スポンサーリンク

100円ショップを英語で説明しよう!この表現で的確に紹介

カラフルな食器

私たち庶民にとって欠かせない小売店の一つが「100円ショップ」。よく利用するからこそ外国人に対して英語でうまく説明できるといいですね。

ということで、100円ショップを英語で説明する上で覚えておきたい表現をまとめました。語句の意味や言い換え表現などもあわせて載せていますので、ぜひ参考にしてください。

では、順に見ていきましょう!


100-yen shops are shops where all the items are 100 yen.
(100円ショップはすべての商品が100円のお店です。)


関係副詞(where)が使われていますが、この部分は<前置詞+関係代名詞>である in which で置き換えることもできます。

商品は items のほかにも products や goods でも表すことができますし、all the items are を everything is に置き換えることもできます。

また、後半はいろんな表現が可能です。

where you can buy all the items for 100 yen
(すべての商品を100円で買うことができる)

where all the items are priced at 100 yen
(すべての商品が100円に設定されている)

where all the items are sold at 100 yen
(すべての商品が100円で販売されている)

といった表現に、上記であげた語句で置き換える、といった具合です。

ただ、100円ショップには100円以外の商品も販売されています。そこで次の文です。

 

 


100-yen shops sell goods whose prices are other than 100 yen too.
(100円ショップは100円以外の商品も販売しています。)


この文では 関係代名詞の所有格(whose)が使われています。

other than ~ で「~以外の」という意味です。

「100円以外の」というのが難しいのであれば、

100-yen shops sell 200-yen or 300-yen goods too.
(100円ショップは200円や300円の商品も販売しています。)

としてもよいですね。

あるいは、sell を使わず

You can find 200-yen or 300-yen goods at 100-yen shops too.

とすることもできます。

 

 


We often call 100-yen shops “hyakkin”.
(私たちはしばしば100円ショップのことを「百均」と呼びます。)


call ○ △ で「○を△と呼ぶ」という意味です。

この文は次のように表現することもできます。

We often refer to 100-yen shops as “hyakkin”.

あるいは、100-yen shops を主語にして

100-yen shops are often referred to as “hyakkin”.

と受動態にしてもOKです。

refer to ○ as △ で「○を△と呼ぶ」という意味になります。

 

 


At a 100-yen shop, you tend to buy a lot of items because they are cheap.
(100円ショップでは安いからたくさん買ってしまいがちです。)


tend to … で「…しがちである」という意味です。

この文に続けて

And you end up wasting your money.
(そして、結局、無駄遣いしてしまいます。)

と付け加えてもいいですね。

end up ~ で「結局~になる」という意味で、~の部分に動詞を置く場合は必ず<ing形>にします。waste は「~を無駄にする」という意味です。

 

 


The goods that 100-yen shops have range from stationery to gardening items.
(100円ショップが扱う商品は文房具からガーデニング用品まで多岐にわたります。)


range from ○ to △ で「○から△まで多岐にわたる」という意味です。

stationery は「文房具」ですが、不可算名詞ですので、単複同形です。

この文では

・品揃えが豊富なこと
・販売されている商品の一例

を同時に伝える方法をとっていますが、これらを一つの文で伝えるのではなく、分けて伝える方法もあります。

例えば、次のようにです。

100-yen shops have a broad range of everyday items.
(100円ショップは日用品を幅広く取りそろえています。)

They sell stationery, cosmetics, gardening items and so on.
(文房具、化粧品、ガーデニング用品などを売っています。)

and so on は「~など」という意味です。

 

スポンサーリンク

 


Some items of 100-yen shops are sold at lower prices at other stores.
(100円ショップの商品の中には、他のお店ではより安い価格で販売されているものもあります。)


この文のあとに次のような表現を付け加えてもよいですね。

You can’t necessarily buy cheaply at 100-yen shops.
(100円ショップでは必ずしも安く買えるわけではありません。)

not necessarily で「必ずしも~ない」という意味です。

 

 


As with drugstores, 100-yen shops are popular with tourists from Asian countries.
(ドラッグストア同様、100円ショップはアジアからの観光客に人気です。)


as with ~ は「~と同様に」、popular with ~ は「~に人気がある」という意味です。

次のように分けて伝える方法もあります。

100-yen shops are popular with tourists from Asian countries.
(100円ショップはアジアからの観光客に人気です。)

The same applies to drugstores.
(ドラッグストアにも同じことが言えます。)

the same applies to ~ で「~にも同じことが言える」という意味です。~の部分だけ入れ替えればよいので、この表現は覚えておくと便利です。

 

 


100-yen shops offer various convenient goods that are helpful in our daily lives.
(100円ショップは私たちの生活に役立つ様々な便利グッズを提供しています。)


語句の意味は次のとおり。

offer「~を提供する」

various「様々な」

convenient「便利な」

helpful「役立つ」

関係代名詞(that)を使った基本に忠実な文ですが、できればこのあとに具体的な商品をあげるとよいと思います。

例えば、

Storage items are one of the hot-selling products.
(収容用品は売れ筋商品の一つです。)

みたいな感じで。

hot-selling product は「売れ筋商品」です。

 

 


Some dishes of 100-yen shops have irregular shapes.
(100円ショップで販売されているお皿の中には、形がいびつなものもあります。)


irregular は「むらのある」、shape は「形」という意味です。

 

 


100-yen shops are convenient because you can buy various products in one shop.
(様々な商品を一つのお店で買うことができるので、100円ショップは便利です。)


語句、構文ともに、特に難しいところはないと思います。

 

 


The products are all subject to consumption tax.
(商品はすべて消費税がかかります。)


be subject to ~ で「~(規則など)の影響下にある」という意味です。

consumption tax は「消費税」ですが、消費税は sales tax ともいいます。

価格が税抜きであることを伝えたい場合は

All the prices don’t include consumption tax.
(すべての価格は消費税が含まれていません。)

ということができます。

 

 

以上ですが、いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介した英文の中には外でも使い回せる表現がいくつかありました。

例えば、以下のような表現です。

end up wasting your money「結局、無駄遣いしてしまう」

the same applies to ~「~にも同じことが言える」

hot-selling product「売れ筋商品」

be subject to consumption tax「消費税がかかる」

いずれも覚えておくと便利な表現です。ぜひいろんな場面で使ってみてください!

タイトルとURLをコピーしました