」ための知識は蓄えられていくため、英会話には決して無駄にはならないのです。足らないのは、知識を実用に変換するための「話す」練習です。

この「話す」練習が決定的に不足しているため、多くの日本人は英語が話せないわけです。知識だけでは英会話はできるようにはならないのです。

英語はよくスポーツに例えられます。どんなスポーツもそうですが、本をどれだけたくさん読んでも上手くなるわけではありません。実際に体を動かして練習しなければ上達はしません。英語も同じです。

英語を数学や国語などと同じように「教科」として学んでいるだけでは「知識」は増えますが、使えるように(話せるように)はならないのです。

ただ、大学受験レベルの知識があると、中学レベルの英語もラクラク復習できるため、英会話の学習を一からやり直す場合でも比較的スムーズに進めていくことができます。ここが大学受験経験者のアドバンテージです。

私自身、大学受験を経験していますが、そこで得られた知識は英会話でも役立っています。中学英語を復習する際も確認程度で済みましたので、それだけでも大きなショートカットになったと思っています。

大学受験についてはこれまでいろいろ批判されてきましたが、大事なのはそこで学んだことをどのように英会話に活かすかだと思います。

せっかく大学受験で大変な勉強をされてきたのでしたら、そこで学習したことを無駄にすることなく、英会話につなげてみませんか?

 

スポンサーリンク

 

英会話のための学習が必要

大学受験の勉強で培われた英語の知識は英会話において無駄にならないというお話をしました。ただ、英会話ができるようになるためには、英会話のための学習が必要になります。

日常会話で必要になる英語は中学レベルですので、大学受験を経験した人であれば、知識としては十分です。しかし、実際に英語を話せるようになるためには話す練習が必要です。

しかも、ただ英語を話すのではなく、状況にマッチした英語表現を使って話す練習をしないといけません。ホテルならホテルで使われる表現を、飲食店なら飲食店で使われる表現を、使えるようにならないといけません。

例えば、あなたがスーパーやドラッグストアの店員だったとして、

「レジ袋をご利用ですか?」と言いたい時に、

「レジ」だからregi…かな?

「袋」は何て言うんだっけ?

などと考えていたら間に合いません。

Do you need a plastic bag?

という表現を知っていたら済むことです。

ということで、この表現を覚えた上で、何回も話す練習をします。

英会話では、英文を一から作り上げることよりも、表現を覚えておいてそのまま使うことのほうが多いです。そのままではなくても、少しアレンジをして使うなどです。

こういった練習をたくさんすることで、英会話はできるようになっていきます。英会話の学習は、表現を覚える→使ってみる、ということの繰り返しです。

大学受験を経験して英語の知識をたくさん身に付けてきたにもかかわらず、ほとんど英会話ができないのは、こうしたトレーニングを行っていないからです。

しかし、逆に言いますと、大学受験経験者は知識が豊富な分、ゼロから英語を始める人に比べて、上達も比較的早いのではないかと思います。

大学受験で扱われる英文と比べて、英会話で使われる英文は文法的にも構文的にも易しいものですが、そのレベルの英語が話せるようになるためには、話す練習が必要になるということだけは覚えておいてください。

タイトルとURLをコピーしました