スポンサーリンク

浅草を英語で説明しよう!日本を代表する観光名所をガイド

浅草寺の雷門

日本を代表する観光地の一つである「浅草」を英語で説明するための表現をまとめました。雷門、仲見世通り、浅草寺といった定番スポットについてはしっかり紹介できるようになっておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

浅草を紹介するための英語表現

浅草を英語で説明するための基本表現です。

雷門

Kaminari-mon gate is a landmark(symbol) of Asakusa.
(雷門は浅草のランドマーク(シンボル)です。)

It serves as the entrance to Sensoji Temple.
(浅草寺の入り口になります。)

It is famous for its huge red lantern.
(巨大な赤提灯で有名です。)

The lantern weighs about 700kg.
(その提灯は約700kgあります。)

The official name is “Furaijin-mon” and it is witten on the back of the lantern.
(正式名称は「風雷神門」で、提灯の裏側に書かれています。)

Two statues, Fujin and Raijin, stand on the sides of the gate.
(風神と雷神という2つの像が門の両側に立っています。)

The lantern was donated by Matsushita Electric Industrial Co., Ltd.
(その提灯は松下電器産業から寄贈されました。)

※松下電器産業は「Matsushita Electric Industrial Company」でもOKです。口頭で伝える場合はこちらで十分です。

That’s because the founder Konosuke Matsushita recovered from his illness after praying there.
(創業者である松下幸之助がそこで祈願して病気が治ったからです。)

The company’s current name is “Panasonic Corporation”.
(その会社の現在の名称は「パナソニック」です。)

You can see some rickshaws around Kaminari-mon gate.
(雷門の周辺では人力車を見ることができます。)

 

仲見世通り

Nakamise-dori is a shopping street.
(仲見世は商店街です。)

It leads to Senso-ji Temple.
(浅草寺に続いています。)

It is about 250m long.
(約250mあります。)

A lot of souvenir shops stand on both sides of the street.
(通りの両側にたくさんの土産店があります。)

There are 89 shops in all.
(全部で89店舗あります。)

They sell various kinds of souvenirs.
(様々な土産物を販売しています。)

You can buy Japanese sweets, craft products, ornaments, and so on.
(和菓子、工芸品、装飾品などを買うことができます。)

 

浅草寺

Sensoji Temple is one of the most popular tourist attractions in Japan.
(浅草寺は日本で最も人気のある観光名所の一つです。)

Sensoji Temple is the oldest temple in Tokyo.
(浅草寺は東京で最も古いお寺です。)

A lot of people visit the temple during the New Year’s holiday.
(お正月にはたくさんの人が参拝します。)

Over thirty million people visit every year.
(毎年3,000万人以上が訪れます。)

It takes about 20 minutes to walk to Tokyo Skytree.
(東京スカイツリーまで歩いて20分ほどです。)

There are some historical buildings such as the five-story pagoda and the Hozo-mon Gate(Treasure-House Gate) inside the temple grounds.
(境内には五重塔や宝蔵門など歴史的建造物があります。)

 

その他

You can experience traditional Japan in Asakusa.
(浅草では伝統的な日本を体験することができます。)

It feels like you are back in the Edo period.
(江戸時代に戻ったような気分になれます。)

 

スポンサーリンク

 

浅草を英語で伝えるためのコツ

浅草を紹介するための英語表現をより伝えやすい形にする工夫をしてみましょう。

まず、

Two statues, Fujin and Raijin, stand on the sides of the gate.(風神と雷神という2つの像が門の両側に立っています。)

という文ですが、これを

Two statues stand at the gate.(門のところに2つの像が立っています。)
They are Fujin and Raijin.(それらは風神と雷神です。)

と2つの文に分けて表現することもできます。

この場合、「両側に」という部分を正確に表現することはできませんが、最低限の情報は伝えることができます。完全に中学レベルの構文ですね。

 

次に、

It takes about 20 minutes to walk to Tokyo Skytree.(東京スカイツリーまで歩いて20分ほどです。)

という文ですが、これを

Tokyo Skytree is near here.(東京スカイツリーはこの近くです。)
You can walk there.(歩いて行けます。)
It takes about 20 minutes.(20分くらいです。)

というふうに、短い文に分けて伝える方法もあります。

ちなみに、上記の3つの文の下の2つは

It takes about 20 minutes on foot.(歩いて20分くらいです。)

とまとめることもできます。

 

そして、

That’s because the founder Konosuke Matsushita recovered from his illness after praying there.(創業者である松下幸之助がそこで祈願して病気が治ったからです。)

という文。

ちょっと複雑なので一気に言うのは難しそうですよね。

そこで分けてみましょう。

伝えたいことは

・創業者は松下幸之助
・彼は病気だった
・浅草寺を参拝した
・病気が治った

です。

これらの情報を伝えることができればよいわけですから、

The founder of the company is Konosuke Matsushita.(その会社の創業者は松下幸之助です。)
He was ill.(彼は病気でした。)
He visited the temple.(彼は浅草寺を参拝しました。)
Then, he got well.(すると、病気が治りました。)
And he donated the lantern. (そして、彼は提灯を寄贈しました。)

これらをそのまま話すとちょっとぶっきらぼうな感じもしますが、言いたいことは伝わるはずです。

 

とにかく、長い文は短くするのがポイントです。構文が変わることでニュアンスは多少変わってきますが、情報を確実に伝えることができます。

他の文についても、いろいろ工夫してみてください!

タイトルとURLをコピーしました