スポンサーリンク

体形を英語で伝えよう!細い、太い、中肉中背の表現を抑える

体形を英語で伝える

体形を伝える表現を覚えておきましょう。痩せている、太っている、どちらでもない(中肉中背)など、体形にまつわる英語での表現をまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

痩せていることを伝える表現

痩せていることを伝える場合、slim(細い)という形容詞が使えます。

I consider myself slim.
(私は自分は痩せている(細い)と思います。)

consider ○ △ で「○を△と見なす」という意味になります。

slim → slender に置き換え可能です。

 

自分が痩せていることを伝える場合、

I am slim.

と断定的に言うのは不自然です。

自分で自分のことを「私は痩せています」とは、普通は言いませんよね。

consider を使うことによって、少し客観的な視点で伝えることができます。

日本訳ではわかりにくいですが、この2つは同じではありません。

 

また、thin や skinny も候補になりそうですが、これらには「痩せこけた」というネガティブなニュアンスがありますので、使うときには注意が必要です。

 

 

太っていることを伝える表現

太っていることを伝える場合、表現には少し注意が必要です。

I am kind of fat.
(私は太り気味です。)

fat は「太った」という意味ですが、ダイレクトな言い方になりますので、自分自身に対して使うと自虐的なニュアンスになります。そこで、表現を和らげるために kind of(ちょっと)を使っています。

 

他にも、「太り気味」を表す表現として

on the ~ side「どちらかと言うと~」

を使うことができます。

 

I am on the fat side.
(私は、どちらかと言うと、太っています。)

 

fat 以外にも、以下のような形容詞が使えます。

plump「丸々とした、肉づきのよい」

chubby「(子供や赤ん坊が)まるまると太った」

chunky「ずんぐりした」

 

obese は「太り過ぎの」という意味ですが、健康上問題があるというニュアンスがあります。そのため、単に体形について言う場合は、obese は使いません。

I am obese, so I need to pay attention to my diet.
(私は肥満ですので、食事に気を付ける必要があります。)

pay attention to one’s diet で「食事に気を付ける」という意味になります。ここでの diet は「食事」という意味です。

 

ちなみに、「肥満」を日本語では「メタボ」と言ったりしますが、これは「メタボリック症候群」の略で、内臓脂肪がたまって生活習慣病のリスクがある状態を指します。「太っている」ことを表す言葉ではありません。

 

上記の obese の他、overweight(太り過ぎの)にも、この「メタボ」というニュアンスがあります。

 

スポンサーリンク

 

中肉中背を伝える表現

痩せてもいないし、太ってもいない、つまり、中肉中背であることを伝える表現です。

I’m of medium build.
(私は中肉中背です。)

medium は「(大きさなどが)中間の」という意味です。build はここでは「体格、体形」という意味で使われています。

of を付けることによって形容詞の働きを持たせることができます。このまま覚えておきましょう。

 

ほぼ同じ意味を表すものとして、以下の表現が可能です。

I’m of average height and weight.
(私は平均的な身長と体重です。)

height は「身長」、weight は「体重」です。

 

もっと平たく伝えることもできます。

I’m neither slim nor fat.
(私は、痩せてもないですし、太ってもないです。)

neither 〇 nor △ で「〇でも△でもない」という意味です。

 

 

体形維持を伝える表現

「体形を維持する」ことを表す表現としてよく使われるのが

stay in shape

です。

 

次のような使い方をします。

I go to the gym to stay in shape.
(体形を維持するために、ジムに通っています。)

I exercise regularly to stay in good shape.
(体形を維持するために、定期的に運動しています。)

2つ目の英文のように good を入れることもあります。

 

ちなみに、stay in shape は「健康を維持する」という意味でも使えますので、覚えておくと便利です。

 

そして、反対の意味を表す表現は

out of shape

です。

「体形が崩れて」、「体調が悪く」という意味になります。

 

次のような使い方をします。

I’m out of shape due to lack of exercise.
(運動不足のせいで、体形が崩れています。)

due to ~ で「~が原因で」、lack of ~ で「~の不足」という意味です。

 

他にも

stay slim

という表現が使えます。

これは文字通り、「細身を維持する」という意味です。

 

I eat moderately to stay slim.
(細身を維持するために、食べ過ぎないようにしています。)

moderately は「適度に、ほどほどに」という意味です。

 

 

体形にまつわるその他の表現

ここでは、体形にまつわる様々な表現をご紹介します。

I used to be slim.
(私は以前は太っていました。)

過去のことを表しますので、fat を使ってもそれほど自虐的ではありません。

 

used to … は「以前は…だった」ということで、「今はそうではない」ことを意味します。つまり、上記の英文ですと「今はもう太っていない」ことを表します。

 

ここで、単純過去形である was を使って

I was fat.

とすると、「以前は太っていた」ことを伝えることにはなりますが、「今でも太っている」可能性が残ります。

つまり、

I was fat and is still fat now.
(私は(以前は)太っていましたし、今でも太っています。)

という文が可能になります。

(×)I used to be fat and is still fat now.

とは言わないわけです。注意が必要ですね。

 

上記の英文の中の fat → slim に置き換えることで、「以前は痩せていた」ことを伝えることができます。

 

 

I want to be slim[slender] like you.
(あなたのように細くなりたいです。)

言うまでもないことですが、細身の人に対して使う表現です。

 

 

I have short legs.
(私は脚が短いです。)

leg は「脚」ですが、ここでは両足についてのことですので、複数形にします。

 

 

I have no curves.
(私の体はずんどうです。)

直訳すると「カーブがない」ですが、要するに「くびれがない」ことを表します。

 

 

I wish I were slimmer.
(もっと細かったらなあ。)

基本的な仮定法を使った表現です。slimmer は slim の比較級です。

 

 

以上です。ぜひ参考にしてください!

タイトルとURLをコピーしました