スポンサーリンク

成人式を英語で説明しよう!開催日&服装はこの表現でOK

成人式で振袖姿の女性たち

成人式は1年の中で初詣の次に行われる一大イベントですので、きちんと英語で説明できるようになっておきたいものですね。

この記事では、成人式を英語で説明する上で役立つ表現、および、語句や言い換え表現などについてまとめました。

 

英文の中にも出てきますが、「成人式」と「成人の日」は次のように表現します。

【成人式】Coming-of-Age Ceremony

【成人の日】Coming-of-Age Day

 

では、順に見ていきましょう!


In Japan, people are considered adults at 20 years old.
(日本では、20歳になると成人とみなされます。)


consider は「~と見なす(考える)」という意味で、considered to be adults とすることもできます。

「20歳になると」の部分は次のように表現することも可能です。

・at 20

・at the age of 20

・when they reach 20 years of age

・when they reach the age of 20

・when they turn 20

・when they turn 20 years of age

 

また、成人の年齢は2022年に、20歳から18歳に引き下げられますので、これを説明してもよいですね。

The age of adulthood will be lowered from 20 to 18 in 2022.
(2022年に成人年齢が20歳から18歳に引き下げられます。)

こんな感じです。

lower はここでは「~を下げる」という意味の動詞として使われています。

 

 


When people turn 20, they are allowed to drink and smoke.
(20歳になると飲酒や喫煙ができるようになります。)


allow 人 to ~ で「人が~するのを許す」という意味で、この文では受動態になっています。

また、to のあとには動詞の原型を置くことに注意が必要です。

 

 


A Coming-of-Age Ceremony is an event to celebrate people who have become adults.
(成人式は、成人になった人たちを祝うための行事です。)


celebrate は「~を祝う」という意味です。

この文では関係代名詞(who)が使われていて、その関係代名詞節の中では現在完了形(have become)が使われています。

現在完了形は完了、結果、経験、継続などを表しますが、ここでは「完了」に該当します。

ここを過去形である became にすると過去を表してしまいますので不適切です。「大人になった」ことを過去のこととして伝えたいわけではないからです。日本語で考えると間違えやすいので、注意が必要ですね。

 

スポンサーリンク

 


Coming-of-Age Ceremonies are held on the second Monday of January.
(成人式は1月の第2月曜日に行われます。)


hold は「(儀式などを)開催する」という意味です。ここでは「成人式」が主語になっていますので受動態になります。

「1月の第2月曜日」を the second Monday of January としていますが、次のように of を in に置き換えることもできます。

Coming-of-Age Day is the second Monday in January.
(成人の日は1月の第2月曜日です。)

 

 


Some people can’t attend Coming-of-Age Ceremonies for various reasons.
(さまざまな理由で成人式に出席できない人もいます。)


attend は「~に出席(参加)する」という意味です。

for various reasons で「さまざまな理由で」という意味ですが、この部分に具体的な理由を持ってくることもできます。

例えば、

for entrance exams「受験のため」

for their jobs「仕事のため」

などの句のほか、because などの接続詞を使った節を置いてもいいですね。

 

 


In some regions, Coming-of-Age Ceremonies are held on other dates than Coming-of-Age Day.
(地域によっては、成人式を成人の日以外の日に行われるところもあります。)


other ○○ than △△ で「△△以外の○○」という意味ですが、○○ other than △△ でも同じ意味になります。

この文のあとに、以下のような「理由」を付け加えるのもよいと思います。

… to make it easier for young people to attend
(若者が出席しやすいように)

 

 


Generally, women wear furisode and men wear suits or hakama on Coming-of-Age Ceremonies.
(一般的に、成人式には、女性は振り袖、男性はスーツまたは袴を着ます。)


generally は「一般的に」という意味です。

「振袖」などの着物についてはこちらの記事でいろんな表現を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

 

 


At Coming-of-Age Ceremonies, some people act up and get arrested.
(成人式では、暴れて逮捕される人もいます。)


act up は「暴れる、わがままにふるまう」という意味です。

arrest は「~を逮捕する」という意味で、get arrested で「逮捕される」です。

「暴れて逮捕される」は次のように言い換えることもできます。

get arrested for acting up

 

 

 

以上ですが、いかがでしたでしょうか?

成人年齢は国によって異なりますし、新成人を祝う大規模なイベントは日本ならではのようです。このあたりの基本的なことが説明できればよいのかなと思います。

今回ご紹介した表現をぜひ参考にしてください!

タイトルとURLをコピーしました