スポンサーリンク

服装を英語で伝えよう!身に着けるものに使える表現を抑える

服装を英語で伝える

服装を伝える英語表現を覚えておきましょう。よく使われる表現は決まっていますので、最低限それらの使い方は覚えておくことです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「着ている」ことを伝える表現

「着ている状態」を伝える表現

「~を着ている」は

I wear ~.

で表現することができます。

 

例えば、

I wear a suit and tie on weekdays.
(私は平日はスーツとネクタイを着ています。)

 

I wear a T-shirt and jeans on the weekend.
(私は週末はTシャツとジーンズを着ています。)

 

I always wear a skirt.
(私はいつもスカートをはいています。)

 

上記の英文ではどれも wear が現在形で使われていますが、<be動詞+ing形>の進行形で使うこともできます。

 

例えば、

I am wearing a T-shirt and jeans.
(私は(今)Tシャツとジーンズを着ています。)

 

I am wearing a suit and tie.
(私は(今)スーツとネクタイを着ています。)

 

これらの例文からもわかるように、

wear → 習慣的に着ていることを表す

be動詞+wearing → その瞬間に着ている状態を表す

という違いがあります。

 

そのため、現在形の wear を使うときには

on the weekend(週末は)

on weekdays(平日は)

always(いつも)

といった副詞表現が伴うことが多いです。

 

ちなみに、wear は服だけでなく、身に着けているものであれば、使うことができます。

(例)

glasses(眼鏡)

a hat(帽子)

a mask(マスク)

shoes(靴)※通常は両足に履くので複数形

gloves(手袋)※通常は両手にするので複数形

earrings(イヤリング)※通常は両耳にするので複数形

a ring(指輪)

a necklace(ネックレス)

a ribbon(リボン)

a perfume(香水)

makeup(化粧)

a beard(あごひげ)

 

どれも使い方は同じで wear または wearing の後に置くだけです。

 

 

「~を着てどこかに行く」を伝える表現

「~を着てどこかに行く」は

I wear ~ to 場所.

で表現することができます。

 

例えば、

I wear a suit and tie to work every day.
(私は毎日、スーツとネクタイを着て仕事に行きます。)

 

I’ll wear a dress to the party.
(私はドレスを着てパーティーに行くつもりです。)

 

I’ll wear black to a funeral.
(私は喪服を着て葬式に行くつもりです。)

ここでの black は「黒い服」つまり「喪服」という意味です。

 

スポンサーリンク

 

「着る動作」を伝える表現

wear が着ている「状態」を表すのに対し、put on は着る「動作」を表します。

 

例えば、

Don’t forget to put on a mask when you go out.
(外出する際は、マスクを着けるのを忘れないように。)

 

It’s not easy to put on a kimono.
(着物を着るのは簡単ではありません。)

 

このように、

マスクを着ける

着物を着る

という「動作」を表すことになります。

 

もちろん、<be動詞+ing形>の進行形でも使います。

I’m putting on my shoes.
(私は(今)靴を履いているところです。)

 

I’m putting on my makeup.
(私は(今)化粧をしているところです。)

 

いずれも、その「動作」が進行中であることを表しています。

 

また、「試着する」という動作は

try on

で表すことができます。

 

例えば、

Can I try on this skirt?
(このスカートを試着してもよいですか?)

 

I tried on the shoes, but they were not my size.
(その靴を履いてみましたが、サイズが合いませんでした。)

 

 

「脱ぐ(外す)」ことを伝える表現

「脱ぐ(外す)」を伝える表現

身に着けているものを脱ぐ(外す)ときは

take off

が広く使われます。

 

例えば、

As soon as I entered the room, I took off my jacket.
(その部屋に入るとすぐに、ジャケットを脱ぎました。)

 

Please take off your shoes at the entrance.
(玄関で靴を脱いでください。)

 

I take off my glasses when I take a bath.
(私はお風呂に入るときに眼鏡を外します。)

 

 

take off の他に remove も使うことができます。

 

例えば、

I can’t see the words when I remove my glasses.
(私は眼鏡を外すとその文字が見えません。)

 

I removed gardening gloves as I finished watering the plants.
(植物に水をやり終えたので、園芸用手袋を外しました。)

 

 

「着替える」を伝える表現

「着替える」は

change clothes

で表すことができます。

clothes は「衣類全般」を表す不可算名詞です。

 

I always change clothes as soon as I get home.
(私はいつも、家に帰るとすぐに着替えます。)

 

 

具体的に「~に着替える」と言いたいのであれば

change into

で表すことができます。

 

例えば、

I’ll change into a dress before going to the party.
(パーティーに行く前にドレスに着替えます。)

 

 

「〇から△に着替える」と言いたいのであれば

change out of 〇 into △

で表すことができます。

 

例えば、

I changed out of a T-shirt and jeans into my uniform.
(私はTシャツとジーンズからユニフォームに着替えました。)

 

 

服装にまつわるその他の表現

「着ている状態」を前置詞の in で表すことができます。

<in+着るもの>で「その服を着ている状態」を表すことになります。

 

例えば、

I sleep in pajamas.
(私はパジャマを着て寝ます。)

 

I feel warm in this cashmere coat.
(このカシミヤのコートを着ていると温かいです。)

 

 

<in+色>で「その色の服を着た」という意味になります。

 

例えば、

I attended the funeral in black.
(私は黒い服(喪服)を着て葬式に出席しました。)

 

Do you know the woman in red.
(赤い服を着たその女性を知っていますか?)

 

 

dress を動詞として使って服装を表現することができます。

<dress+副詞>で「~な服装をする」という意味になります。

 

例えば、

I dress formally[casually] for work.
(私は、仕事では、フォーマルな[カジュアルな]服装をしています。)

 

You should dress appropriately for an interview.
(面接にふさわしい服装をするべきです。)

 

 

前置詞の with でも服装を表現することができます。

with ~ on で「~を身に着けて」という意味になります。

 

例えば、

He entered the room with his shoes on.
(彼は靴を履いたまま部屋に入りました。)

 

She was sitting on the bench with a hat on.
(彼女は帽子をかぶってベンチに座っていました。)

 

 

以上です。ぜひ参考にしてください!

タイトルとURLをコピーしました